山と道ってどんなブランド?定番おすすめアイテム10選【古着屋視点で紹介します】

山と道

こんにちは。ブランド古着買取専門店KLDです。

小規模ながら実用的でリアルな、センスのいいアウトドア用品を展開するブランド、山と道。

「気になるけどどんなブランドなの?」
「定番モデルがあるなら知りたい!」という方も多いのではないでしょうか。

今回は、ブランド古着店として様々なアウトドアブランドを見てきた私たちが、

  • 山と道ってどんなブランドなの?
  • 山と道のおすすめ定番モデルにはどんなものがあるのか
  • 山と道の中古市場での評価

を解説していきます。

山と道とは

山と道
引用元 yamatomichi.com

「山と道」はハイキング文化にスポットを当てた国産のアウトドアブランドです。

ブランドの発祥は既存のアウトドアブランドに疑問を抱いていた「山と道」の創立メンバーである夏目夫妻が、自分たちのための道具作りを始めたことに端を発します。

同ブランドの代表作である「ONE」、「UL PAD 15」などのバックパックは大手アウトドアブランドに先駆ける形で発表された商品であり、現在も衰えることを知らないウルトラライトブームの立役者と言っても過言はないでしょう。

また現在はネット通販もできるようになったようですが、ブランド黎明期には完全受注ないし、鎌倉と京都の店舗に出向かないと買えないという販売形態であったり、パーツごとに素材、カラーリングなどの使用をカスタムオーダーできるなどマーケティングの面でも革新的なモデルを提案したブランドと言えるでしょう。

その他、ガレージブランドブームや環境問題への取り組みなど他にも触れたい話はありますが、今回は同ブランドの人気アイテムをまずはご紹介します。

山と道の名作定番モデル10選

それでは、ここからはそんな山と道の定番モデルをご紹介していきます。

私たち古着屋の視点から見た「流行に流されず長く使える、もし売る事になっても高く売れる」名作モデルばかりですので、ぜひご参考にされてみてください!

「ONE」バックパック

ONE
引用元 yamatomichi.com

冒頭部でも書いた「山と道」の原点にして最初のバックパックです。

販売はカスタムオーダーのみになり、年間でも数回しか受注していません。

カラーや仕様、拡張性についてはカスタムできるのであえて深く書きませんが、いわゆるアウトドアブランドのバックパックにあるような派手なカラーチャートではなくどちらかというと落ち着いた感じで、拡張性についても好みに応じて非常に細かく丁寧に選ぶことができそうです。

スペック的には50L~55Lと大型のバックパックになり、用途としては宿泊を伴うハイキング用と言ったところですね。

重さも約600g~800g程度と他ブランドの同程度の容量のものと比べても軽いです。

テントや寝袋を持って宿泊を伴う山行に出向く際はできるだけ荷物を軽くしてミニマルにいきたいものです。

「MINI」バックパック

MINI
引用元 yamatomichi.com

「山と道」のバックパックの中でも比較的見かけることの多いモデルが2作目になる「MINI」です。

容量も25L~32L、重さも約400gと使い勝手もよく、ワンデイハイクやちょっとしたサイクリングやお散歩など、登山以外のアウトドアアクティビティの際にも使い回しできそうです。

雨蓋がないデザインになっているのが今っぽいですね。

4色のカラー展開でこれらについてはネット通販もできるようです。

一方で、「ONE」のようにカスタムオーダーすることもでき、自分だけのオリジナルにこだわって作ってみるのもオススメです。

当たり前ですが山と道のバックパックは山歩きに特化したデザインになっている中で、一番山以外のシーンでも使えそうなモデルではないでしょうか。

「MINI2」バックパック

MINI2
引用元 yamatomichi.com

MINIをよりウルトラライトハイキングや、ファストパッキングに特化したモデルです。

フロントにいわゆる元祖ウルトラライト系のバックパックのアイコンでもあった大型のメッシュポケットが備わっているのが印象的ですね。

ハイキングユースということを考えればこちらには、キャップやハット、脱ぎ着する衣類やドリンクなどの格納がメインになるでしょう。

どちらかといえば山と道は長期にわたる山行にフィーチャーされている感がありましたが、こちらのモデルならば、近年ブームのトレイルランなどにも良いかもしれません。

ちなみにこのバックパックを背負っている方を都会のど真ん中で見かけたことがありますが、製作サイドの意図には反するかもしれませんが、意外と様になっていました。

「THREE」バックパック

THREE
引用元 yamatomichi.com

「山と道」の3作目のバックパックで容量は40L、45Lと中型のモデルになります。

重量は約600g~650gで、フロントポケットをメッシュ、ジップ、ドローコードの3つから選ぶことができます。

容量的には春夏秋シーズンの1~2泊か、ウィンターシーズンの山行用と言ったところでしょうか。

雨蓋を廃したメインコンパートメント上部の開口部が、猫の耳のようにとがっているのが印象的ですね。

軽量化のためにフレームが除かれているのにも関わらず、肩と腰で荷重を分散できる設計になっているそうです。

サイドのメッシュポケットも大きく500mlのペットボトルが2本同時に収納できるのもポイントですね。

荷物がどうしても多くなるスノーハイクなどにもぜひ持っていきたいバックパックです。

「Yamatomichi sacoche」アクセサリー

Yamatomichi sacoche
引用元 yamatomichi.com

今や若者を中心に一般化したサコッシュですが、もちろん「山と道」にもあります。

重さがたった75gしかないのも驚きますが、もともとサコッシュなのでそこはさておいても、毎シーズン異なるカラーバリエーションの豊富さとその配色センスの良さは他のブランドと比べても抜きん出ているのではないでしょうか。

素材もハードとソフトの2種類のX-Pac素材とカラフルなFibermax64から選ぶことができ、アウトドアユースのみならずフェスや、普段のお出かけ用としてもオススメできそうです。

上記のバックパックと併せて携行するのはもちろん、もし小さめのモデルを買ってしまって、もう少し容量が欲しいと言った際の追加コンパートメントとしても良さそうです。

サコッシュに関してこちらで他ブランドのものもご覧いただけます

【フェス・旅行に】“ベタじゃない”サコッシュが欲しい方のためのおすすめ10選【近所のお出かけにも】

こんにちは。ブランド古着のKLDです! 夏真っ盛りということで、日々とって...

【フェス・旅行に】“ベタじゃない”サコッシュが欲しい方のためのおすすめ10選【近所のお出かけにも】

「UL All-weather Hoody」ジャケット

UL All-weather Hoody
引用元 yamatomichi.com

「山と道」といえばバックパックに注目が集まるところですが、ウェア類も実に個性的で魅力的です。

今までハードシェルのアウターといえばゴアテックスを代表に防水、透湿性にフォーカスしたものが多かった印象で、それ故かやはり着心地は硬めで重めと言った印象でしたが、こちらのジャケットは106gと驚くべき軽さで、雨天以外の晴天時さらにはハイクアップやランニングなどの通気性が求められる場面にも使える設計になっているようです。

各性能の実証についてはオフィシャルで「暮らしの〇〇」さながらに検証されています。

雨の侵入が危惧される縫い目を極力排したパターニング、ジップレスなデザインも印象的ですね。

「Alpha Anorak」ジャケット

Alpha Anorak
引用元 yamatomichi.com

冬のメインアウターといえば、アウトドアに限らず日常生活の中でもフリースジャケットを外せない方も多いのではないと思います。

しかし、保温性や着心地といった優れた機能面の一方で、つきまとっていたのが野暮ったさではないでしょうか。

便利で暖かいのだけど、あのモコモコ感がちょっと…といった方は私だけではないと思っています。

その点、このジャケットの魅力はスマートなシンプルさにあります。

例えば街から山へ行く際、できれば違和感なく行って帰ってきたいといった場合にも、この見た目のシンプルさはなかなか他に類を見ないのではないでしょうか。

「山と道」の独自の表面加工によって、機能性を損なうことなくスタイリッシュな雰囲気を実現しています。

フロントはフルジップではなく、プルオーバー。

それでいて着脱がしやすいようにフルオープンになるサイドのベンチレーションなど工夫がつまったジャケットです。

「5-Pocket Shorts」パンツ

5-Pocket Shorts
引用元 yamatomichi.com

「山と道」の山だけじゃないショーツです。

まず目を引くのはバックポケットとフロントポケットの間に加えられている追加のポケットですね。
スマホや地図などを収納にも良さそうです。

以前別の記事でご紹介したササフラスのフォールリーフパンツなどとも類似したアプローチではないでしょうか。

ササフラスってどんなブランド?コンセプトや人気アイテムを古着屋が徹底解説!

こんにちは。ブランド古着買取専門店KLDです。 数ある国産ワーク系ブランド...

ササフラスってどんなブランド?コンセプトや人気アイテムを古着屋が徹底解説!

またフロントの右からファーストポケット、サイドのセカンドポケットと続き全部で5つのポケットにそれぞれ違った用途を想定し、容量やライナー、フラップの有無など徹底して設計されている点も、経験に基づいて最適案を導き出した「山と道イズム」が発揮された機能性に特化したショーツと言えるのではないでしょうか。

「5-Pocket Pants」パンツ

5-Pocket Pants
引用元 yamatomichi.com

5poket shortsの基本理念をベースにショーツでは肌寒いシーズン用に作られた登山用ロングパンツです。

ノンストレッチ素材ながらも、いせ縫いと呼ばれる立体的な縫製によって伸縮性を損なわないように設計されています。

可動性を担保するために一般的なトレッキングパンツにはストレッチ素材が用いられることが多いですが、そこに違和感を持たれる方にはオススメできそうです。

また縫い合わせ部分のシワ(パッカリング)も既存のアウトドアウェアには見られない表情で新鮮ですね。

設計こそ登山を想定してデザインされていますが、登山に限らず冬季のアクティビティの際にも良さそうです。

「Merino 5-Pocket Pants」パンツ

Merino 5-Pocket Pantss
引用元 yamatomichi.com

5Pocket Pantsのメリノウール仕様です。

オフィシャルでも言及があるように5Pocket Pantsだけでは寒く、その下にタイツが必要になる厳冬期の登山時や、ノンアクティブの時にも、パンツ一枚で快適に過ごせるようにデザインされています。

素材となるメリノウールは、特にウィンターシーズンのアウトドアアイテムでは多用されており、下着やタイツ、靴下などでもおなじみですね。

その着心地や保温性、消臭性などは非常に優れており、登山用にと思って買ったものの、メインは普段使いになっているという事例もしばしば。

ウールなので使っているうちに特に擦れる部分に毛玉ができてしまいますが、こちらはそれを踏まえても経年変化を楽しめるようです。

山と道の二次流通市場での評価

意図的に規模を小さく、こだわった物づくりでとても評判の良いブランドである山と道ですが、中古市場での評価はどのようなものなのでしょうか?

KLDでの買取履歴や中古市場の相場を見たところ、非常に高く評価されていることがわかりました。

定番であるバックパック類などは、ほぼ定価と変わらないかそれ以上で取引されているものもあり、非常に人気が高いです。

カラーなどもすぐにネットから購入できる定番品以外のオーダーで作ったものなどはレアリティも高く、高値で取引されることが多いようです。

もちろんネットから購入できる定番カラーもとても人気で高値で取引されています。

ブランドの信条として「必要最低限のもので」というミニマルな思想があるブランドだけあって、定番モデルはマイナーチェンジはしているものの、長く同じモデルを洗練していっているという面があります。

こういったブランドの姿勢は中古市場でも強みを発揮する部分であり、アイテムを売却する際にも定番モデルは評価額が落ちにくいという傾向があります。

そしてタウンユースにも十分使えるアイテムが多いですが、やはり登山などで使用するという場合には、より「道具として」の購入をするユーザーが多くなる傾向があります。

そういったブランドの中古での取引の際は、使用にあたって問題になるような劣化などが無いかなどが重視され、それを満たしていれば間違いなく高値での売却が可能なブランドといえるでしょう。

関連記事

こちらの記事でもアウトドア関連のトピックをご覧いただけます。

アウトドアウェアのメンテナンス方法【お家で手軽にお手入れ】

こんにちは!ブランドリユース専門店 KLDです。 最近のアウトドアウェアは...

アウトドアウェアのメンテナンス方法【お家で手軽にお手入れ】

ACRONYMはいくらで売れる?定番人気アイテム4選や中古相場を古着屋が徹底解説!

こんにちは。ブランド古着買取専門店KLDです。 しっかりした機能性を備...

ACRONYMはいくらで売れる?定番人気アイテム4選や中古相場を古着屋が徹底解説!

ARC'TERYX VEILANCEとは?メインラインとの違いや人気ジャケット5選、中古相場を徹底解説!

こんにちは。ブランド古着買取専門店KLDです。 近年アウトドアと言うシーン...

ARC'TERYX VEILANCEとは?メインラインとの違いや人気ジャケット5選、中古相場を徹底解説!

【パタゴニアの環境保護活動】パタゴニアの原点を徹底解説!|patagonia

こんにちは! ブランド古着買取専門店のKLDです。 こちらの記事は、パタゴ...

【パタゴニアの環境保護活動】パタゴニアの原点を徹底解説!|patagonia

ブランド古着買取専門店KLDでは、山と道のお買取りを強化しています

ここまで読んで下さりありがとうございました。
KLDでは、山と道のお買取りを強化しております。

長く使えるのが魅力の山と道のアイテムですが、理由があって手放さなければならないタイミングなどはあるかと思います。
その際に、KLDのことを思い出していただければとても嬉しいです。

山と道のお買取りについてはこちらからもどうぞ。

どのシーズン、アイテムでも出来る限り強気のお値付けでお買取りしております。
また、汚れ、ダメージのあるものでも当店独自のリペア、クリーニングを施して販売するため、もちろんお買取りは可能です。

気になるお品物がある場合は、まずLINE査定などで査定額を知ることも可能です。お気軽にご相談ください。

無料査定についての詳細はこちらからご覧ください!

LINEを登録して簡単に無料査定をする

Recommend関連する記事

Purchased clothing results

関連する買取実績