【ヨウジヤマモト タグ判別】品番から判別するシーズン|人気アイテムと中古相場も紹介

ヨウジヤマモトこんにちは。ブランド古着買取専門店、KLD USED CLOTHINGです。

長い歴史の中で様々なブランドラインを展開し、幅広い年齢層に人気のブランド、ヨウジヤマモト。

レディース、メンズ、他ブランドとのコラボレーションライン…などイメージによって様々なラインを展開し、ここ最近では若年層への人気が再燃しています。

年式、ラインによって中古市場で特に評価されるものなどがあるのですが、ヨウジヤマモトの品番の付け方はやや独特で、内タグを見ただけではそれがいつ発売されたものなのかという判別が難しいかと思います。

この記事を読んでくださっている方の中には、

「ヨウジヤマモトって、シーズンがたくさんありすぎてわからない」

「自分の手元にある服の製造年や品番の意味が知りたい」

と思っている方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、ヨウジヤマモトのシーズン識別について、

  • タグに表示してある品番からわかる情報
  • 製造された時代からシーズンを特定する方法
  • 歴代のヨウジヤマモトの人気コレクション

などをご紹介していきたいと思います。

お手元のお洋服で簡単に確認ができますので、ぜひチェックしてみてください。

【はじめに】ヨウジヤマモトとは

デザイナー山本耀司の反骨心を表現し続けるブランド

まず、はじめに、ヨウジヤマモトというブランドとデザイナーの山本耀司について、少しだけ紹介をさせてください。

ヨウジヤマモトのデザイナー山本耀司は、1972年に株式会社ワイズを設立後、1977年東京コレクション、1981年パリコレクションにデビューしました。

当時タブー視されていた黒い衣装を展開し、コムデギャルソンと同様、「黒の衝撃」と称されました。

徹底的に独自の世界観を貫く姿勢は、若年層から大人まで様々な層に支持されています。

基本的にコレクションは、制作からスタイリング、キャスティング、出番表、ヘアメイクまでを山本耀司自ら監修する事で作り上げられています。

2020SSコレクションでは自ら歌って制作したBGMを使用するなどデザイナー自身のインパクトあるキャラクターも相まって、カリスマ的な人気を誇るブランドの一つとなっているのです。

特に昨今は若年層向けのブランドラインの拡充などに力を入れているブランドです。

ヨウジヤマモトのもっとも特徴的な素材:ウールギャバジン

このヨウジヤマモトというブランドを語る上で欠かせないのが、ウールギャバジンという素材です。

ウールギャバジンとは、高密度に織られたウール生地のことを指します。

もともと農作業などの服に使用されていたことからもわかるように、作業性に富んだ、丈夫な生地となっています。

ヨウジヤマモトの代名詞とも言えるような、ドレープ性の高さを表現できるのも、ウールギャバジンの特徴と言えるでしょう。

それだけでなく、服としての根本的な所、すなわち着心地や手触りも兼ね備えています。

そして、光沢があることにより上品な表情を見せ、長い間着用することによって、光沢感は増していきます。

そういった意味では、非常に育てがいのある生地だと言えるでしょう。

少し前の話になるのですが、80年代に東京の街中が、ヨウジヤマモトのウールギャバジン生地の服を着た「黒い人々」で埋めつくされたという時代もありました。

当時、これらの人たちを「カラス男」・「ギャバ男」と呼び、一種の社会現象が起きました。

また、このウールギャバジンの中でも、シワギャバという生地があります。

これは、通常より糸の仕上げ工程の段階にこだわることによって、織りあげられる生地に軽くシボやシワを施すことにより、ウール本来の良さを出した生地のことを指します。

このようにヨウジヤマモトを、素材の観点から着目してみたり、歴史の変遷などを調べることで、よりファッションが楽しくなるのも面白いものですよね。

ヨウジヤマモトの内タグからシーズンを推測する3ステップ

ここからは、ヨウジヤマモトの内タグからアイテム情報を判別する方法を紹介していきます。

ヨウジヤマモトの各ラインアイテムには上記のような内タグ(品質表示タグ)が付されており、

これに記載された品番からそのアイテムの製造年、モデル、デザイナー等の情報を判別することができます。

タグ

こちらの写真だと、YR-C80-002とありますね。

アルファベット2つ、アルファベットと数字2桁、そして数字3桁という構成です。

一番最初のアルファベットを①、二番目のアルファベットを②、三番目のアルファベット+数字2桁を③とすると、

  1. ブランド
  2. 製造年
  3. アイテム種別+モデル番号

を表しています。

例の写真だと、Yがブランド、Rが製造年、C80がアイテム種別とモデル番号です。

詳細は後述しますが、これを当てはめていくと、上記商品は[Y’sの2016AWモデル]と判別できます。

最後の数字3桁は生地を表していることがあり、例えば「100」であれば先ほど紹介したウールギャバジン生地となります。

この最後の数字3桁でデザイナーが判別できるとの情報もありますが、現状当店ではその詳細を判別できていません。

それでは、それぞれ順番に見ていきましょう。

Step1:ブランドを特定する

先ほどの内タグの①のアルファベットに対応するブランドを網羅した一覧を、以下の表に記載しました。

アルファベットが重複する部分もあるのですが、もしもわからなくなったら、内タグとは別のブランドタグを参考にしてみてください。

①ブランドブランド名
Yohji Yamamoto Femme (ヨウジヤマモト ファム)
HYohji Yamamoto Pour Homme (ヨウジヤマモト プール オム)
HBLACK Scandal Yohji Yamamoto (ブラックスキャンダル ヨウジヤマモト)
NB Yohji Yamamoto (ビーヨウジヤマモト)
NYohji Yamamoto +NOIR (ヨウジヤマモト プリュス ノアール)
GGround Y (グラインド ワイ)
NRAGNE KIKAS for Yohji Yamamoto (ラグネ キカス フォー ヨウジヤマモト)
Us’yte (サイト)
YY’s (ワイズ)
MY’s for Men (ワイズフォーメン)
YY’s Pink (ワイズ ピンク)
YMICHIKO by Y’s (ミチコ バイ ワイズ)
YKAYO NAKAMURA by Y’s (カヨ ナカムラ バイ ワイズ)
YRISMAT by Y’s (リスマット バイ ワイズ)
YY’s BANG ON! (ワイズ バングオン!)
YGipsy (ジプシー)
Ddiscord Yohji Yamamoto (ディスコード ヨウジヤマモト)
HGOTHIC YOHJI YAMAMOTO (ゴシック ヨウジヤマモト)
Y-3 (ワイスリー)

上記の一覧表によってある程度のブランドの判別が可能かと思います。

Step2:製造年を確認する

②のアルファベットが製造年を表していますが、このアルファベットには規則性がありません。

そのため、シーズンによりアルファベットの被りが生じていることもあります。

また、シーズン中に追加されたモデルなどは、別途アルファベットが充てられることがあるため、下記の表は、絶対的な情報ではありません。

このアルファベットは1992SSシーズンより採用されました。

そのため、品番が記載されていないモデルは1991AW以前のものと推測できます。

以下の表がアルファベットとそれに対応するシーズンを網羅した一覧です。

②製造年シーズン②製造年シーズン
Z1992SSS1992AW
01993SSP1993AW
T1994SSV1994AW
B1995SSE1995AW
F1996SSG1996AW
U1997SSI1997AW
J1998SSY1998AW
C1999SSN1999AW
B2000SST2000AW
X2001SSV2001AW
E2002SSM2002AW
Q2003SSU2003AW
H2004SSJ2004AW
S2005SSN2005AW
R2006SSB2006AW
T2007SSX2007AW
M2008SSE2008AW
V2009SSZ2009AW
J2010SSC2010AW
O2011SSP2011AW
B2012SSD2012AW
X2013SSQ2013AW
G2014SSF2014AW
U2015SSY2015AW
O2016SSR2016AW
D2017SSK2017AW
W2018SSV2018AW
I2018AW PREF2018AW
H2019SSZ2019SS
C2019AWN2020SS
B2020AW PreR2020AW

Step3:アイテム種別を確認する

③のアルファベットは、アイテム種別を表しています。

本記事に掲載した写真の例では、[S=スカート]と推測でき、他の例では、[J=ジャケット]、[T=Tシャツ]等と判別することができます。

※情報は当社にて調査を行った結果を掲載しており、確実な情報をお約束するものではありません。

※追加の情報のご提供、ご指摘などあれば問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

ヨウジヤマモトの名作と言われるコレクション

上記のように、ヨウジヤマモトは長い歴史のあるブランドであり、その長いキャリアの中で名作と呼ばれるシーズン、アイテムをたくさん生み出してきました。

名作と呼ばれるコレクション中古市場でも非常に高く評価がされています。

ここではその一部をご紹介したいと思います。

Yohji Yamamoto POUR HOMME 1994AW「マリオネット」

「マリオネット」のタイトルの通り、人形の衣装を彷彿とさせるシルクハットやステッキを盛り込んだスタイルが衝撃を呼んだコレクション。

現在でも中古市場での評価は高く、2019AWには「レプリカ」として、当時の雰囲気を再現しつつも現代的な解釈を加えて復刻されました。

もちろん新しいシーズンのアイテムであるレプリカのものも高く評価されていますが、当時(1994年)の実際のアイテムは貴重で、中古市場でも非常に高く評価されています。

マリオネット

2019AWの復刻コレクション

Yohji Yamamoto pour homme 1995AW 「鹿鳴館」

明治政府が外国の外交官などを接待するために造った社交場、『鹿鳴館』。

古き良きロマンを感じるタッチの画を落とし込んだアイテムの数々は、貴重なヴィンテージアイテムとして高値で取引されています。

シャツやコートなどに大きくプリントされた鹿鳴館の人々と、朱色のシルク生地のコントラストが非常に美しいコレクションです。

鹿鳴館

鹿鳴館シルクネクタイ(KLD商品アーカイブより引用)

Yohji Yamamoto POUR HOMME 1996SS「花と少年」

言わずと知れたヨウジヤマモトの代表的な名作。

黒一色の生地に、牡丹の花や、鳳凰を大胆に配した印象的なコレクションです。

耽美な世界観をこれでもかと強調したアイテムの数々は見た目にもインパクトが強いためファンが非常に多く、中古市場でも高く評価されています。

こちらのコレクションも「レプリカ」として、2020年に復刻されました。

花と少年

1996SS当時のコレクション

花と少年

2020SS復刻のコレクション

Yohji Yamamoto pour homme 1999AW 「ジプシー」

ヨウジヤマモト社が史上最高売上を記録した1999年に開催された同コレクションは、ジプシーの一種であるロマをイメージしたモデル達全員が楽器を演奏し、ファッションショーの域を超え荘厳なコンサートの様相を呈していました。

インパクトのあるショーであったという伝説的なエピソードと共に、中古市場でもコレクター的なユーザーにより非常に評価されているコレクションです。

また、ゆったりとしたアイテムたちは現在のファッションとも相性がよく、リアルクローズとして日常に落とし込んでも様になるという事で、探しているユーザーの多いコレクションであると言えます。

ジプシー

1999年当時のコレクション

Yohji Yamamoto pour homme 2002SS 「女優」

イラストレーター杖村さえ子による女優画、または女優のシルエットを刺繍で描いたYohji Yamamotoの名作。

黒地に白いシルエットを刺繍したものと、杖村さえ子氏によるレトロな雰囲気の女優のイラストを大胆に配置したものがあります。

こちらもヨウジヤマモトプールオムの中で不動の人気を誇っており、2020年春夏に女優刺繍のアイテムが「レプリカ」として復刻されました。

レプリカのものも高く評価されており、当時のコレクションはコレクターからも高い評価を得ています。

女優

2002SS当時のコレクション

女優

2020SSの復刻コレクション

ここまで読んでくれた方へ

ここまで書かせていただいた通り、ヨウジヤマモトは長い歴史の中で非常に価値のあるコレクションを多々生み出しており、我々は内タグなどからシーズンを読み解くことによってお客様のお買取り品に評価をしています。

ヨウジヤマモトのアイテムは品番の付け方がやや特殊で、見るだけでは年式の判別などがなかなか難しいブランドでもあり、ご自分の持っているアイテムがいつの物で、何のラインの物なのか…などの判別が難しかった方もいらっしゃると思います。

このブログを読んでいただいた事を機に、お持ちのヨウジヤマモト系列のアイテムの年式を確かめてみるのも良いかもしれません。

もしかしたら、ここまで読んでくださった方の中には、

  • ●手元にある服のシーズンは分かったけど、どのくらいの価値があるのかわからない
  • ●買取のお店に持っていくのは大変だし、ちゃんと価格を付けてくれるのかわからない
  • ●できるだけ高く買ってもらいたいけど、納得できる価格で買ってもらいたい
    というお悩みをお抱えの方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方におすすめなのが、ブランド古着買取専門KLDのオンライン無料査定です。

KLDではヨウジヤマモト系列のアイテムを買取強化しております。

熟練かつ、ヨウジヤマモトに特化した知識をもったバイヤーが、お送りいただいたお品物を丁寧に査定したします。

まずは公式LINEにご登録いただき、オンラインの無料査定をお試しください。

お洋服の画像をお送りいただければ、査定のプロがおおよその買取価格をお伝えします!

KLDでは、お取り扱いをするブランドを限定し、服を売りたい方へも価値をしっかり還元するための仕組みになっております。

「他社と比べて最大で3倍の価格を提示してくれました!査定内容も具体的に文章にて説明して頂いたので、納得した上で取引する事ができました。」

「査定をはじめ、迅速かつ丁寧に対応いただき満足しています。これまで利用させていただいた買取業者さんの中で、全ての点で最もよかったです。」

「急いでないけどできるだけ高く評価してほしい、という人には魅力的なサービス!」

などなど、多くのお客様からご満足いただける査定を行っております。
まずは、LINEでお気軽にご相談ください!無料査定にお申し込みいただ
けます!

LINE無料査定についての詳細はこちらからご覧ください!

LINEを登録して簡単に無料査定をする

Recommend関連する記事