【URU 内タグ分析】品番からわかる年代・シーズン判定 | ウル

こんにちは。
ブランド古着買取専門店のKLDです。

シンプルで汎用性がありながらもシルエットの個性に定評があるブランドURU。

URUのアイテムには、それぞれ品番が明記されたタグが付されています。

そのタグから発売の年式などを解析することが出来ることをご存じでしょうか?

今回は私たちブランド古着店も査定の際に使用しているURUの品番の読み方についてご紹介します。

この記事は、

  • URUとは改めてどんなブランドなのか?
  • URUの定番商品
  • URUの品番からわかるシーズン判定

にという形でお話していきたいと思います。

URUとは改めてどんなブランドなのか?

URUは、元コムデギャルソンのパタンナーである漆山政春さんが立ち上げたブランドです。

「Accelerate Creativity Accelerate Imagination -想像力(頭)と技術力(手)の加速-」というコンセプトは、デザイナー = 想像力の領域とパタンナー = 技術力の領域を兼任している漆山さんならではです。

漆山さんは、2010年秋冬シーズンより、前身ブランドである「AMAZE」をスタートしました。

2011年秋冬シーズンよりブランド名をURUに変更し、シーズンテーマを設けず年間を通して1つのテーマをコレクションに反映させています。

シンプルなデザインや落ち着いた色味が多いですが、デザイナー自身がパタンナーであるため、シンプルな中にリラックス感や上品さ、トレンド感などさまざまな要素を感じます。

こういった独自のテキスタイル、ジェンダーレスな雰囲気といった要素も、URUというブランドの大きな特徴ではないでしょうか。

URU
引用元 : FASHION PRESS

URUの定番商品

そんなURUにも、いくつかの定番アイテムが存在します。

パタンナーとして評価の高い漆山さんだからこそ、繰り返しリリースされる定番アイテムへの高い人気も頷けますね。

ここからはシーズンによってマイナーチェンジを繰り返し、リリース後すぐ完売するアイテムも多い、3つの定番商品をご紹介していきます。

ビッグニット

2016AW
URU
引用元 : FASHION PRESS

2015SS
URU
引用元 : FASHION PRESS

首元のリブ編みや裾のリブのテンション緩さや、ショルダー部分が斜めに縫われているラグランスリーブなどでゆったりとした印象を与えるニット。

一方、ハニカム構造という蜂の巣のような構造になっていて、見た目の軽さとは裏腹にとても断熱性が高いのが特徴です。

SSシーズンになると肩にかけて、シルエットの変化をつけたルックも見られます。

素材を変えて、シーズンを問わず定番の1着となっています。

カットオフビッグシャツ

2015SS
URU
引用元 : FASHION PRESS

2015SS
URU
引用元 : FASHION PRESS

ビッグサイズのシャツ袖と裾をカットオフしたデザインが特徴的なアイテムです。

元々XL,XXL のかなり大きいサイズだったデニムシャツを裁断し、リメイクする着想から生まれました。

しかし、ただ大きいシャツをカットオフしただけということではなく、細かなパターンメイキングによってやや丸みのあるバランスの良いシルエットすることでURUらしさを演出しています。

一枚で着ても活躍しますが、丈の短さを活かしたレイヤードでのスタイリングも多く見られます。

スウェットパーカー

2016FW
URU
引用元 : FASHION PRESS

2018FW
URU
引用元 : FASHION PRESS

袖口、裾はしっかりとしたリブと肩を落としたドロップショルダーに、立体的な肩口のパターンによってメリハリの効いたシルエットになっています。

これによって広めの身幅と太めの袖幅による単純なオーバーシルエットにならず、独特なバランスになるのがURUのポイントなのではないでしょうか。

大きめのフードもポイントです。

URUの品番からわかるシーズン判定

ここからは、そんなURUの品番から解析出来るシーズンについてお話していきます。

まず、以下の画像をご覧ください。

タグ

URUのアイテムにはこのようなブランドタグが付されています。
シーズン解析の際に見るべきポイントは、一番上に記載されているCODE部分です。

こちらのタグには「19SUS02」と記載されています。

最初の数字「19」は年代を表します。

そして数字の横の英数字「S」がシーズンを表しています。

シーズンに関してはS = Spring & Summer、F = Fall & Winterになります。

真ん中の英字「U」はURUの頭文字と思われます。

というのもいくつかの商品にはUの記載が無いものもあり、現在調査中となっております。

そして数字の手前の英字「S」はアイテムコードです。Sはシャツを意味します。
他のアイテムは以下の通り

Sシャツ
Pパンツ
Jジャケット・コート
Kニット
Cカットソー

改めてまとめると、「19SUS02」は以下のようになります。

19 = 2019
S = Spring & Summer
U = URU
S = シャツ
02 = 品番

したがってこちらのタグは「2019年春夏に発売されたシャツ」であることがわかります。

ブランド古着買取専門店KLDでは、URUを高価買取しています

ここまでお話ししてきたように、URUは数々のコレクションブランドでパタンナーとして活躍してきた技量があればこそ、オーセンティックなデザインの中に個性を織り交ぜることができるブランドです。

幅広い服好きから慕われているのも納得のブランドではないでしょうか。

ブランド古着買取専門のKLDではこのURUの買取に力を入れています。

URUのお買取りについてはこちらからもどうぞ。

KLDではこれらを買取する際、中古市場での評価に関する知識や、的確な状態のチェックに沿って買取の評価を行っています。

それに加え、私たちはURUのお品物を査定する際、今回ご紹介した情報などからシーズンを読み解くことによって、お客様のお買取り品をしっかりとお値付けをします。

このように、知識の深い限られたスタッフのみが特定の査定にあたる事は、小さな会社だからこそ可能なことかと思います。

おうちにあるブランド品を少し処分したいと考えている方は、ぜひ当店のお買取りを一度お試しください!

場所も選ばず、しっかり理由を添えた価格提示で、安心と信頼の高価買取を実現しています。

以下のボタンでLINEを追加していただければ、簡単にオンラインで無料査定も致しますので、お気軽にご連絡ください。

LINEを登録して簡単に無料査定をする

また、こちらの記事でもKLDが高価買取ができる理由を説明しています。
KLDがブランド服を高価買取できる理由

Recommend関連する記事

Purchased clothing results

関連する買取実績