【2021年版】トレンドから見る、ジルサンダーのレディースサンダル おすすめ7選|JIL SANDER

こんにちは。ブランド古着買取専門店のKLDです。

誰もが知る洗練されたミニマルなモードブランド、ジルサンダー(JIL SANDER)。

ウェアやバッグ類は無論大人気ですが、シューズ類もとても人気があり、ジルサンダーらしい魅力的なデザインのものを多く展開しています。

梅雨も明ければ夏も本番!ということで、今年注目を浴びている夏のトレンドワードとあわせて、ジルサンダーの人気レディースサンダルをご紹介していきたいと思います。

この記事は、

  • 改めて、ジルサンダーってどんなブランド?
  • ジルサンダーの魅力的なサンダル7選
  • ジルサンダーのサンダルの二次流通市場での評価

という形でお話していきたいと思います。

私たち古着屋の視点から、「中古市場での評判ってどうなの?」というポイントもあわせてご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてください!

改めて、ジルサンダーとは?

ミニマルなブランド代表と言えるほどの存在感を持つブランド、「ジルサンダー」。

機能性を追求したシンプルなデザインのアイテムが多く、素材の品質や、カッティングの精度の高さをとことん追求しています。

そんな追求心の高いジルサンダーの生み出すシューズは、二次流通市場でも多くのファッション好きのユーザーから熱い支持を受けており、ブランドの人気は衰えません。

1968年、Ms.ジル・サンダーが、ドイツのハンブルグにブティックを開設したのが始まりです。

現在は、イタリアのミラノを拠点としています。

創業者のMs.ジル・サンダーは、UNIQLOとのコラボ「J+」の商品は爆発的な人気で、今では幅広い年代の人が知るデザイナーです。
しかし、現在はMs.ジル・サンダーはブランド「ジルサンダー」のデザイナーは退任しています。

2017年4月より、ジルサンダーのクリエイティブ・ディレクターにはルーシー&ルーク・メイヤー夫妻が就任しました。

シンプルであるにもかかわらず、しっかりと印象に残る、他にはない唯一無二のデザインが大きな魅力です。

トレンドワードから見るジルサンダーの魅力的なサンダル7選

ジルサンダーでは、ウェアやバッグが注目されているのはご存知の方も多いですが、今シーズン特に脚光を浴びているのがシューズラインです。

その理由は、シンプルでありながらトレンド感もあわせ持つエッジの効いたデザインにあるといえます。

ここからは、夏本番にぴったりのサンダルを中心に、トレンドワードを軸に注目度の高いラインナップでご紹介していきたいと思います!

トレンドワード①:パデットサンダル

今年のトレンドワードの1つ、パデットサンダル。
パデット(padded)とは、「パッドが入った」という意味です。

パデットストラップサンダル


引用元:ssense.com

パデットサンダルらしい、ぷっくりとした特徴あるフォルムはまさにトレンドのデザインで、海外セレブの間でも注目されています。

その特徴のあるフォルムと、ジルサンダーらしい洗練されたシンプルなデザインが最大の魅力です。

しかし、デザイン性だけではありません。実用性も文句なしの商品です。

アッパーにはボリューム感のあるパッド入りのクロスブリッジストラップ。
こちらは、しなやかなラムレザーを使用しています。

そして、モールドフットインソールはクッション性が抜群で、履き心地は快適です。

足元に重心を置いたバランスがトレンドの今、存在感のあるパデットサンダルが、ワンランク上のカジュアルスタイルに仕上げてくれるでしょう。

二次流通市場でも、トレンド問わずシンプルなデザインと実用性があることから、スタンダードな商品で人気があります。

カラー:ブラック/ブラウン/ベージュ/ホワイト
素 材:ラムスキンレザー/ラバー
生産国:イタリア

トレンドワード②:トングサンダル

二つ目のトレンドは、足の親指と人差し指で挟むように履くトングサンダル。

ビーチやリゾートシーンにぴったりなデザインが豊富で、夏らしさを彩るのに最適です。

ブラックパールサンダル


引用元:ssense.com

ブラックパールサンダルは、ジルサンダーらしいシンプルでありながらも都会的要素も混ざったデザイン。夏らしさを感じさせるトングタイプは人気です。

牛革の中でも高級なカーフレザーを使用。そのため、肌目が細かく柔らかな履き心地です。また、シンプルな上品さがありつつも、ストラップにあしらわれたメタルゴールドのビーズの装飾は、都会的でモダンな印象を与えます。

カジュアルになり過ぎず、シンプルなコーディネートでも足元をさりげなく華やかに。

マキシワンピやワイドパンツに合わせて、オフモードな大人の夏コーデにおすすめです。

リゾートシーンはもちろん、デイリーシーンなど幅広く活躍すること間違いありません。

トレンド感とスタイリッシュ感が一気に上がるジルサンダーのデザイン。他ブランドのシンプルなトングサンダルが多い中で、ひと際目を引きます。

カラー:ブラック
素 材:カーフレザー/ラバー
生産国:イタリア

オーバーサイズストラップサンダル


引用元:farfetch.com

ジルサンダーのサンダル史上、最もパンチが効いていると言っても過言ではないのが、こちらのオーバーサイズストラップサンダル。
厚底の下駄のようにもみえるデザインは、日本からインスピレーションを受けたそうです。

厚みのあるラバーソールはクッション性があります。さらに、柔らかくしなやかなラムレザーを使用することで、デザインの良さだけではなく、履き心地の良さも追求しているところは、さすがジルサンダーです。

Tシャツにパンツといった、ベーシックスタイルに合わせるだけでも、インパクトがあり、トレンド最先端の着こなしになります。
コレクションでも、新しいフットウェアのコーディネートとしてこの夏注目された商品です。

二次流通市場でも、トレンド感溢れる前衛的なデザインは、コアなファンに支持されています。メンズ・レディース共に、人気は絶えません。

カラー:ブラック/ブラウン/グリーン/バニラ
素 材:ラムレザー
生産国:イタリア

トレンドワード③:スポーツサンダル

アウトドアシーンやレジャーシーン向けに作られた、丈夫なサンダルです。

がっちりと足をホールドするベルト使いで、安定性があります。

アウトドアプラットフォームサンダル


引用元:farfetch.com

アウトドアプラットフォームサンダルは、ジルサンダーの洗練されたデザインの、きれいめスポーツサンダルです。

「プラットフォームサンダル」とは、底部を厚く加工し、かかとからつま先まで一様に高さのあるソールを持つサンダルのこと。

ここ数年、人気のスポーツサンダルですが、ジルサンダーのスポーツサンダルはひと味違います。
高い機能性はそのままに、上品さのあるモードなデザインです。

柔らかく耐久性のあるナッパレザーのベルクロストラップが、足をしっかりとホールド。

ボリュームのあるプラットフォームで機能性も安定性も抜群です。

さらに、シープスキンを使用することで、つやのある質感が上品さを感じさせます。

新作は、グリップ力のあるソールを採用しアップデートしました。
近年のアウトドアブームも相まって、従来モデル・最新モデルどちらも人気は高まっています。

カジュアルなファッションはもちろん、ワンピースなど女性らしいファッションのはずしアイテムとして合わせるのもおすすめ。

ソールの厚みはスタイルアップ効果が狙えます。

二次流通市場では、ジルサンダーのこちらのアイテムは、スポーツサンダルをリッチに見せてくれる”大人のためのサンダル”として、ここ数年定番の人気の高く好評です。

カラー:ブラック/ベージュ
素 材:シープスキン/ラバー
生産国:イタリア

トレンドワード④:コンフォートサンダル

コンフォートとは”快適”という意味で、履き心地を重視したサンダルです。

足に優しいソールにこだわったものが多くみられます。

JILSANDER+「1774」ビルケンシュトックコラボサンダル


引用元:wrongweather.net

ジルサンダーの人気の新ライン「JILSANDER+(ジルサンダープラス)」のハイクオリティなコンフォートサンダル。

ドイツで人気の高いシューズブランド「birkenstock(ビルケンシュトック)」(以下、ビルケン)との、コラボーレーションサンダルです。

ビルケンの質の高さは、クリエイティブディレクターのルーシーとルーク・メイヤー夫妻が「ビルケンの品質と完全性は、ハイクオリティである」と高く評価しています。

このコラボシリーズは、ビルケンが誇る3型のクラシックなシルエットを再構築し、さらに新たな1型のシルエットも加え、全4型をラインナップしています。(画像はその中の1型「ミラノ」です)

金具は、つや消しシルバーのサテンニッケルを使った特別使用。
さらに、通常より大型のアウトソールと、拡張されたストラップなど、それぞれのディテールがアップデートされています。

カーフスキンやスエードといった上質な素材を採用し、カラーはクリーム・オリーブ・ブラックの、落ち着いた3色展開になっています。

ジルサンダーを愛する、カジュアルファッション好きには、たまらないコラボ商品なのではないでしょうか。

二次流通市場でも、ハイクオリティなスポーツサンダルとして、ブランドファンにも定評のあるアイテムです。

カラー:クリーム/オリーブ/ブラック
素 材:カーフスキン
生産国:ドイツ

トレンドワード⑤:細ストラップ

細いストラップを足の甲や足首にあしらった華奢な女性らしいデザインのサンダル。

女性らしいフォルムで今年のトレンドの1つです。

トゥ ポストサンダル


引用元:jilsander.com

ここ数年のトレンドの、細いストラップ使いで華奢ささが際立つデザイン。

センターに縦に走るストラップデザインは、モードな印象も与えます。

足首でストラップを留めるタイプのアンクルストラップや、クリア素材のローヒールといった、隠れたトレンド感もぎっしり。

また、90年代を感じさせるレトロさもあり、トレンドと合わせた欲張りデザインです。

こちらのアイテムは、ポインテッドトゥデザインですが、ラウンドトゥタイプや、フラットトゥタイプの同じラインの商品も人気です。
多くの大人の女性に永く愛されています。

程よい低めのヒールと、肌触りのよいカーフレザーのソールを採用。
華奢で繊細そうな見た目とは異なり、履き心地の良さも叶える一足です。

存在感がありながらも主張しすぎないデザインは、ボトムの引き締め役にも活躍しそう。

シンプルなブラックの繊細なストラップに、夏映えする鮮やかなフットネイルを差し色に合わせるのがおすすめです。

二次流通市場では、女性らしい華奢なデザインと、タウンユースからリゾートスタイルまで幅広い活躍をするアイテムとして、人気で動きのあるアイテムです。

カラー:ブラック
素 材:シープスキン/ソール:カーフスキン
生産国:イタリア

トレンドワード⑥:ファーサンダル

毛皮をあしらったサンダル。

夏も終わりになるとネクストシーズンに向けて気になるトレンドアイテムです。

シアリングストラップ サンダル


引用元:farfetch.com

こちらは一足先に秋のトレンドサンダルとしてご紹介したい一足。

ふわもこのファーサンダルは、夏から季節を先取りできる、ファッション好きには外せないアイテムではないでしょうか。

ジルサンダーのファーサンダルは、柔らかく肌触りのよいカーフスキンを使用。
スリッポンタイプのサンダルです。

毛皮は、人気のあるムートンファーの中でもラムファーを使用するというこだわりよう。
毛足に動きのある柔らかさが特徴です。

夏のトレンドに引き続き、ボリュームのあるフォルムは注目のアイテムです。
コーディネイトや、カラーによってはロングシーズン楽しめる、実はお得なアイテムであることは、ここだけの話です。

ふわふわとした柔らかい手触りと、もこもことした女性らしいシルエットは、足元のファッションに差をつけられます。

二次流通市場では、ファーサンダルは意外と季節を問わず人気のアイテムとして注目の高いアイテムとなっています。

カラー:ベージュ/ブラック
素 材:カーフスキン/ラムファー
生産国:イタリア

ジルサンダーのサンダルの二次流通市場での評価

ここからは、今回ご紹介したようなジルサンダーのサンダルやシューズが、二次流通市場でどう評価されているかをお話したいと思います。

まずジルサンダー全体にいえることですが、無駄な要素を省いたデザインのジルサンダーのアイテムは、中古市場で比較的長く愛され、高い評価を得る傾向があります。

しかし、今回ご紹介したようなサンダルですが、実は二次流通市場での評価に関しては少し注意が必要です。

一般的に、今回ご紹介したようなサンダルは素足で履くことが多いかと思います。
やはり中古市場では、素足で履くタイプのシューズ、サンダルにはやや評価が厳しくなる傾向があります。

同じサンダルでも靴下をはいた状態で着用していたものは汗ジミなどが付きにくく、綺麗な状態で売れるので中古市場での評価は高くなります。

とはいえ、せっかくの夏ですから素足にサンダルで思い切り涼しく出かけたいですよね。

KLDでは、サンダルについた汚れなどを落とすメンテナンスなどもおこなっておりますので、汚れてしまったサンダルでも高価買取が可能です。
もし気になるアイテムがある場合はお気軽にお問合せ下さい。

もうひとつ、デザインについてですが、今回ご紹介したサンダルの中でもパデットサンダルやプラットフォームサンダルなどのボリューム感を持たせたデザインのものは、トレンド感が強く、こういったものは中古市場でも一時的にとても評価が高くなる傾向があります。

流石ジルサンダーといったところで定価も決して安くはありませんから、「新品では買えなかったけど中古でなら欲しい!」というユーザーは多くいます。
もし「購入したけどあまり履かないかも…?」というサンダルがある場合、そのサンダルのデザインがトレンドのうちに売却すると思った以上の高値で売却できるかもしれません。

逆にトレンド感の強いものは旬を過ぎると売却価値が落ちやすい傾向があります。
もし少しでも「売ろうかな?」という気持ちがあるのであれば、出来れば購入から3年以内にお買取りやご自分で売却されることをおすすめしています。

関連記事

【JIL SANDER クリエイティブディレクター】メイヤー夫妻ってどんな人たち?|ジルサンダーの源

こんにちは!ブランド古着専門店のKLDです。 シンプルで洗練されたモードブ...

【JIL SANDER クリエイティブディレクター】メイヤー夫妻ってどんな人たち?|ジルサンダーの源

【2021年版】長く使えるジルサンダーの名作定番バッグ5選、古着屋が解説します|Jil Sander

こんにちは!ブランド古着買取専門店KLDです。 ユニクロとのコラボも人気で、ミニマルで洗練...

【2021年版】長く使えるジルサンダーの名作定番バッグ5選、古着屋が解説します|Jil Sander

ブランド古着買取専門店KLDでは、ジルサンダーを高価買取しています

KLDでは今回ご紹介したようなサンダル、シューズ類はもちろん、洋服やその他のアイテムも、ジルサンダーのお品物をお買取り強化しています。

ジルサンダーのお買取りについてはこちらからもどうぞ。

KLDではこれらを買取する際、中古市場での評価に関する知識や、的確な状態のチェックに沿って買取の評価を行っています。

それに加え、様々なモード系、ラグジュアリー系を取り扱ってきた査定士が、真贋判定などの観点からもしっかりとお値付けをします。

このように、知識の深い限られたスタッフのみが特定の査定にあたる事は、小さな会社だからこそ可能なことかと思います。

おうちにあるブランド品を少し処分したいと考えている方は、ぜひ当店のお買取りを一度お試しください!

場所も選ばず、しっかり理由を添えた価格提示で、安心と信頼の高価買取を実現しています。

以下のボタンでLINEを追加していただければ、簡単にオンラインで無料査定も致しますので、お気軽にご連絡ください。

LINEを登録して簡単に無料査定をする

また、こちらの記事でもKLDが高価買取ができる理由を説明しています。
KLDがブランド服を高価買取できる理由

Recommend関連する記事

Purchased clothing results

関連する買取実績