AURALEEデザイナー、岩井良太ってどんな人?|オーラリー

こんにちは。ブランド古着のKLDです。

素材とシルエットにこだわり抜き、幅広い年代の男女に大人気のブランド、AURALEE(オーラリー)。

今回は、そんなAURALEEのデザイナー、岩井良太さんにフォーカスして、そのデザインのルーツや現在に至るまでを深掘りしたいと思います。

今回は、

  • AURALEEってどんなブランド?
  • 岩井良太さんについて
  • AURALEEを形作る要素について

という構成でご紹介していきます。

AURALEEとは?


AURALEE 公式Instagramより引用 instagram.com

AURALEEは2015年の春夏コレクションよりデザイナーである岩井良太氏がスタートした、メンズ・レディース共に展開する日本のファッションブランドです。

ブランドの名前の由来はエルビス・プレスリーの名曲「Love Me Tender」の原曲の名前で、“光る土地”という意味。

朝の光が似合うような洋服を作りたいと、デザイナーの意思が込められています。

「上質で洗練された洋服」。

そのコンセプト通り、素材作りからをデザインと考え、自身が本当に良いと思える素材を追求しています。

「決して気取らず、毎日着る事に適した、上質な軽さを感じられる洋服」を提案しているブランド、それがAURALEEです。

デザイナー


引用 fashion-prize-of-tokyo.jp

デザイナーは、岩井 良太氏。

1983年、兵庫県で生まれ、大学で経営を学んだのち上京、文化服装学院夜間部に入学。

当時好きだったブランドは、クリストフ・ルメールやサイ、カラーなど。

当時、モードがブームの時代でしたが、岩井さんは奇抜なデザインより服そのものの素材や縫製に惹かれていました。

スウェットやカットソーなどのベーシックなアイテムの素材が織りなす上品さ、魅力に取り憑かれていったようです。

大学生のときから古着店でアルバイトを始め、専門学校卒業後にカットソーやニットに定評のある「ノリコイケ」、綿や糸、編み方に至るまで自社開発することで有名な「フィルメランジェ」で素材を意識をした物作りを学びます。

それが後にデビューするAURALEEの基盤となりました。

ちなみに岩井さんの原点となった神戸の古着屋は、今はセレクトショップになり、そこでもオーラリーを展開中です。

AURALEEを形作るもの

”生地問屋”クリップクロップ”

AURALEEの運営は、今でこそ株式会社オーラリーという、独立したアパレルメーカーとして名を馳せていますが、デビュー当時、AURALEEはある会社に属していました。

その会社はAURALEEがブランドとして成功を収めた背景に大きく関わっており、その会社こそが生地会社の「クリップクロップ」です。


クリップクロップ代表、小林氏 引用 senken.co.jp

まったく無名と言っていいほど一般的にはあまり知られていませんが、規模は小さいながらも企画する生地のクオリティから業界内では有名な生地会社です。

高級原料を用いた天然素材に定評があり、いわゆるキレイめ生地を得意としています。

その生地の肌触りは、なめらかで気持ちよく、高級感を感じさせる。

それはまさに岩井氏の求めていた、“品があって、等身大で背伸びしない服”を作る為の土台となりました。

現在、AURALEEはクリップクロップからは離れましたが、WELLDER(ウェルダー)やKAPTAIN SUNSHINE(キャプテンサンシャイン)などの人気ブランドを現在でも展開しています。

クセがないが、クセになる洋服

「味付けするのか、しないのか。服作りは料理に似ています」

岩井さんはインタビューで語っています。

岩井さんの素材オタクぶりは業界でも有名で、岩井さんのデザインは素材作りから始まります。


オーストラリアで見つけたという羊毛。 引用 fashionpost.jp

原料の糸を選ぶところから織り方や編み方、加工まで。
素材を作っている時間は妥協しません。

その素材を使い、縫うのか編むのかどう縫製し、どのようなデザインに仕上げるか。
手を加えるか加えないか…まさに料理に似ていますね。

普遍的なデザインでも全身AURALEEでコーディネートを組んでみると、その気品が伝わるはずです。

”何か良い”と感じる”何か”の部分にはデザイナーのこだわり抜いた素材への思いがつまっているといえるでしょう。


モンゴルの放牧の様子。素材を見に現地を赴くことも珍しくないそう。 引用 fashionpost.jp

豊富なコラボレーション

AURALEEはシューズメーカーやセレクトショップなどコラボレーションの取り組みにも精力的で、デザイナーの豊富な人脈や人柄が伺えます。

主要なコラボレーションリストは以下のようになります。

2019年3月 ×ニューバランス “R_C2”
2020年8月 ×ニューバランス “フューエルセル スピードリフト”
2020年7月 ×ニューバランス “550”
2019年11月 ×スタイリスト私物×バブアー
2020年12月 ×スタイリスト私物 第2弾
2021年10月 ×スタイリスト私物 第3弾
2021年8月 オーラリー メイド フットザコーチャー
2021年10月 ×5525gallery コラボフーディ
2019年3月 ×IENA 30周年記念別注アイテム

中でも、ニューバランスとのコラボレーションは毎回完売する人気アイテムの他、スタイリスト私物との商品は抽選販売となり、希少価値が高い商品と話題となっています。


ニューバランス R_C2 x AURALEE 引用 newbalance.jp


AURALEE×スタイリスト私物 EXCLUSIVE STRETCH POLYESTER LONG LINER COAT 引用 fashionsnap.com

直営店オープン、そしてパリコレへ

2017年9月14日(木)に待望の直営店を青山の一等地にオープンさせました。

店づくりのテーマは、「別荘のようなリラックスしたムード」と「アートギャラリーのようなほどよい緊張感」。


初の直営店 引用 senken.co.jp

ラックに羅列されている洋服にはそれぞれ物語があり、その順番や配置やディスプレーにも強くこだわり、セレクトショップで見かけるオーラリーにはない、洗礼された世界観が堪能でできます。

素材や細かいディテールをじっくり見て、その良さを知って買ってもらいたいと岩井氏は語っています。

また、岩井氏は、直営店出店が想定より早くなった事もあり、自身のブランド、ビジネスの視野をグローバルに広げる事を考えていたそうです。

そんな中、2018年にファッションプライズ「FASHION PRIZE OF TOKYO」を受賞したことをきっかけに、ブランドスタートから4年目にして、のパリ・ファッション・ウイークでパリコレデビューを果たしました。


パリコレでの様子 引用 wwdjapan.com

岩井良太は「世の中が変わっても”変わらず選ばれるブランド”を目指した」と話しています。

現在は国内外からメンズ、ウィメンズともに幅広い世代から人気があり、メディアや同業界からも多くの支持を得ています。

岩井さんにはこれからはどのような展望があるのか分かりませんが、行き着く先には“光る土地”が必ずあると、AURALEEの洋服から歌が聞こえてくる事でしょう。

ここまで読んで下さった方へ

ここまで読んでくださりありがとうございました。

今回は、AURALEEというブランドを形作るピースのような形で、デザイナーの岩井良太さんが持つ、様々な要素をご紹介しました。

岩井さんがどのようなルーツやこだわりを持つ人物なのかが少しでも見えたのではないかと思います。

KLDでももちろんAURALEEのお買取り強化をしています。

AURALEEのお買取りに関してはこちらからどうぞ

気になるお品物がある際は、まずはお気軽にLINEなどからご相談ください。

LINEを登録して簡単に無料査定をする

ありがとうございました!

Recommend関連する記事

Purchased clothing results

関連する買取実績