ブログ

公開日 2019/02/22

カテゴリー:ブランド情報

メゾンマルタンマルジェラ エイズTシャツの年代別一覧とより高く取引されるモデルの3要素

引用元: THE FASHION POST

 

Maison Martin Margiela (メゾンマルタンマルジェラ)の中で定番アイテムと言えば、
エイズTシャツが挙げられるでしょう。

エイズTシャツは、首元に手書きでラフに書かれた文字がプリントされているのが特徴です。

このエイズTシャツは豊富なカラーリングが存在していて、
一見どの年代のモノかわからないという方も多いかと思います。

そこで今回は、マルジェラのエイズTシャツの年代ごとの見分け方
比較的高値で取引されやすいモデルの3要素についてご紹介したいと思います。

 

■Maison Martin Margiela (メゾンマルタンマルジェラ)

 エイズTシャツ年代別一覧表   

 

エイズTシャツはシーズン毎にボディとプリントのカラーパターンが異なります。

下記の一覧表は、過去に発売されたエイズTシャツのカラーパターンを網羅したものです。

※表記 「ボディの色」×「プリントの文字色」
(×別注や記念モデルなどの限定商品の詳細)

 

94 A/W ダーク(アーミー)グリーン×黒    
95 S/S 白×黒    
95 A/W フューシャ(ピンク)×黒    
96 S/S 灰×白    
96 A/W 濃灰×黒    
97 S/S 白×黒 水色×紺  
97 A/W 赤×黒    
98 S/S シトロングリーン×白    
98 A/W 黒(マローン)×白    
99 S/S 薄ピンク×赤    
99 A/W 茶(テラコッタ)×白    
00 S/S 赤×白    
00 A/W 濃カーキ×青    
01 S/S 白×白    
01 A/W 薄ベージュ(エクリュ)×薄黄    
02 S/S ネイビー×ピンク    
02 A/W 灰×黒    
03 S/S 緑(ケリーグリーン)×白    
03 A/W 薄グレー×蛍光オレンジ    
04 S/S カーキグレー×ターコイズ    
04 A/W 黒×金    
05 S/S ベージュ×白    
05 A/W 青紫×白    
06 S/S バニラ×ターコイズ 薄紫×オレンジ                                              (エイズT展フランス・ボンマルシェ限定)  
06 A/W 黒×バイオレット    
07 S/S オレンジ×黒    
07 A/W 黒×黒 白×銀(クリスマス限定色) ピンクベージュ×黒                         (表参道店オープン記念限定)
08 S/S 霜降り灰×白    
08 A/W カーキベージュ×赤    
09 S/S 灰×銀 白×ピンク                                                     (20周年記念オーバーサイズTシャツ) 白×黒 (ヴォーグジャパン×ギャルソン限定)
09 A/W クリーム×銀ラメ    
10 S/S 黄色×白    
10 A/W 濃ブルー×黒のベルベット 白×黒(日本語)世界エイズデー限定  
11 S/S 薄いグレー×グレーの               リフレクター加工    
11 A/W ネイビー×白のオーバーダイ加工 白×黒(フランス語)世界エイズデー限定  
12 S/S ライトブラウン×黒    
12 A/W チョコレートブラウン×黒    
13 S/S シルバー×エクリュ バイカラー    
13 A/W ペトロールブルー×ダークブルー    
14 S/S 白×ライトブルーチョーク 白×白フロッキープリント                        (エイズT20周年記念)  
14 A/W 炭黒×白 バイカラースプレー 1994AW復刻ダーク(アーミー)グリーン×黒 ユナイテッドアローズ限定 創業25周年記念  
15 S/S ベージュ×ベージュグリーン  バイカラー    
15 A/W ボルドー×ダークボルドーフロッキー    
16 S/S スモークグレイ×スモークピンクフロッキー    
16 A/W ブラック×ブルーフロッキー    
17 S/S オフホワイト×イエロー    
17 A/W 霜降り灰×シルバー×ホワイト    
18 S/S ホワイト×パウダーブルー    
18 A/W レッド×レッドフロッキー    

 

エイズTシャツ年代別一覧表 をPDFで見たい方は ↓
https://kld-c.jp/wp-content/uploads/2019/02/dff434b196d9dc173baaf314f74503d2.pdf


次にエイズTシャツの詳細に関して、深堀していきたいと思います。

■Maison Martin Margiela (メゾンマルタンマルジェラ)

 エイズTシャツの解説

 

エイズTシャツとはメゾンマルタンマルジェラの定番アイテムで、
1994-95年秋冬から今現在も発売している人気アイテムです。

毎年、カラーとプリントが異なるモデルが発売され、
春夏・秋冬モデルとして1年に2つのモデルがリリースされています。

また、例外的に限定品がリリースされるシーズンもあり、
1年に複数モデルがリリースされることもあります。

このマルジェラのエイズTシャツによる売り上げの一部は、
HIV(エイズ)の撲滅や患者のサポートのために設立されたフランスの機関「AIDES」に寄付されていて、
これまでに寄付された金額は700,000ユーロ(約9000万円)を超えると言われています。

つまり、このTシャツはいわゆるチャリティーTシャツとしての側面があります。

一般的なチャリティーTシャツと比べると、非常にデザイン性が高く、
実際に着用したときの着心地の良さに定評があります。

これらの特徴から、毎シーズン即完売という大人気商品となっています。

Tシャツには以下のメッセージがプリントされています。

“THERE IS MORE ACTION TO BE DONE TO FIGHT AIDS THAN TO WEAR THIS T-SHIRT
  BUT IT’S A GOOD START”

日本語にすると以下の通りです。

「エイズと闘うためにすべき活動はもっとあるが、Tシャツを着ることは良い始まりだ。」

このようなメッセージが込められたTシャツですが、
着用している状態では首元の文字が着用者のネックで隠れてしまい、
メッセージの全文が何であるのかは伝わらず、
着脱して折りたたむことによって初めて全文が明らかになるのです。

そういったことから、メッセージを全面的に主張するのではなく、
他の人にその内容を聞かれた時や着用者がその説明をする時に初めて、
込められたメッセ―ジが伝わり、意味を持つようになるというデザインがなされています。

次は、エイズTシャツの中でも、より高値で取引されるモデルに関してご紹介したいと思います。

 

■高値で取引される条件は、

 “色合い・年代・限定”の三要素が絡む

 

一般的にブランド衣料というのは、
年代が新しければ新しいほど中古市場においても、高い金額で取引されます。

しかし、ブランドによっては特定の年代であったり、
色合いや限定品などの要素によって、取引金額が変わってきます。

今回取り上げている、エイズTシャツの中で特に重要な要素は
色合い・年代・限定 です。

一つ一つ見ていきましょう。

 

― 色合いについて

 

エイズTシャツにおいては、黒ベースのモデルであったり、
シンプルなカラーリングのものが、中古市場において値が付きやすい傾向にあります。

逆に言えば、明るめの色合いのものは値が付きにくいという傾向があります。

 

― 年代について

 

前述した通り、エイズTシャツにおいても
年代が新しいモデルが高値で取引される傾向にあります。

ただし、90年代のモデルに関して言えば、
ある程度状態が良いものであれば、より値が付きやすいという傾向があります。

 

― 限定について

 

シーズン毎に発売されるのが基本のエイズTシャツですが、
限定品として発売されたモデルも存在しています。

特に、2011AWの白×黒(フランス語)世界エイズデー限定モデルは、
色合いのシンプルさも相まって、現在でも比較的高値で取引されています。

 

引用元 HIGHSNOBIETY

 

上記のフランス語モデルほどではないにしても、
2010AWの白×黒(日本語)世界エイズデー限定モデル
通常モデルよりは高い相場で取引されています。

 

引用元 FASHIONSNAP.COM

 

すなわち、これらをまとめると

  1. 色合いがシンプルであること、あるいは黒ベースである
  2. 年代が新しい(一部例外もある)
  3. 限定商品かどうか 

であることが高値で取引される条件となります。

 

■まとめ

 

シンプルな中にもメッセージ性があるのが特徴のエイズTシャツ。

今まで発売された数が豊富なので、

「どのシーズンのモデルか判別できない」

「どのモデルが比較的高値で取引されるかわからない」

と悩んでいた方も多いと思います。

以上、「メゾンマルタンマルジェラ エイズTシャツの年代別一覧と高く取引されるモデルの3要素」でした。