ブログ

公開日 2019/03/06

カテゴリー:お知らせ

ベイクルーズ系列のブランド一覧と内タグから判別するシーズン情報、中古相場について

引用元 FASHIONSNAP.COM

 

昨年、ベイクルーズが創業40周年を迎えました。
それを記念して撮影された記念CMのアザーカットが上の写真です。

俳優の村上虹郎さんとモデル/女優のSUMIREさんを起用したことで非常に話題となりました。

ベイクルーズは、ファッション事業のみならず、
飲食事業やインテリア関連の店舗など、多角的な経営をしています。

昨今、他のアパレル系会社の業績が伸び悩む中、ベイクルーズは好調を維持しております。

そんなベイクルーズに関して、系列のブランドが多すぎて、
イマイチ把握できていないという方も多いことでしょう。

今回は、ベイクルーズ系列のブランド一覧内タグから判別するシーズン情報
そして、中古相場に関してご紹介したいと思います。

 

■ベイクルーズとは

 

1977年、一着の服からスタートしたのがベイクルーズです。

元々ファッションを中心に展開していたのですが、
その枠を超え、フード・インテリア・フィットネスなど徐々に幅を広げていきました。
これらはすべてライフスタイルに関わるものです。

「あらゆる生活シーンに楽しさや喜び、驚きや感動を提供していきたい。」

というベイクルーズの思想が如実に反映された結果の事業展開だと考えられます。

そういったファッションや文化、新しいライフスタイルを発信する企業がベイクルーズなのです。

▼系列ブランドの一覧

 

下記の一覧はベイクルーズ系列のブランドを網羅したものです。

大きく分けて、4つのカテゴリーに分類することができます。

ファッション系・フード系・インテリア系・その他です。

▼ファッション系

 

・IENA
・SLOBE IENA
・EDIFICE
・417 EDIFICE
・Plage
・Spick&Span
・FRAMeWORK
・NOBLE
・Deuxieme Classe
・L’Appartment
・AP STUDIO
・JOURNAL STANDARD MEN’S
・JOURNAL STANDARD LADY’S
・JOURNAL STANDARD relume MEN’S
・JOURNAL STANDARD relume LADY’S
・JOURNAL STANDARD luxe
・JOURNAL STANDARD L’ESSAGE
・UNFOLLOW
・VERMEIL par iena
・Le Talon
・La TOTALITE
・ivory court
・B.C STOCK
・EDIT.FOR LULU
・Charles Chaton
・SAVE KHAKI UNITED
・CITYSHOP
・WISM
・HIROB
・DECOUVERTE
・WORLDLY-WISE
・L’ECHOPPE
・BONUM
・JOINT WORKS
・HARDY NOIR
・BOICE FROM BAYCREWS
・EMILY WEEK

▼フード系

 

・J.S.BURGERS CAFE
・J.S.PANCAKE CAFE
・J.S. FOODIES
・J.S. CURRY
・J.S. STEAK STAND
・LUKE’S
・RITUEL
・FRANZE&EVANS
・しゃぶしゃぶ 山笑ふ
・BON GOUT HAMBURG
・BonVivant
・Roasted COFFEE LABORATORY
・FLIPPER’S
・CITYSHOP
・BOUL’ ANGE
・Catch the Cajun Seafood
・HI-CACAO CHOCOLATE STAND

▼インテリア系

 

・journal standard Furniture
・ACME Furniture

▼その他

 

・Lilas by Spick & Span
・B・B・V ola
・CARDIO BARRE
・B Reform Works Studio

■分社について

 

ベイクルーズにはいくつもの系列会社があります。

下記の一覧は系列会社を網羅したものです。

・株式会社ジョイントワークス
・株式会社フレームワークス
・株式会社JS.WORKS
・株式会社ルドーム
・株式会社ラクラス
・株式会社ACME
・株式会社FLAVORWORKS
・株式会社LADUREE JAPON

 

次はベイクルーズ商品のシーズン判別方法について、ご紹介したいと思います。

■シーズンの判別方法

 

 

上記の写真はベイクルーズ商品の内タグです。
タグの上部にNO.とあると思います。その頭の数字が発売年を表しています。
すなわち、上記の写真で言うと、発売年2018年となります。

また、モデル判別をおこなう際は、記載された品番の「ハイフンを除いた数字」で検索すると出てきます。

ハイフンを除いた数字を入れて検索した場合↓

 

▼ハイフンを入れて検索した場合↓

 

こうして検索ができるのも、ECサイトに力を入れているベイクルーズだからこそ、
年数の経過するアイテムでもモデルの特定ができる、というわけです。

ベイクルーズは自社通販サイトである「ベイクルーズストア」を運営しております。
特に昨今、この自社ECサイトである「ベイクルーズストア」の売り上げは好調となっております。

最近になり、物流倉庫の一元化(ベイクルーズストアと店舗、そしてZOZOの一元化)をし、
物理的に一か所に在庫を集め、データも統合をはかったそうです。

これにより、在庫がリアルタイムでわかり、店舗に残っているかどうかもネットで調べることが可能です。

ECサイトというとZOZOTOWNが強かったり、
ファストファッションであるUNIQLOなどのネットストアを
利用する人が多いというイメージがあります。

しかし、この在庫の管理も含め、「ベイクルーズストア」も負けていません。

特にZOZOTOWNよりも勝っているのがレビューです。
「ベイクルーズストア」は、レビューを評価順に検索できるので、とても便利です。
一方で、ZOZOTOWNはレビューの数が圧倒的に少ないという現状があります。

他にも強みとして挙げられるのが、着用している写真が豊富であるという点です。
もちろんZOZOTOWNも写真自体は多いのですが、
「ベイクルーズストア」は素材感までもわかるような写真をアップしていたりと、
写真自体のバラエティが豊富です。

このようにECサイトに力を入れているベイクルーズ。
これには、どうやら大きな理由がありそうです。

事実として、ベイクルーズストア(ECサイト)と店舗を併用する人が多い
というのがあります。

このレイヤー(ECサイトと店舗を併用する人)は、
店舗だけ利用する人たちのレイヤーと比べるとおよそ2倍の売り上げがあります。

例えば、このようなタイプの人も今現在多いのではないでしょうか。

あらかじめECサイトで商品の目星をつけておいて、
実際に店舗に行って確認して購入したり、逆に店舗で実物の商品を見ておいてから、
ECサイトでサイズや他のカラーリング、あるいは他の商品と比較するというタイプです。

このタイプが多くなっていることからもわかるように、
「情報接触頻度が高くなれば売上も伸びる」という法則を上手く利用しているのだと思います。

こういった理由から、
ベイクルーズはECサイトである「ベイクルーズストア」に力をいれ、
オンライン(ベイクルーズストア)オフライン(実店舗)の連携を強く意識した
戦略を実行しているのだと考えらます。

次は、ベイクルーズ商品の中古相場に関して、ご紹介したいと思います。

■中古相場について

引用元 ベイクルーズ LINE PAGE

 

IENADeuxieme Classeなどは、
セレクトショップ本来の魅力を有しながら、
かつオリジナルブランド(セレオリ)の中古相場も高いという事実があります。

▼関連記事▼
「セレオリ(セレクトショップオリジナルブランド)は”ブランド”なのか?中古相場は?」

ただし、これは新しいモデルに限られています。

基本的にレディースブランドにおいて
(メンズでもそうですが、レディースは特に顕著)
経年による値落ちはかなり大きいというのが事実としてあります。

従って、レディースブランドのリセールバリュー(再販価値)にこだわるのであれば
「発売から3年以内」の売却がよろしいかと思います。

■まとめ

 

ベイクルーズ系列のブランドに関して、整理できていない方も多かったかと思います。

また、ベイクルーズ系列のブランドの中でも、
「どういった商品が高く買い取られるのか」「この商品のシーズンがわからない」など
疑問点も様々あったかと思います。

以上、「ベイクルーズ系列のブランド一覧と内タグから判別するシーズン情報、中古相場について」
でした。