ARCHIVIO J.M.Ribotってどんなブランド?|アルキビオJ.M. リボット

× 事前査定

引用BORDEAUX

こんにちは。ブランド古着のKLDです。

デザイナーの圧倒的な技術力と非常にこだわったもの作りで、熱狂的なファンを有するブランド、ARCHIVIO J.M.Ribot。

最低限の発信のみをおこない、ほとんどメディア露出しないことでも有名です。

今回は、

  • ARCHIVIO J.M.Ribotとは
  • デザイナー
  • ブランドの特徴
  • 人気アイテム
  • 買取について

という形でお話していきます。

ARCHIVIO J.M.Ribotが気になっている!という方はもちろん、ARCHIVIO J.M.Ribotの買取についてお話もしていきますので、既にアイテムをお持ちで売却をお考えの方にも、ぜひご覧いただきたい記事となっています。

ARCHIVIO J.M.Ribotとは


引用BORDEAUX

ARCHIVIO J.M.Ribot(アルキビオJ.M. リボット)はイタリア発のブランドで、イタリア人デザイナー、カリム・ファレスによって2016年よりスタートしました。

全体的にクラシカルな印象を与えるアイテムが多いですが、フォルムは現代的であり、そのアンバランスさがミステリアスな印象を作り出しています。

そして、ARCHIVIO J.M.Ribotはほとんど宣伝をしないことで知られています。

とはいえ、ARCHIVIO J.M.Ribotを知る一部のファッションマニアからは絶大な支持を得ており、生産数が少ない事もあって、ARCHIVIO J.M.Ribotのアイテムは入手が困難です。

ちなみに「J.Mリボット」とは実在する人物ではありません。

また、ブランド名の「アルキビオ」はアーカイブという意味で、ブランド名を直訳すると、「J.Mアボット氏の保存記録」という意味になります。

デザイナー


引用HUES ONLINE

デザイナーのカリム・ファレス氏はまだ30代と若手ですが、ARCHIVIO J.M.Ribotにおける狂気的とも呼べるこだわりによって、既にイタリアのファッション界で確固たる地位を築いています。

カリム氏はブランドを立ち上げる前、イタリアでは伝説となっているセレクトショップ、「デリエフェッティ」でバイヤーを務めていました。

カリスマ的セレクトショップのバイヤーを任されていたことから、カリム氏は当時すでに類い稀なファッションセンスを持っていた事が分かります。

カリム氏はアンティークの生地やボタンの収集が趣味であり、自分のブランドを立ち上げたら、それらを使って洋服を作ろうとアイデアを温めていたようです。

ARCHIVIO J.M.Ribotの特徴


引用HUES ONLINE

ファッションのカテゴリーには様々なものがありますが、ARCHIVIO J.M.Ribotは「アルチザンブランド」に属しているといえます。

アルチザンは「職人」という意味であり、アルチザン系ブランドは私達がよく知るファッションブランドとは別ベクトルの特徴を有しています。

ARCHIVIO J.M.Ribotも、このブランドならではの特徴が多く、それがブランドの魅力のひとつとなっています。

徹底的に宣伝を排除


引用HUES ONLINE

通常、ファッションブランドは顧客の購買意欲を高めるため、さまざまなメディアを用いてブランドイメージを宣伝します。

しかしARCHIVIO J.M.Ribotは、徹底的に宣伝を排除するブランドとして有名です。

展示会形式の新作発表はおこないますが、SNSもさりげないものだけを運営しており、大々的な発表などはおこないません。

インターネット社会の現代において、ネット通販による売り上げもブランドの大切な収益源ですが、ARCHIVIO J.M.Ribotはネット通販そのものを禁止しています。

また、ネット通販を禁止しているだけではなく、値段を公表する事も禁止、さらにはアイテムをピックアップして個別に詳細を説明する事も基本的には禁止しているブランドです。

ARCHIVIO J.M.Ribotのアイテムの値段を知るには、実際に店舗に足を運んで自分の目で確かめなければなりません。

そのため、余計な情報に惑わされる事なく、自分の目で見て自分の価値観で評価できるブランドだと言えるでしょう。

クラシックと現代的な要素の融合


引用HUES ONLINE

ARCHIVIO J.M.Ribotのアイテムは、カリム氏自身が収集したアンティーク生地やボタンを惜しげもなく使用し、作られています。
したがって、見た目はクラシックな雰囲気を漂わせるものが多いです。

しかし、シルエットは非常に現代的であり、着た人の身体に美しく沿うような作りになっています。

新品でありながら、古着のような佇まいのアイテムを発表するファッションブランドは多くありますが、それらは着た時のシルエットもクラシカルな雰囲気になるものがほとんどで、それがより古着っぽさを引き出しているのです。

ARCHIVIO J.M.Ribotは、実際にアンティーク生地を使用しているため、どのブランドよりも古着っぽい見た目なのにも関わらず、着用すると現代的な雰囲気を演出し、他のブランドでは感じられないようなミステリアスな印象を与えます。

アイテムはハンドメイドで制作


引用HUES ONLINE

個人収集のアンティーク生地を使ってアイテムを制作するため、元々大量生産はできませんが、ARCHIVIO J.M.Ribotではすべて職人の手作業によって作られています。

例えば、強度が必要なボタンホールもすべて職人の卓越した技術によって縫われており、ただただ驚くばかりです。

ちなみに、ARCHIVIO J.M.Ribotのアイテムにはすべて通常の商品表示のタグ以外にもタグが縫い付けられているのですが、そのタグには手書きで文章が書かれています。


手書きのタグの一例

文章の内容は使われている生地についてで、ファッションマニアからすれば、より特別感を感じられるポイントではないでしょうか。

服というよりも芸術作品の領域


引用HUES ONLINE

カリムがバイヤー時代に温めていた、「収集したアンティークを使って洋服を作る」という夢を体現したのがARCHIVIO J.M.Ribotです。

自らのイメージを最大限に表現するため、J.M.リボットという架空のキャラクターまで生み出すというこだわりも考慮すると、このブランドのアイテムは単なる衣服という枠を超えて、もはやカリム・ファレスという1人の芸術家が制作した作品と呼べる領域にまで達しています。

古着にも色々なスタイルがありますが、クラシカルで哀愁漂う古着が好きな人がARCHIVIO J.M.Ribotを手に取ったら、抜け出せなくなるような魅力を感じるでしょう。

定番・人気アイテム

ARCHIVIO J.M.Ribotのアイテム達を紹介します。
唯一無二の世界観を写真からでも感じ取れるのではないでしょうか。

シルクシャツ


引用HUES ONLINE

ARCHIVIO J.M.Ribotではヴィンテージのシルク生地を使用したシャツを度々制作しています。

ヴィンテージのシルク生地は非常に薄く、何も着ていないような錯覚を覚えるほどです。
そのため、極上の着心地を感じられるシャツとなっています。

写真のような花柄シャツはカジュアルな可愛らしい印象を与えることが多いですが、ARCHIVIO J.M.Ribotの花柄シャツは、ヴィンテージ生地の上品な佇まいによって、大人が着ても全く違和感ないアイテムです。

着用したときに体に沿うような美しいシルエットも非常に魅力的です。

こちらではシルクのシャツをご紹介しましたが、ヴィンテージのヴィスコース生地を使用した華やかなシャツなども展開しています。

ワイドパンツ


引用HUES ONLINE

このクロップド丈のワイドパンツは、イギリスのヘリンボーン生地を使用しています。

見た目はチノパンのようにカチッとした印象を与えますが、実際に着てみると非常に軽く、柔らかくてフワッとしています。

防寒性の高いボトムスではありますが、軽い仕上がりになっているので、春先や秋口でも着用できる一本です。

全体的にゆったりとした作りになっていますが、ベルトループが付いているため、ウエストを絞ることもできます。

ウエストを絞ってハイウエスト気味にはくのもよし、ウエストを緩めて腰ばきするもよしと、いろいろなはき方ができるアイテムです。

ハイウエストで履くのであれば、ショートブーツに合わせると、とてもかっこいいスタイルに仕上がります。

買取、中古相場について

ここまで、ARCHIVIO J.M.Ribotというブランドの魅力についてお話してきました。

ここでは、中古相場について少しだけお話していきます。

貴重なヴィンテージ生地を使用してアイテムを作っているブランドということで、中古市場でも人気が高く、高い金額で取引されているものが多く見受けられます。

前提として、ヴィンテージ感のあるアイテムが多いこともあり、中古市場での評価は発売からの年数に左右される事はありません。

ジャケットやアウター類はもちろん、パンツや、丁寧な刺繍を施したシャツなどは同じように高評価されており、高い金額で取引されているのが見受けられます。

もちろんKLDでも強気のお見積りが可能なブランドです。

「売ろうかな…?」と少しでもお考えのお品物がございましたらぜひお気軽にご相談ください。

ものを送る前に金額がわかる、LINE事前査定もおすすめです。

かんたんLINE査定をしてみる

ここまで読んでくださった方へ

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

まだ歴史が浅いブランドながら、圧倒的な魅力を持つ、ARCHIVIO J.M.Ribot。

KLDでもARCHIVIO J.M.Ribotのお買取を強化しています。

アルチザンブランドの査定を得意とするスタッフの在籍により、高い精度での強気のお値付けが可能です。

宅配買取というと、
「時間かかるんじゃないの?」「面倒臭そう…」「配送料の分、買取金額を安くされそう…」
という不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

実はそんなことも無いんです。

KLDでは、取り扱いブランドをある程度絞ることにより、高い水準のお買取金額を維持。

もちろん送料、キャンセル料なども無料です!

今すぐお申し込みしてみる

LINE査定も出来ますので、もし気になるアイテムがございましたらお気軽にお声かけ下さい!

LINE査定についての詳細はこちらからご覧ください!

【かんたんLINE査定】品物を送る必要なし!すぐに査定額がわかる簡単サービスをご案内【古着買取】

宅配買取をご利用の際に、「送ってみて金額が安かったら、キャンセルにも手間がかかる...

【かんたんLINE査定】品物を送る必要なし!すぐに査定額がわかる簡単サービスをご案内【古着買取】

\ご登録はこちらからどうぞ/

かんたんLINE査定をしてみる

ありがとうございました!

KLDの販売ページはこちら

こちらのページでKLDの商品を販売しています。

関連記事

こちらの記事もぜひご覧ください!

Marmotってどんなブランド?|マーモット

引用instagram@marmot こんにちは。ブランド古着のKLDです。 ...

Marmotってどんなブランド?|マーモット

MILLETってどんなブランド?|ミレー

引用 instagram@millet_jp こんにちは。ブランド古着のKLD...

MILLETってどんなブランド?|ミレー

山と道の創業者、夏目夫妻ってどんな人たち?

引用yamatomichi.com こんにちは。ブランド古着専門店のKLDです...

山と道の創業者、夏目夫妻ってどんな人たち?

Recommend関連する記事

Purchased clothing results

関連する買取実績