【ベイクルーズ系】ドゥーズィエムクラスとミューズはどう違う?5つの系列ブランド比較と中古相場

こんにちは。ブランド古着買取専門店KLDです。

KLDでもとても人気のあるブランド、ドゥーズィエムクラス。
他記事でもご紹介のとおり、芯の通ったコンセプトと、上質でコストパフォーマンスの良いアイテム展開で幅広い女性ユーザーに愛されるブランドです。

ドゥーズィエムクラスについてはこちらの記事もご覧ください。

ドゥーズィエムクラスには、実はそこから派生した「MUSE de Deuxieme Classe」(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス)や、近いコンセプトのブランド「L’Appartement」(アパルトモン)や「AP STUDIO」(エーピーストゥディオ)などが存在します。

今回は、それぞれのブランドがどう違うのか?や、どのブランドを見れば好みのものに出会えるのか?などを解説したいと思います。

「実際にいくらで売れるのか?」などの中古相場などについてもご紹介しますので、ぜひご参考にされてみてください!

今回は、

  • ドゥーズィエムクラス周辺にはどんなブランドがあって、どんな魅力があるのか
  • それぞれのブランドは古着市場でどんな評価をされているのか
  • 実際にいくらで買取できるのか?

を解説していきます。

また、私たちKLDでも、これらのブランドはかなり買取強化をしているブランドですので、その理由や高価買取事例も併せてお伝えしていきます。

ドゥーズィエムクラス周辺のブランドの特徴と市場価値

ドゥーズィエムクラス周辺のブランドにはどんなものがある?

まず、ドゥーズィエムクラスを運営する株式会社ラクラスという企業は、株式会社ベイクルーズという企業のグループ会社となっています。

ベイクルーズはファッションだけではなく、インテリアや飲食業なども展開しており、グループで見ればかなり大きな企業です。
ベイクルーズについて書いた記事もこちらにありますのでぜひご覧ください。

グループ企業なども含めると、数多くのブランドが存在しており、どのブランドを選べば好みのものに出会えるのか?などに迷う方もいらっしゃると思います。

今回は、ドゥーズィエムクラスがお好みの方であればきっと気に入る、系統の似ている系列ブランドをご紹介しようと思います。

  1. Deuxieme Classe(ドゥーズィエムクラス)
  2. MUSE de Deuxieme Classe(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス)
  3. EVERYDAY I LIKE(エブリデイアイライク)
  4. L’Appartement(アパルトモン)
  5. AP STUDIO(エーピーストゥディオ)

Deuxieme Classe(ドゥーズィエムクラス)


引用元:https://wear.jp/item/17324856/

まずは定番のドゥーズィエムクラス。
こちらはベイクルーズのグループ会社、ラクラスが運営しています。

一番の特徴は、程度にトレンドを取り入れ、こなれたデザイン。
「大人が着てもさまになる」ように、生地などにもこだわって作っており、長く愛用出来るアイテムを多数展開しています。

デザインは「スタイリングありき」という要素を重視しており、コーディネートの組みやすさも人気の秘訣となっています。

セレクトショップのオリジナル商品というと、デザインすら外注して作っている所が多い中、ドゥーズィエムクラスは社内に金川博子氏をはじめとするデザインチームがあり、しっかりとこだわった、ドゥーズィエムクラスでしか手に入らないオリジナルのアイテム展開をしています。

ブランドの指針は「for beautiful woman」。
女性を美しくしたいというブレないテーマのもと、ミューズ(”女神”の意。ブランドを着こなす一人の女性を想定し、彼女が着るものを作る、という仮想のモデルのようなもの)を設定してデザインをしているそうです。

それによってデザインにブレがなくなり、一貫して人気のある「外さない」アイテム展開を続けています。
印象としてはこれからご紹介する5ブランドのうちで最もベーシック、肩の力を適度に抜いた女性の日常のためのワードローブといった印象です。

MUSE de Deuxieme Classe(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス)


引用元:https://baycrews.jp/feature/detail/1000

2020年、ドゥーズィエムクラスから派生して分岐したライン。

以前から「MUSE」の名前を冠したラインは存在しましたが、2020年より正式にコンセプトを分け、分離しました。

本家ドゥーズィエムクラスよりもやや対象とする年齢層を高めに設定。

ドゥーズィエムクラスではコンサバティブな要素をやや多めに盛り込んでいるところを、
担当者の「子どもが小さいころは幼稚園や小学校のお迎えなどでコンサバな要素も必要で、そういったファッションを楽しんでいた。でも40代後半以降になってくると、再びもっと遊び心のあるファッションを楽しみたいという気持ちになった」という経験をきっかけとして、正式に別ラインとして展開する事になったようです。

ラインナップも「大人の冒険心」といえるような、遊び心のある展開。

ヴィンテージのような雰囲気のカレッジTシャツやスウェットのようなラフなアイテムと、セレクトした50万円ほどもするゴールドのネックレスなどが同じ陳列をされているなど、「大人向け」だからこその提案もされています。

「グレーヘアをリーゼントにするような、パワフルで茶目っ気のあるファッションを大人の女性向けに発信していく」とのこと。

MUSEのコンセプトストアは「気ままに好きなものを集めた部屋に行き、そこで宝探しをするような感覚」をテーマに、空間づくりにも非常にこだわって作りこまれています。

デザインとしては、ドゥーズィエムクラスから分離する前のMUSEはどちらかというと甘い雰囲気でフェミニンな印象がありましたが、今はハンサムな大人向けのブランドという感じで格好いい印象を打ち出しています。

EVERYDAY I LIKE(エブリデイアイライク)


引用元:https://baycrews.jp/feature/detail/830

独立したブランドというよりは、ドゥーズィエムクラスの中のラインとして展開しているブランド。
毎日着たくなる、それでいて品よくまとまるというコンセプトで、肩の力を抜いてデイリーに使えるアイテムを展開しています。

アイテム展開は、定番のカットソーを展開したり、よりシンプルなアイテムが多いイメージ。
ブランドタグも白い生地に「EVERYDAY I LIKE」とだけ刺繍された潔いものになっています。

シンプルなものを基調としながらも、ハーベイ・ボール・ワールド・スマイル財団のスマイルマークをデザインしたアイテムや、アパレルブランド「SKIN」とのコラボなども展開しており、エコバッグなどの取り入れやすいアイテムのリリースによって遊び心のあるアイテムを、気軽に買えるという一面もあるラインです。


SKINとのコラボエコバッグ 引用元:https://baycrews.jp/blog/detail/3128360


スマイルをあしらったエコバッグ 引用元:https://baycrews.jp/blog/detail/3107513

デザインの印象としては、ドゥーズィエムクラスの提案する日常着からよりカジュアルになった雰囲気を感じます。
パンツスタイルにシンプルなカットソーで毎日上手に着まわすような、颯爽とした女性のイメージといえるかもしれません。

L’Appartement(アパルトモン)


引用元:https://baycrews.jp/feature/detail/947

こちらも元はドゥーズィエムクラスから派生したブランドです。

「”timeless”をキーワードに本物を知る大人が楽しむセレクトショップ」をテーマに展開しています。

ショップのコンセプトは「フランスのアパート」。
アパルトモンはそのコンセプトの通り、フランス語でアパートを意味しています。

本家ドゥーズィエムクラスよりもややハイカジュアルな印象で、セレクトのデニムを常時3~5ブランド揃えるなど、さっぱりとした雰囲気のアイテムをさりげなくハンサムに着こなす女性像が浮かんでくるようなアイテム展開になっています。

デザインの印象としては、こちらもカジュアルでパンツスタイルの似合う女性のイメージですが、EVERYDAY I LIKEよりもやや上質で高級感のある印象です。

AP STUDIO(エーピーストゥディオ)


引用元:https://baycrews.jp/feature/detail/1903

こちらはアパルトモンから更に派生したブランドです。
フェミニンな雰囲気よりも、もっとヘルシーな女性らしさを追求することをテーマにしています。

キーワードは「ナチュラル」「モダン」「ミニマル」「モード」の4つ。

こちらはあまり年齢的なターゲットを設けず、自分らしく服を着こなす幅広い年代の女性に向けて商品展開をしているそうです。

店舗のイメージはブランド名の通り「スタジオ」を意識したつくりになっています。
撮影機材などが置かれており、なかなか雰囲気のある様子。

シーズンにもよると思いますが、現在セレクトとオリジナルの割合は半分ずつくらいだそうです。
オリジナルアイテムの展開に今後も目が離せそうにありませんね。

デザインのイメージは、キーワードに「モード」や「モダン」が入っているだけあって、キリっとやや辛口でクールな印象。
あまり甘くてフェミニンなものが好きではない…という方にはこちらがおすすめといえます。

ニットから見るそれぞれの違いと中古相場

上述のように、ドゥーズィエムクラス周辺のブランドは、はっきりとコンセプトを分けて展開しています。

ここからは、各ブランドの違いが最も分かりやすいニットを比べながら、それぞれのブランドの特徴と中古相場についてもお話ししていきたいと思います。

各アイテムに添えている中古市場での取引額は、KLDで査定をした場合でもほぼ同等の販売予定額でのお値付けが可能ですのでぜひご参考にされてみてください。

  1. ドゥーズィエムクラス:FF grace クルーネックカーディガン
  2. ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス:Journey リブ Vネック プルオーバー
  3. エブリデイアイライク:EVERYDAY クルーネックニット
  4. アパルトモン:THERMAL KNIT
  5. エーピーステュディオ:SESIAクルーネックプルオーバー

ドゥーズィエムクラス:FF grace クルーネックカーディガン


引用元:https://baycrews.jp/item/detail/deuxiemeclasse/knit/19080500801030

ドゥーズィエムクラスの定番アイテム、金のボタンが印象的なクルーネックカーディガンです。

こちらはシーズンごとにマイナーチェンジを繰り返してはいますが不動の定番アイテムで、ゴールドのボタンが上品な印象です。

「肩の力を抜いて着られる女性のためのワードローブ」にふさわしく、オンでもオフでも使えそうな汎用性の高さがポイントで、非常にドゥーズィエムクラスらしいアイテムといえるでしょう。

中古市場でも評価は高く、定番アイテムということで多少年式が落ちても大きく買取金額が下がることはありません。
状態や使用している素材にもよりますが¥5,000前後~¥36,000ほどの金額で取引されており、KLDでも同様のお値付けが可能です。

ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス:Journey リブ Vネック プルオーバー


引用元:https://baycrews.jp/item/detail/muse/knit/20080520403030?q_sclrcd=027

ミューズのシンプルなニットプルオーバー。

ミューズのアイテムは、ブランドタグの代わりにゴールドのプレートが付されており、そこに「MUSE」と刻まれています。

ブランドタグ代わりのゴールドプレート

こちらのニットはデザインもシンプルで、ミューズの全体の傾向としては、緩めのシルエットをパンツスタイルで引き締めて着るのが似合いそうなアイテムが多いです。
襟元もVネックで開いていますが、あくまでヘルシーな肌見せになるよう、絶妙なカッティングで調整されています。

こちらは状態などにもよりますが、KLDでは¥5,000~¥20,000ほどまでの再販予定価格でお値付けが可能です。

エブリデイアイライク:EVERYDAY クルーネックニット


引用元:https://baycrews.jp/item/detail/deuxiemeclasse/knit/19080500801030

ミューズのニットよりもよりゆったりとしたシルエットで、ウエストにはインせずラフに着るのが似合いそうなアイテム。
パンツだけではなく長めのスカートにも合いそうで正に毎日着ても飽きずに色々な着こなしが楽しめそうな一着。

エブリデイアイライクは「毎日着たくなる」というコンセプトのとおり、着回しのきくシンプルなアイテムが多い印象です。

こちらのニットでいえば、¥15,000~¥25,000ほどの再販予定価格でのお値付けが可能なアイテムとなっています。

アパルトモン:THERMAL KNIT


引用元:https://baycrews.jp/item/detail/lappartement/knit/20080560002710

ハイカジュアルな雰囲気のアイテムが多いアパルトモンらしいサーマルのニットです。

サーマル素材とは、元々はアウトドアやミリタリー用のインナーとして使われていたアイテム。
それをアパルトモン流に上品なカジュアルに落とし込んでいます。

ゆったりとした肩が落ちるシルエットで、サーマルの持つミリタリーテイストと女性らしさが絶妙なバランス感になっており、コーディネートに良いアクセントが生まれる一着です。

アパルトモンはこのようなカジュアルな路線ながらも上品で大人に似合うアイテムを多く展開しています。

こちらのアイテムでいえば、¥8,000~¥30,000前後の金額で取引されており、KLDでも同等の販売予定価格でお買取りが可能です。

エーピーステュディオ:SESIAクルーネックプルオーバー


引用元:https://baycrews.jp/item/detail/apstudio/knit/20080586322030

エーピーステュディオらしいモード感のあるニット。
糸はモヘヤの最高級グレードであるSuper Kid Mohairを使用したイタリアメーカーの糸を使用しています。

モヘヤのふわふわ感と程よいシアー感がポイントで、透けるインナーの形によって印象を変えられそうな一着です。

エーピーステュディオはこのようにどこかモードっぽく、格好いいキリっとしたデザインのアイテムを多く展開しています。

こちらのニットは、¥5,000前後~¥12,000ほどの販売予定価格でお値付けが可能となっております。

ブランド古着買取専門店KLDでは、ドゥーズィエムクラス系列のブランドを高価買取しています

ここまでお話ししてきたようにドゥーズィエムクラスの系列には魅力的なブランドが多数あり、お好みによって各ブランドを選べるところが人気の秘訣となっています。

KLDではこのドゥーズィエムクラス系列のブランドの買取に力を入れています!

ここからは、ドゥーズィエムクラス系列のブランドを私たちが高く評価する理由と、実際の査定額を紹介していきます。

KLDがドゥーズィエムクラス系列のブランドを高価買取できる理由

KLDではこれらの中古市場での評価に関する知識、内タグから見極めた正しい年式やシーズンの情報などに沿って買取の評価を行っています。

また、レディースアイテムのトレンドに敏感なスタッフが、そのブランドのユーザーに売れやすいもの、そうでないものなどを判断して的確なお値付けをしています。

これは小さな会社だからこそ可能なことですが、ぜひ当店のお買取りを一度お試しいただければと思います。

場所も選ばず、しっかり理由を添えた価格提示で、安心と信頼の高価買取を実現しています。

以下のボタンでLINEを追加していただければ、簡単にオンラインで無料査定もご利用いただけますので、お気軽にご連絡ください。

LINEを登録して簡単に無料査定をする

また、こちらの記事でもKLDが高価買取ができる理由を説明しています。
KLDがブランド服を高価買取できる理由

買取事例

ここからは、実際のドゥーズィエムクラス系列の買取事例の一部をご紹介いたします。
その他のドゥーズィエムクラスのお買取りについては、こちらからもご覧いただけます!

アパルトモン:カシミヤ100% Vネックニット

サイズ:-
シーズン:2019AW
状態評価:目立ったダメージや極端な使用感は感じられず、問題なくお使いいただける状態(多少のスレあり、品質表示タグ切れ)
予定販売価格:¥14,900
買取価格:¥8,500

上質なカシミヤを100%使用したVネックニット。
お売りいただいた時点で比較的新しいシーズンだったことと、人気のお品物であったことから、多少使用感がありましたが、強気でお値付けさせていただきました。

エブリデイアイライク:フラノ裾スリットテーパードパンツ

サイズ:34
状態評価: 着用感のあまり感じられない美品中古。
予定販売価格:¥9,900
買取価格:¥7,000

裾部分のスリットがこなれた印象のテーパードパンツ。
ほぼ着用感のない美品でしたので、出来るだけ高い金額になるようにとお値付けさせていただきました。

ミューズ:JADE タートルネックプルオーバー

サイズ:F
状態評価:着用感のあまり感じられない美品中古。
予定販売価格:¥22,900
買取価格:¥13,740

カシミヤ混紡で手触りのいいニットセーター。
美品であった事と、こういったベーシックなニットは人気が高いということで強気にお値付けさせていただきました。

関連記事

こちらからもベイクルーズ系列、ドゥーズィエムクラスに関する記事をご覧いただけます。


なぜドゥーズィエムクラスは高いのか?|Deuxieme Classe

こんにちは!ブランド古着買取専門店KLDです。 ほどよいトレンド感で、上質...

なぜドゥーズィエムクラスは高いのか?|Deuxieme Classe

イエナ系列、4つのブランドラインの違いを徹底解剖【IENA?SLOBE?】

こんにちは!ブランド古着買取専門店KLDです。 トレンドを適度に取り入れな...

イエナ系列、4つのブランドラインの違いを徹底解剖【IENA?SLOBE?】

ドゥーズィエムクラスを高価買取してもらうには?定番人気アイテム4選と中古相場を古着屋が教えます!

こんにちは。ブランド古着買取専門店KLDです。 数あるレディースブランドの中で...

ドゥーズィエムクラスを高価買取してもらうには?定番人気アイテム4選と中古相場を古着屋が教えます!

ここまで読んでくださった方へ

ここまで読んでくださって、ありがとうございます!

ドゥーズィエムクラスの公式サイトはこちらです。
メニューから他の系列ブランドについても見る事が出来ます。

もしかしたら、ここまで読んでくださった方の中には、

  • 手元にあるドゥーズィエムクラス系列の服は売りたいけど、他の服もあるし実際どこに頼むのが良いかわからない
  • できるだけ高く買ってもらいたいけど、ちゃんと納得できる価格で買ってもらいたい

というお悩みをお抱えの方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方におすすめなのが、ブランド古着買取専門KLDのオンライン無料査定です!

下のボタンからLINEを登録しただき、お手元のお洋服の画像をお送りいただければ、査定のプロがおおよその買取価格をお伝えします!

KLDでは、お取り扱いをするブランドを限定し、服を売りたい方へも価値をしっかり還元することができる仕組みになっております。

「他社と比べて最大で3倍の価格を提示してくれました!査定内容も具体的に文章にて説明して頂いたので、納得した上で取引する事ができました。」

「査定をはじめ、迅速かつ丁寧に対応いただき満足しています。これまで利用させていただいた買取業者さんの中で、全ての点で最もよかったです。」

「急いでないけどできるだけ高く評価してほしい、という人には魅力的なサービス!」

などなど、多くのお客様からご満足いただける査定を行っておりますので、まずは、LINEでお気軽にご相談ください!

無料査定についての詳細はこちらからご覧ください!

LINEを登録して簡単に無料査定をする

Recommend関連する記事

Purchased clothing results

関連する買取実績