YLEVEってどんなブランド?|女性を綺麗に見せる、ミリ単位で作るシルエット|イレーヴ


YLEVE 公式Instagramより引用 yleve_official

こんにちは。
ブランド古着のKLDです。

幅広い年齢層の女性に支持されている、「着映え」すると話題のブランド、YLEVE(イレーヴ)。

大人の女性が着ても綺麗に見える上質な生地感と、計算し尽くされたシルエットで熱い視線を集めるブランドの一つとなっています。

今回は、そんなYLEVEについて、

  • YLEVEってどんなブランド?
  • デザイナーについて
  • YLEVEの特徴
  • 中古相場について

という形でお話していきたいと思います。

これから購入をお考えの方はもちろん、ブランド古着店の視点から中古相場についてもお話していきますので、既にYLEVEのアイテムをお持ちで、売却をお考えの方にもぜひお読みいただきたい記事になっています。

YLEVE(イレーヴ)とは


YLEVE 公式Instagramより引用 yleve_official

YLEVEは、デザイナーの田口令子さんが2018年春夏よりスタートしたブランドです。

運営会社は、「MARGARET HOWELL」や、「MHL.」「SUNSPEL」を運営する、株式会社TSI(令和3年にアングローバルより社名変更)。

服の基本を大切に、素材の質感やシルエット、仕立てにこだわった洋服を展開しています。

素材はオリジナルやインポートを中心に使用しており、体の曲線を意識した立体的なパターンが特徴。

メインの価格帯は、シャツ、ニット、ボトムスが2万円台前半〜、アウターやジャケットが5万円台前半〜となっています。

また、YLEVEは以下の4つのカテゴリーで展開されています。

  • シンプルだからこそクオリティーにこだわった「AUTHENTIC BASIC」
  • ミリタリーやワークのルーツを紐解きながらデザインした「TRADITIONAL WORK」
  • テーラーリング技術に基づくジャケットや、トラウザーズなどの「TAILORLING」
  • 素材やシルエットの変化で今の気分を表現、トレンド感のやや強い「SEASON ITEM」

カテゴリーを分ける事によってブランドとして芯のあるデザインを展開でき、ブレる事なくブランドの世界観を表現しています。

2022年春夏シーズンからはメンズラインも始動。
今後ますます注目度が高まっていくことが予想されるブランドです。

デザイナー


引用 oggi.jp

YLEVEのデザイナーは、田口令子さん。

セレクトショップのデザイナーを経て、2018年からYLEVEをスタート。
服の基本を大切に、素材やシルエット、仕立てにこだわった服作りを信条としています。

トラディショナルなアイテムを扱っていたセレクトショップ時代には、Tシャツのような日常着から、カジュアルなワークウェア、フォーマルなウェディングドレスまで、さまざまなジャンルの服作りのルーツに触れてきたそうです。

しかしそんな中、フォーマルウェアなどの力作は手元にほとんど残っていないことに気がつきました。

「きちんと作られていて、かつ今の自分や時代に合うベーシックなアイテムはどこで買えばいいのだろう」そんな想いから、YLEVEを立ち上げることに。

YLEVEの4つのカテゴリーのうち、「AUTHENTIC BASIC」「TRADITIONAL WORK」「TAILORLING」はセレクトショップ時代の経験から、「SEASON ITEM」は田口さんの想いを表現していることが読み取れます。

シルエットへのこだわり

ここからは、YLEVEというブランドの最大の魅力ともいえる、「シルエットの美しさ」についてお話したいと思います。

ミリ単位でこだわり抜いて作られた美しいシルエットは、あらゆる女性を綺麗に見せてくれる秘密が隠されています。

ほんの一部にはなりますが、YLEVEのこだわりの一端をお見せできればと思います。

コート


引用 the-lib.jp

1つめは、こちらのモッズコート。

モッズコートといえば、ロング丈を想像する方も多いかもしれませんが、こちらはミディアム丈。袖や裾に余裕のあるオーバーサイズのシルエットです。

オーバーサイズのコートだと、肩回りや身幅が大きすぎて、メンズライクな印象が強くなってしまうことも。
しかし、このコートはYLEVEらしい、大人の女性も着こなせるデザインになっています。

例えば袖の部分ですが、肘のあたりにタックが入っています。
ただボリュームを出すだけではなく、広がりながらも身体に合ったデザインに。
また、写真を見ると、首から肩のラインがきれいに身体に沿っています。

シルエットにこだわって作られた、YLEVEらしいコートですね。

デニムパンツ


引用 the-lib.jp

2つめはデニムパンツです。

YLEVEのデニムは形が複数ありますが、細身のタイプでも、身体のラインを拾いすぎないデザインになっています。

今回注目したのは、その中でもゆったりしたシルエットの、ハイウエストワイドタイプです。

このデニムは、ウエストからミドルヒップのスッキリ感と、わたりから裾の太いシルエットが特徴。

ただワイドなシルエットになっているのではなく、ウエストの身体に沿う部分をしっかりと作ることで、女性らしいメリハリが出ているところがポイントです。

こういったレディースブランドには少し珍しいシンチバックを取り入れている点は、服のルーツを学んできた田口さんのこだわりかもしれませんね。

個人的には、シンチバックがあることで目線が上がるので、スタイルアップ効果があるように感じます。

スカート


引用 the-lib.jp

最後はスカートを紹介します。

一見なにも特徴のないデザインのように見えますが、フロント部分に少しボリュームをもたせてあります。
それによって動きができ、程よく広がるきれいなシルエットに。

サイドやバックにポケットがありますが、どちらもスカートの形を崩さない作りになっています。

そして特筆すべきは、その素材です。

このスカートには、エジプトの超長綿フィンクスを使用。
織ることで、シルクのような光沢や、カシミアのような優しい肌触りとなる特徴があります。
また、洗うほどに着る人の身体に馴染んでゆくという、レザーのような素材でもあるそうです。

このスカートもYLEVEらしい、シンプルな中にシルエットへのこだわりが見えるアイテムといえるでしょう。

生地へのこだわり

前項でも少し触れましたが、YLEVEのこだわりはシルエットだけにとどまりません。

美しいシルエットを生かすために上質な素材は必須です。
YLEVEとしても、もちろん生地にも強くこだわり、大人の女性が着てもさまになる上質なアイテムを多く作っています。

ここではそんなYLEVEのアイテムに使われている、生地の一部をご紹介したいと思います。

PAPER TAFFETA(ペーパータフタ)


引用 yleve.jp

シワ感のある、その名の通り紙のような質感のある生地。

形状記憶の原料に特殊な加工を加えているそうで、マットで独特な「くしゃっと感」のある質感は唯一無二の雰囲気があります。

現在はコートなどに使われており、春先のアウターとして羽織るくらいにはちょうど良い防寒性もそなえられ、汎用性の高そうな素材感です。

こちらに似た素材に、「COTTON TAFFETA」があり、シワ感が少し控えめで撥水性があり、こちらもアウター類に重用されるなど汎用性の高い生地となっています。

RAW SILK NEP CANVAS(ロウシルクキャンバス)


引用 yleve.jp


引用 urban-research.jp

「RAW(加工していない、生のまま)」という名前のとおり、ワイルドな雰囲気のあるシルク素材を織り込んだキャンバス生地。

キャンバス(帆布)生地というだけあって、厚みのあるしっかりとした生地感で、YLEVEではパンツなどに使われています。

ポコポコとしたネップ感のある生地で、ナチュラル感があり、ちょうど良い抜け感があります。

綺麗めな印象のパンツも、この生地で作れば程よくリラックスした雰囲気に。
スカートなどの展開もある人気の生地です。

CHINO PLEATS(チノプリーツ)


引用 yleve.jp


引用 beans1989.com

プリーツスカートの流行で、街中でも多くのプリーツスカートを見かけることがありますが、ポリエステルなどの薄めの生地や、透け感のあるもので作られたものが主流かと思います。

しかし、YLEVEのプリーツスカートは一味違い、チノパンなどに使用されるチノ素材をていねいにプリーツに仕上げています。

しっかりしたチノ生地が細かいプリーツになっており、立体的なフォルムに。
生地はポリエステルとコットンを混紡したものを使用しており、適度なしなやかさがあります。

多く出回っているプリーツスカートよりも適度にカジュアルな雰囲気があり、YLEVEならではのデザインの妙があじわえる素材となっています。

YLEVEの中古市場での評価

ここまでYLEVEというブランドの魅力を解説してきましたが、「中古で売る時どれくらいで売れるの?」という点も気になるところかと思います。

YLEVEの中古市場での評価は、おおむね高いものとなっています。

こういったレディースブランドの宿命ともいえることなのですが、発売より年数の経ったものは再販価格が落ちていくという傾向があります。

また、肌に近いものほど売れにくくなるという部分もあるため、コートなどのアウター類よりもカットソーやシャツなどの再販には注意が必要。
日頃からクリーニングなどでできる限り綺麗に保っておくようにケアするのがおすすめです。

YLEVEはその点を守って中古市場に出せば、高い価格で再販が可能といえます。

アイテムとしては、ベーシックで長く使えるコート、ジャケット類などはやはり中古市場でも高く取引されており、KLDでも安定して強気のお値付けが可能です。

関連記事

こちらの記事もぜひご覧ください!

ベイクルーズ系ブランド、対象年齢層は何歳?【IENA、JOURNAL STANDARD、NOBLE…】

こんにちは。ブランド古着のKLDです。 IENA(イエナ)、Deuxiem...

ベイクルーズ系ブランド、対象年齢層は何歳?【IENA、JOURNAL STANDARD、NOBLE…】

【ベイクルーズ系】ドゥーズィエムクラスとミューズはどう違う?5つの系列ブランド比較と中古相場

こんにちは。ブランド古着買取専門店KLDです。 KLDでもとても人気のある...

【ベイクルーズ系】ドゥーズィエムクラスとミューズはどう違う?5つの系列ブランド比較と中古相場

イエナ系列、4つのブランドラインの違いを徹底解剖【IENA?SLOBE?】

こんにちは!ブランド古着買取専門店KLDです。 トレンドを適度に取り入れな...

イエナ系列、4つのブランドラインの違いを徹底解剖【IENA?SLOBE?】

KLDの販売ページはこちら

以下のモールでKLDの商品を販売しています。
ぜひご覧ください!(販売内容はどのモールも同じです。)

KLDヤフーショッピング店

KLD楽天店

KLDヤフーオークション店

ここまで読んでくださった方へ

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

身に着ける人のことを一番に考えた、美しいアイテムを作り続けるブランド、YLEVE。

少しでもどのようなブランドなのか?がわかる記事になっていれば幸いです。

KLDでは、YLEVEのお取り扱いを強化しております。

LINE査定も出来ますので、もし気になるアイテムがございましたらお気軽にお声かけ下さい!

無料査定についての詳細はこちらからご覧ください!

LINEで簡単に無料査定をする

ありがとうございました!

Recommend関連する記事

Purchased clothing results

関連する買取実績