【2021下半期〜2022春】sacai 、阿部千登勢 最新コラボブランド特集|サカイ

こんにちは、ブランド古着のKLDです。

1999年のブランド設立以降、日本のファッションブランドの最前線を走り続けるブランド、sacai(サカイ)。

メインラインはもちろん、様々なブランドとのコラボレーションによって、幅広い層のファンも魅了しています。

今回は、そんなsacaiのコラボレーションの中から、2011年下半期から2022年上半期までのコラボレーションをご紹介していきたいと思います。

  • sacaiのコラボってよく聞くけどどんなブランドとしてるの?
  • sacaiのコラボ多すぎ!最近のだけ教えて!

とお思いの方はぜひご覧ください!

2021年下半期より前に発表されたコラボについてはこちらの記事もご覧ください。

あのブランドとも?sacaiとコラボしたブランド、アーティスト特集|サカイ

こんにちは。ブランド古着のKLDです。 今や世界的に高い評価を得ている日本...

あのブランドとも?sacaiとコラボしたブランド、アーティスト特集|サカイ

2021年下半期のコラボレーション

まずは2021年下半期以降に発表されたコラボをご紹介します!

×GEORGE COX(ジョージコックス)

レディースのためのHamilton
レディースのためのHamilton。正統派パンクスの貴女にぜひ。

メンズ、コインローファー
メンズ、コインローファー。今回のコラボの中では落ち着いたデザインですがダブルソールの主張は強め。
引用 liveinrugged.com

ロンドンパンクスの足元といえばラバーソール。
GEORGE COXはそのラバーソールのシューズを作るブランドとして、世界中で広く知られています。

そんなGEORGE COXとsacaiのコラボレーションが2021年8月に発表されました。

GEORGE COXは、イギリスで1906年に創業されたシューズブランドです。

長い歴史の中で、70年代にヴィヴィアンウエストウッドが運営するショップでGEORGE COXのラバーソールを販売、その後セックス・ピストルズやクラッシュなどのカリスマがラバーソールを履き、パンクスたちの象徴のような存在になりました。

その後、ロンドンのパンクスたちだけではなく、ロカビリーブームの頃も若者たちに愛され、ブランドとしても常に最先端の表現を続けることで現在まで変わらず愛される、伝説的なブランドとなっています。

そんなGEORGE COXとsacaiのコラボレーションは、レディース、メンズ共に2モデルずつが用意されました。

GEORGE COXを代表するモデルを中心に、ダブルソールを合わせてボリュームを出したデザインとなっており、sacaiの服にもばっちり合いそうなインパクトのある仕上がりに。

メンズは、Gibson(ギブソン)にダブルソールを合わせたモデルと、同じくダブルソールでインパクト大のコインローファー。
レディースは、同じくGibson(ギブソン)にダブルソールを合わせたモデルと、Hamilton(ハミルトン)を元にしたモデルを展開しました。

×fragment design(フラグメントデザイン)、CLOT(クロット)、UNDERCOVER(アンダーカバー)

NIKEとのトリプルネームコラボ
引用 fashionsnap.com

元々NIKEとsacaiのコラボレーションとして展開しているスニーカー、「LD ワッフル」。
現在はすでにアイコン的な存在として愛されているおなじみのアイテムです。

そんなLD ワッフルに、fragment design(フラグメントデザイン)、CLOT(クロット)、UNDERCOVER(アンダーカバー)の3ブランドがそれぞれコラボレーションするというなんとも豪華なこのコラボレーション。

sacai、NIKEとそれぞれのブランドの個性が混ざり合った、いわばトリプルネームのような企画ですが、どのブランドもうまく自分達の色を発揮した展開となっています。

それぞれブランドを象徴するカラーやロゴ遣いでスペシャルな装いに。
「LD ワッフル」というアイテムの軸がしっかりしているからこそ、そこに各ブランドの個性がうまく溶け合っているといえます。

fragment designからは2色、CLOTからも2色、UNDERCOVERからは3色の展開でリリース。
好きなブランドの好みのカラーを選べる豊富な展開となっています。

fragment designとのコラボ
fragment designとのコラボ。 引用 nike.com

×DIOR(ディオール)

×DIOR

×DIOR
引用 fashionsnap.com

ひときわ話題になった記憶のあるこのコラボレーション。

世界的に著名なラグジュアリーブランドであるDIORとsacaiのコラボレーションは、双方のディレクター/デザイナーであるキム・ジョーンズと阿部千登勢の対話から生まれたそうです。

カプセルコレクションとして企画されたこのコラボは、メンズアイテムとしての展開となっていました。

アイテムのラインナップは、背中に大きくコラボレーション用スペシャルロゴを刺繍したボンバージャケットや、sacaiらしいパターンの切り替えが魅力のテーラードジャケット、Tシャツ、ブーツ、ショルダーストラップの着いたトートバッグ…など、カプセルコレクションながら非常に豊富な展開となっていました。

ボンバージャケット
背中にスペシャルなロゴを配置したボンバージャケット 引用 fashionsnap.com

ブレスレット
真鍮とレジンパールのブレスレット 引用 dior.com

メンズアイテムとして展開されていますが、ジュエリーなど、女性も使えそうなアイテムが多くあるのも特徴です。

特に今回のコラボレーション用にデザインされた、ディオールのロゴの中にsacaiの文字が配置されたスペシャルロゴが配されたアイテムはファンならずとも手に入れたくなってしまうのではないでしょうか。

2011年クリスマスシーズンのコラボレーション

2011年クリスマス、sacaiはプレゼントにも最適な数々のアイテムを、2つのブランドとのコラボレーションで展開しました。

×PORTER(ポーター)

×PORTER
引用 fashion-press.net

鞄メーカーとして日本を代表するブランドの一つ、PORTER。

sacaiとPORTERのコラボレーションは今回が初めてではありませんが、このクリスマスシーズンに向けて特別なバックパック、トートバッグを展開していました。

PORTERのタンカーシリーズのような、光沢感のあるナイロン地を基調とし、ヘルメットバッグをアレンジして作った2種類のバッグ。

sacaiらしいエッセンスとして一部に違う色の生地を使用したり、パターンを変則的にするなど、両ブランドの良さが存分に感じられる仕上がりになっています。

カーキとシルバーの2種類で、どちらもやや光沢感が強く、クールな印象です。
トートバッグはサイズが2種類あり、トータルで3型の販売をおこなっていました。

×Astier de Villatte(アスティエ・ド・ヴィラット)

×Astier de Villatte
引用 fashion-press.net

Astier de Villatteは、1996年に設立された食器ブランドです。

フランス・パリにアトリエとショップを構え、独特な白色で統一された陶器の食器を中心に展開しています。

世界中から熱い視線を集めるブランドであり、今回のsacai以外にも、様々なブランドやアーティストとコラボレーションをおこなっています。

そんな中作られた今回のコラボは、Astier de Villatteのアイデンティティである白い陶器の器に金色の取手を付けて、sacaiらしいドッキング感を表現したアイテムを展開。

「sacai A.V」と、両ブランドの名前の入ったアイテムもあり、双方のファンにとって嬉しいコラボレーションなのではないでしょうか。

カップやプレートなど、しっかりと日常使いできるラインナップなのも嬉しいところです。

×KAWS(カウズ)

×KAWS
引用 fashion-press.net

sacaiとKAWSのコラボレーションは2021年秋冬シーズン、メンズコレクションとして展開しました。
それとは別に、sacai、NIKE、KAWSのトリプルコラボでスニーカーをリリースしています。

NIKEのローカットシューズ「ブレーザー ロー」を元に、sacaiとのコラボでこれまでも用いられてきたモチーフを重ねるデザインと、KAWSらしいカラフルなカラーリングで彩ったインパクトのあるコレクションです。

カラーリングはもちろん、KAWSのトレードマークである「XX」がソールに刻まれ、一目でスペシャルなアイテムということが分かる仕様に。

「ネプチューン ブルー」「チーム レッド」「リード」「パープル ダスク」での4色展開でリリースされています。

×Ultimate Breaks & Beats(アルティメットブレイク&ビーツ)

×Ultimate Breaks & Beats
引用 yakkun-fashion.jp

Ultimate Breaks & Beatsは、1986年~1991年にかけて、アメリカのレーベル「ストリート ビート レコード(Street Beat Records)」からリリースされていた伝説的コンピレーションアルバムのシリーズ名です。

様々なアーティストの楽曲を集めたコンピレーションアルバムで、トラックメイカー、DJ、ダンサーなどヒップホップ界隈のファンが非常に多く、伝説的コンピレーションと言われています。

そんなコンピレーションアルバムとのコラボということで、どこかインディーズレーベルのグッズのような味わいのあるアイテムが並んでいます。

一番の注目アイテムは背中に大胆にアルバムジャケットのイラストを刺繍したMA-1。
Ultimate Breaks & Beatsの公式グッズをsacaiが制作したような世界観が面白い一品です。

MA-1
引用 fashion-press.net

他にもTシャツやフーディなどを展開。

MA-1とフーディには、未発表の音源である「アルティメットブレイク&ビーツ」vol.26が入ったオリジナルUSBが付属するなど、音楽好きもしっかり惹きつける仕掛けがされていました。

2022年春までのコラボレーション

ここからは、2022年春までに発表されたコラボレーションをまとめていきます。

×ACRONYM(アクロニウム)

×ACRONYM
引用 fashion-press.net

非常に話題になったこちらのコラボレーションは、2022春夏コレクション、ウィメンズの2022年リゾートコレクションにて展開しています。

「Bonding(絆)」というテーマのもと、“一体感”を表現。

これまでのsacaiらしい“ハイブリッド”らしく、大胆なドッキングなどの要素は今回は控えめ。
ワントーンのシックなカラーリングを基本に、両者の良さが見事に融合したアイテムが展開されています。

ACRONYMとの2022春夏コレクションのコラボについてはこちらの記事でもご紹介しています。

あのブランドとも?sacaiとコラボしたブランド、アーティスト特集|サカイ

こんにちは。ブランド古着のKLDです。 今や世界的に高い評価を得ている日本...

あのブランドとも?sacaiとコラボしたブランド、アーティスト特集|サカイ

×SCHOTT(ショット)

×SCHOTT
2022年プレフォールコレクションのジャケット。 引用 fashion-press.net

×SCHOTT
2022秋冬メンズコレクションのロングコート。 引用 fashion-press.net

レザーのライダーズジャケットでお馴染みのSCHOTTとのコラボレーションは、2022年のプレフォールコレクション、2022秋冬メンズコレクションで発表されました。

プレフォールコレクションでは、SCHOTTらしいレザージャケットを基本としつつ、そこにsacaiのエッセンスを加えて、大ぶりなペプラムの付いたライナーが付された、かなり捻りのあるライダースを制作。

メンズコレクションでは、肩に付された星形のスタッズが象徴的なSCHOTTのオリジナルモデルを元にして、ロングコートを合わせて長いシルエットの一着を構築。
こちらもかなりsacaiらしさを感じられるアイテムとなっています。

どちらもSCHOTTというクラシックなレザージャケットを、sacaiの自由な発想で組み替えたアイテムといった感じで、非常に魅力的に仕上がっています。

×Astier de Villatte(アスティエ・ド・ヴィラット)

ピクニックセット
引用 fashion-press.net

2021年クリスマスシーズンにコラボレーションした陶器ブランド、Astier de Villatteとのコラボレーションが再度登場。

上述のACRONYMのコラボ同様、2022春夏コレクション、ウィメンズの2022年リゾートコレクションでの展開で、「Bonding(絆)」というテーマのもとに同様に“一体感”を表現しています。

展開したのはAstier de Villatteの食器が入ったピクニックセット。

籐のバスケットの中に、Astier de Villatteのプレート、カトラリー、カップなどが入っており、sacaiのウェアと同じ生地を使用したラグも入っており、宝箱のような素敵なピクニックセットになっています。

×Cartier(カルティエ)

×Cartier

×Cartier
引用 fashionsnap.com

こちらもとても話題になったビッグなコラボレーションのひとつ。

“Trinity For Chitose Abe of sacai”という限定コレクションとして、阿部千登勢というデザイナー自身を招いてコラボレーションするという形になりました。

カルティエのクリエイションスタジオと阿部千登勢の対話で生まれたという今回の企画は、カルティエのアイコンのひとつである「トリニティ」リングをソースに、6つの限定モデルを展開。

象徴的な3つのリングが連なるようにして出来たアイテムたちで、リング(2モデル)、ブレスレット、ネックレス、イヤリング(2モデル)を作りました。

ホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールドの3色のリングを、連ねたり捻ったり、リングの一部を伸ばしたりすることで新しい解釈をし、阿部千登勢の持つ「再構築」の楽しさを感じられるコレクションとなっています。

関連記事

sacai関連の記事はこちらからもどうぞ

【sacai 内タグ分析】サカイの品番からわかる年代、シーズン判定

こんにちは。ブランド古着買取専門店のKLDです。 sacaiのアイテムには...

【sacai 内タグ分析】サカイの品番からわかる年代、シーズン判定

意外なあの人も?コムデギャルソン出身デザイナーのブランドたち|COMME des GARCONS

こんにちは。ブランド古着のKLDです。 日本を代表するモードブランド、コム...

意外なあの人も?コムデギャルソン出身デザイナーのブランドたち|COMME des GARCONS

sacaiを高く売るには?4つのこだわりと中古相場を古着屋が解説します! | サカイ

こんにちは。ブランド古着買取専門店KLDです。 複雑なパターン、随所にほど...

sacaiを高く売るには?4つのこだわりと中古相場を古着屋が解説します! | サカイ

sacaiデザイナー、阿部千登勢ってどんな人?|サカイ

こんにちは。ブランド古着のKLDです。 独自の感性で唯一無二の表現をし続け...

sacaiデザイナー、阿部千登勢ってどんな人?|サカイ

KLDの販売ページはこちら

「sacaiって素敵だし、より好きになっちゃったけど新品だと高い…」
「もう手に入らない過去のコラボアイテムが欲しい…!」

という場合に、リユース品のご購入はお得でとてもおすすめです。

以下のモールでKLDの商品を販売しています。
ぜひご覧ください!(販売内容はどのモールも同じです。)

KLDヤフーショッピング店

KLD楽天店

KLDヤフーオークション店

ここまで読んでくださった方へ

ここまで読んでくださり、ありがとうございます!

sacaiの他ブランド、アーティストとのコラボレーションは相変わらず盛んで、あらゆるジャンルとのコラボレーションがおこなわれています。

どのブランド、アーティストも、sacaiの持っている個性と上手く融合していてとても素敵なコラボレーションばかりでしたね。

KLDでは、今回ご紹介したどのコラボレーションモデルも現在お取り扱いを強化しております。

LINE査定も出来ますので、もし気になるアイテムがございましたらお気軽にお声かけ下さい!

無料査定についての詳細はこちらからご覧ください!

LINEで簡単に無料査定をする

ありがとうございました!

Recommend関連する記事

Purchased clothing results

関連する買取実績