ブログ

公開日 2019/02/28

カテゴリー:内タグ分析

mina perhonen(ミナペルホネン)のタグ、品番から判明するシーズン、年代について

ミナペルホネンの内タグや紙のプライスタグには上記写真のように[ws1897 ]といった[アルファベット2文字+数字4文字]で構成される品番が付されています。
この品番はブランド名をmina perhonen(それまでは[mina(ミナ)])に改名した2003年以後のモデルに付されていると推測しています。
この品番の前段アルファベット2文字より、そのモデルの発売シーズンを推測することができます

アルファベット1文字目のwは製造年を、2文字目のsは季節を表しています。
本商品の場合には2018年(w)春夏モデル(s)と推測をすることができます。
製造年については規則性があるため、下記に表にしました。

2003年 h
2004年 i
2005年 j
2006年 k
2007年 l
2008年 m
2009年 n
2010年 o
2011年 p
2012年 q
2013年 r
2014年 s
2015年 t
2016年 u
2017年 v
2018年 w
2019年 x

minaの設立は1995年です。

ファーストシーズンの1996年を[a]とし、規則的にアルファベットを割り振っているように見受けられます。

2番目のアルファベットは季節を表しています。
[s]は「Spring Summer(春夏)」、[a]は[Autumn & Winter(秋冬]を表しています。

近年のモデルはほとんどのケースがこのルールでシーズンを判別することができますが、mina perhonen初期(2000年代)は2桁目がdであったりと例外的な表記のものも多く、上記ルールが当てはまらないケースもあります。
また、mina時代の内タグには品番は付されていません。

近年のモデルでも[mina perhonen galleria]など一部ラインのモデルは上記ルールが適用できない場合もあります。

※情報は当社にて調査を行った結果を掲載しており、確実な情報をお約束するものではありません。
※追加の情報のご提供、ご指摘などあれば問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。