CELINE / セリーヌ

CELINE / セリーヌの基本情報

CELINEとは?

CELINEは、レザーアクセサリーを中心に展開することから始まった、フランスのラグジュアリーブランド。

ブランドとしては、1945年、セリーヌ・ヴィピアナという実業家が夫と共に皮革の子供靴店を開いたのが発祥とされています。

設立当初から展開する良質の子供靴が、主に上流階級からの支持を集めたことにより徐々に事業規模を拡大。
婦人用の靴や香水、スカーフを打ち出した後に、二輪馬車が連なった柄のサルキーラインのバッグや、馬の轡(くつわ)型の金具がついた婦人用モカシンが大ヒットし、CELINEは人気ブランドとなります。

さらに、1967年にプレタポルテコレクションを発表。
従来のアイテムと洋服を組み合わせたスタイルを提唱するトータルブランドとして、パリのB.C.B.G(ボンシック、ボンジャンル。シックで趣味の良いファッション、ライフスタイルという意味)の代名詞的存在となります。

しかし、時代の流れでB.C.B.Gブームが去り、セリーヌは勢いを失っていく事となりました。

そんな中、87年にはフィナンシエール・アガッシュ社に買収され、徐々に人気を回復。

更に、1996年アガッシュ社を離れ、LVMH(現在ルイ・ヴィトンなどを子会社に持つ企業)に移ります。
その際に、マイケル・コース(Michael Kors)をチーフデザイナーとして迎えたのが一つの転機となります。

マイケル・コース就任後に発表したコレクションでは、新たにスポーティーな要素をミックスしたスタイルを打ち出しました。
それがアメリカのシティ派層であるキャリア・ウーマンからの注目を集め、大ヒット。

今まで見られなかったカジュアルテイストが支持層を広げ、セリーヌの人気は再燃しました。

2005年のロベルト・メニケッティ(Roberto Menichetti)、イヴァナ・オマジック(Ivana Omazic)時代を経て、2008年にフィービー・ファイロ(Phoebe Philo)、現在はエディ・スリマン(Hedi Slimane)がクリエイティブディレクターを担当しています。

発表されるコレクションにはそれぞれのデザイナーの個性が大きく反映されており、歴史の長さとは裏腹に若さあふれるブランドと言ってもいいかもしれません。

デザイナー

現在のデザイナーはエディ・スリマン(Hedi Slimane)。
1968年、パリ生まれ。
パリ政治学院を卒業後、ルーブル学院で美術と歴史を学ぶ。

ジョゼ・レヴィにてファッションディレクターを2年務め、退任後は仏ファッションの重鎮、ジャン・ジャック・ピカールの元で働きます。

1997年、イヴ・サンローラン・リヴ・ゴーシュ・オムのアーティスティック・ディレクターに就任、人気の立役者となりました。

2000年から2007年、ディオール・オムのディレクターに。
細いシルエットのデニムやダメージジーンズ、ロックスターのような雰囲気のある「ナポレオンジャケット」や「テディジャケット」など、「エディ節」とでもいえるような、ロックなテイストを全面に打ち出しました。

ディオール・オムのディレクターを退任後はしばしファッションの世界から遠ざかり、フォトグラファーとして活動していました。

2012年、長い沈黙を破り、イヴ・サンローランのクリエイティブディレクターとしてファッション界に舞い戻ります。
それまでのブランド名である「YvesSaintLaurent」を「SAINT LAURENT」に改め、ロゴなども変更するなど、ブランドイメージを刷新し、支持を拡大しました。
その後、2016年に退任します。

2019年にCELINEのチーフデザイナーに就任し、今に至ります。
CELINEでもロックなエディ節は健在で、常にデザイナーとしても注目され続けている人物です。

定番アイテム

CELINEといえば元々はレザーのアイテムが特徴のブランドということで、バッグなどに定番のモデルが多数存在しています。
一例ですが、

  • Luggage(ラゲージ)
  • Cabas(カバ)
  • 16(セーズ)
  • Trapeze(トラペーズ)
  • TRIO(トリオ)
  • BELT BAG(ベルトバッグ)
  • Tryfold(トライフォールド)
  • TROTTEUR(トロッター)
  • Boogie bag(ブギーバッグ)
  • Sangle(サングル)
  • C(セー)

…など、数多くの名作といわれるバッグが存在します。

それぞれのデザイナーが、ディレクターを担当していた時代にそれぞれ個性豊かなバッグを生み出しましたが、現在のCELINEではフィービー・ファイロ時代に作られたLuggage(ラゲージ)やCabas(カバ)などがCELINEを代表する定番としてひときわ定着しているといえます。

二次流通市場での評価

結論からいえば、CELINEは二次流通市場での評価も当然高いものを得ています。
定番であるバッグなどのレザーアイテム類はもちろん、デザイナーにエディ・スリマンを据えてからのアパレルラインのコレクションは、彼独自のロックテイストが発揮されたものが多く、「エディ・スリマン」というデザイナー自体のファンからも高い評価を得ています。

由緒正しいラグジュアリーなブランドということで、定価も安いとは言い難く、「新品では買えないけど中古で買えるなら欲しい!」という二次流通市場での購入を狙うユーザーも多くいます。

しかし、ラグジュアリーブランドの宿命ともいえるのですが、やはり「偽物」と呼ばれるコピー品は多く存在しており、二次流通市場での購入をする際には信用できる店から購入するということに注意をした方が良さそうです。

公式サイト

https://www.celine.com/ja-jp/home

CELINE / セリーヌで高価買取を実現するポイント

レザーアイテムに強いブランドということで、バッグやウォレットなどは特に強気のお値付けが可能なブランドです。
また、アパレルラインもエディ・スリマン期のものなどは特に高くお買取りいたします。

ギャランティカードや証明書などの付属品がある場合は、必ずお品物とセットでお送りください。
LINE査定などをご利用の際も、付属品の写真をお送り頂ければより正確な査定が可能となります。

もちろん上記以外のお品物も出来る限り強気のお値付けをさせていただいておりますので、お気軽にご相談ください。

CELINE / セリーヌの買取実績

    CELINE / セリーヌ の買取は随時行っております。
    当店で買取を行ったお品物は下記EC店舗で随時販売を行っておりますのでぜひお使い下さい。