縷縷夢兎 / rurumu: ってどんなブランド?|ニットで作る少女のはらわた|るるむう

こんにちは。ブランド古着のKLDです。

アイドルやアーティストの衣装制作などを中心に、注目を集めている「縷縷夢兎/rurumu:(るるむう)」というブランドをご存知でしょうか。

ハンドメイドのニット制作から始まったブランドで、カラフルで可愛らしい世界観でありながらどこかに感じる毒っぽさ、生々しさが魅力です。

今回は、

  • 縷縷夢兎/rurumu:ってどんなブランド?
  • デザイナーはどんな人?
  • どんな特徴のあるブランド?
  • 中古相場ってどうなってるの?

ということについて、お話していきたいと思います。

これからrurumu:の服を買ってみたい方はもちろん、中古相場についてもお話していきますので、売却をお考えの方にもおすすめの記事です。

ぜひご覧ください。

縷縷夢兎/rurumu:とは


rurumu:公式Instagramより引用 rurumu.official

縷縷夢兎とは、デザイナーの東佳苗が学生時代に立ち上げたブランドです。

コンセプトは「感情を綺麗に吐露し生まれるクリエイト、嘔吐クチュール」。

ガーリーでどこか二次元のような雰囲気のある独自の世界観はニットブランドでは珍しく、若い女性を中心に人気が広がっていきます。

基本的にデザイナーが一人で作っているため量産ができず、アイドルやアーティストの衣装をメインとし、不定期に開催する個展で一点もののニットを販売していました。

museと呼ばれるモデルの存在や、実際に手に入れることの難しさから、「来世で着たい」「縷縷夢兎の個展に自分なんかが行けない」といった声もあったそうです。

2019年、実際に着てくれる人にアイテムを届けたいという思いで、受注生産をメインとした新ブランド「rurumu:」を立ち上げます。
年に二回、顧客向けの展示会を全国4都市とオンラインショップで開催し、個人からオーダーを受け工場で量産をするようになりました。

rurumu:ではニットはもちろん靴や小物も展開し、トータルで縷縷夢兎の世界観をまとえるようになっています。

デザイナー経歴


東佳苗さん 引用 baby-g.jp

デザイナーの東佳苗さんは、学生時代から「自分の感情を形にし、お金に換える仕事をしたい」という目標を持ち、イラストやバンド活動など様々なチャレンジをしてきたそうです。

服作りを始めたのは雑誌Zipperと出会った高校生の頃。
自由な青文字系ファッションに触れ、独学で服を作るようになりました。

その後は地元福岡の服飾専門学校に進学しますが、ニットへの興味が強くなり、1年後に上京。
文化服装学院のニットデザイン科へ進みます。

地元でも縷縷夢兎としてアイテムを作っていたのですが、「他のブランドと違いがわからない」との声に、「流行っていることを後追いしても意味がない」と一時休止しました。

休止中は友人と「ウサギノリンゴ」というブランドを立ち上げ、二次元の服をオマージュしたファッションアイテムを展開。
2011年にブランドを終了し、ニットをメインとした新しい縷縷夢兎をスタートします。

再スタート後はデザイナーとしての活動はもちろん、若手女子クリエイターを集めた合同展示会を主催するなど、ガールズカルチャーを積極的に発信。他にもアートディレクターや映画監督など、様々な活動で注目され続けています。

ブランド、デザイナーを形作る要素について

毒のあるかわいらしさ


引用 baby-g.jp

ガーリーな世界観は縷縷夢兎の特徴の一つ。
アイドルのような女の子が縷縷夢兎のニットを着て、かわいいものに囲まれている、そんな映像が思い浮かぶ方も多いかもしれません。

縷縷夢兎の世界観がかわいいことは揺るぎない事実ですが、コンセプトは「嘔吐クチュール」。
かわいさの中に欝々とした裏テーマが隠されているのです。

縷縷夢兎の作品に登場するモデルを「muse」と呼びます。
皮肉や批判的なニュアンスの裏テーマをmuseから着想を得て設定し、そこから制作をしていたそうです。

そのため、縷縷夢兎の作品からは、ただかわいいだけでなく、ある種の人間らしさや毒々しさも感じることができます。

これまでmuse込みの作品が多かった縷縷夢兎ですが、現在のrurumu:となってからは、デザイナーの心情からテーマが生まれているそうです。

rurumu:として量産できるようになりましたが、時代や流行に左右されず、しっかりとしたテーマに沿って展開されるデザイナーのこだわりは変わりません。

パンクな精神を掲げるブランド「KIDILL」とのコラボも好評で、女性だけでなく男性のファンも増やしています。
精神性の強いrurumu:の世界観は、ガーリーな服が苦手な方でも共感できるところがあるかもしれません。


KIDILLとのコラボレーション。 Henry Dargerの絵画をモチーフにした作品。 Instagramより引用 rurumu.official

ネオコス~ファッション×二次元ブーム~

縷縷夢兎は当初、アンティークのパーツを使った服や小物を作っていましたが、「どのブランドも違いがわからない」というお客さんの声を受け、「人が既に思いついていることを後追いしても意味がない」と考えてブランドを一時休止します。

その後の2010年から2011年まで、現在アイドルとして活躍している恋汐りんご(バンドじゃないもん!メンバー)と共に「ウサギノリンゴ」というブランドで活動していました。


ウサギノリンゴ ブログより引用 usaginoringo-usarin

この頃「ネオコス」と呼ばれる「ファッション×二次元」ブームがやってきて、コスプレのようなオタクっぽいアイテムをファッションとして取り入れる人が見られるように。

当時デザイナー自身もアニメやコスプレにはまっていたそうで、「二次元の三次元化」をブランドコンセプトに、二次元をオマージュしたハンドメイドアイテムで注目を集めました。

アニメのようなキラキラした瞳の刺繍、魔法少女を思わせるアクセサリーなどは、現在の縷縷夢兎の少女的な部分や、二次元を感じるデザインに繋がっているのではないでしょうか。

勢いを増すネオコスブームでしたが、唯一無二を目指す東佳苗は縷縷夢兎の活動再開へ動き出し、ニットブランドとしてのスタートを切ることになります。

ガールズカルチャーとの深い関わり

縷縷夢兎には熱狂的なファンが多いという印象があります。
その理由の一つに、デザイナーがガールズカルチャーに精通しており、様々な活動を通して支持を集めてきた経緯があるのではないでしょうか。

縷縷夢兎を再始動させた2011年、平成生まれの女子クリエイターを集めた「白昼夢」という合同展示会を主催。
ファッションブランドの展示や受注、ショーの他に、お菓子の販売、イラストや写真、映像の展示、ライブペイントなど、自分たちなりのガールズカルチャーを発信してきました。


白昼夢フライヤー 引用 usagi-kanae

2012年からは、渋谷パルコで行われる大規模カルチャーイベント「シブカル祭。」へも参加。
ディスプレイやポップアップショップ、ファッションショーで認知度を上げていきます。


シブカル祭。での様子 Twitterより引用 usagi-kanae

ファッションと同じくらい映画も好きと公言するデザイナー。
縷縷夢兎の写真集「muse」は、全体的に映画をオマージュしているそうです。

ブランドのモデル「muse」をアイコンとしたファッション映像を発表したり、映画の衣装や美術として映画にかかわる仕事もしていましたが、2015年のシブカル祭。では、短編映画の監督に初挑戦。
その後もいくつか短編映画を発表しています。

大森靖子の「勹″ッと<るSUMMER」、LADYBABYの「セシボン・キブン」など、MV監督としても活躍。

他にもミスiDの審査員を務めたり、デザイナーとしてはもちろん、現代のガールズカルチャーをけん引する重要な存在となっています。

アイドルやアーティストの衣装

縷縷夢兎を語る上で欠かせないものとして、アイドルやアーティストへの衣装制作が挙げられます。
メンバーの個性を引き出す独創的な衣装は瞬く間に人気となり、様々なアイドルグループに影響を与えました。

中でも特に印象的な衣装を紹介していきます。

でんぱ組.inc

縷縷夢兎が初めて手掛けたアイドルの衣装は2013年のでんぱ組.incの衣装です。
セーラー襟を色分けして美少女戦士をイメージしているそう。

二次元的なかわいさをニットで表す、縷縷夢兎ならではの衣装ですね。

参考:音楽ナタリー

大森靖子

シンガーソングライターの大森靖子。

縷縷夢兎が多くの衣装を手掛けるアーティストの一人です。
2013年から現在まで、数多くの作品が生まれました。

インパクトのある大森靖子の世界観と、縷縷夢兎の手編みのニットは相性抜群です。

参考:OTOTOY

LADYBABY

一度見たら忘れられないインパクトを持つ、女性ボーカルとデスボイスが特徴のLADYBABY。
You Tubeで世界的に話題となったのでご存じの方も多いと思います。

日本のコンビニを歌った「セシボン・キブン」。
実は衣装だけでなくMVの監督も担当しています。

ビアちゃんは着物風のデザインで日本的なカルチャーを表現。
黒宮れいちゃん、金子理江ちゃんはニットのセーラー襟が制服のようでかわいいですね。

統一感のあるデザインですが、細かいディティールは私服などからアイドル本人の好みに近づけているそうです。

参考:Tokyo Girls

ZOC AGE OF ZOC 2021年

歌手、大森靖子を中心に結成した話題たっぷりのアイドルグループZOC。

これまでもZOCの衣装を手掛けてきましたが、メジャーデビューシングルということでメンバーカラーの様々な花柄で華やかな印象になっています。

デスメタルロゴ調のメンバーの名前の刺繍、ニットのモチーフ、ビーズ刺繍など細部へのこだわりはさすがです。

参考:SPICE

特徴的なコレクション

2019SSからスタートしたrurumu:では、デザイナーの心情からテーマを設定しているそうです。
毎回興味深いテーマとなっていますが、今回はその中から一つご紹介します。

2021AW solitary witches(孤独の魔女たち)


引用 fashion-press.net

今回のrurumu:のテーマの「魔女」は、ホウキに乗って空を飛んだりする魔女ではなく、パワーストーンやタロットカードなどを使う現代の魔女の事を指します。

ファンタジーやホラーなイメージと違い、セルフケアとしておまじないを使う現代の魔女。

そういった「自分を愛する」「気分を上げる」ものこそ魔法的であり、自らの魔女性を肯定することによって、自分を愛し前向きになれる。

そんなメッセージが込められています。

アイテムの随所に取り入れられた、ルーン文字のおまじない記号や魔法陣のモチーフには、お守りを身に着ける感覚で着用してほしいという思いもあるそうです。

裾のほつれたニットのドレスやスカート、パフスリーブにスタッズが並んだライダース、ソックスやハーネスベルトなどの小物も発表されました。

より多くの人に届けられるように立ち上げたrurumu:は、極端に小さいサイズを避けるなど、rurumu:の世界観に共感するファンに疎外感を与えないよう意識しているとのことです。

rurumu:らしいファンシーなパステルカラーとダークでゴシックな魔女らしいイメージがミックスされた2021AW。

皆と同じになれず、自分を貫き続ける孤高な魔女に向けたコレクションです。

縷縷夢兎/rurumu:の中古市場での評価

ここまで縷縷夢兎/rurumu:の歴史や魅力についてお話してきました。

ブランド名、生産体制を改めてまだ日の浅い段階ではありますが、中古市場では少しずつ縷縷夢兎/rurumu:のアイテムが売買されている様子を見ることができます。

縷縷夢兎時代のアイテムはやはり貴重で、なかなかお目にかかれないレアなものではありますが、rurumu:として展開するアイテムは小物から洋服まで、少量ながら取引されています。

金額としてはどれも高い評価で取引されており、ブランドとして期待されている様子が見てとれます。

受注生産というブランドの特性もあり、取引数はまだ決して多くはありません。
それも含め、ファンがなかなか手放したくない服作りをしていることの表れかと思います。

そんな中でも、とくにKIDILLとのコラボレーション作品などは高い金額で取引されており、双方のブランドのファンから支持されているのではないかと推測できます。

今後、ブランドがどのように発展していくかによって中古市場での評価も変わっていきそうなところではありますが、普段着よりは少しスペシャルな印象のある現在の展開であれば、丁寧に扱われた状態のいいものが流通し、中古市場でも高い相場を維持しながら盛り上がっていくブランドになるのではないかと思います。

KLDの販売ページはこちら

以下のモールでKLDの商品を販売しています。
ぜひご覧ください!(販売内容はどのモールも同じです。)

KLDヤフーショッピング店

KLD楽天店

KLDヤフーオークション店

ここまで読んでくださった方へ

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

繊細なニットから作り出される、ファンシーながら生々しい世界観を表現するブランド、縷縷夢兎/rurumu:。

少しでもどのようなブランドなのか?がわかる記事になっていれば幸いです。

KLDでは、縷縷夢兎/rurumu:のお取り扱いを強化しております。

rurumu:のアイテムはもちろん、もし貴重な縷縷夢兎時代のアイテムなどもありましたらしっかりと査定いたします。

LINE査定も出来ますので、もし気になるアイテムがございましたらお気軽にお声かけ下さい!

無料査定についての詳細はこちらからご覧ください!

LINEで簡単に無料査定をする

ありがとうございました!

Recommend関連する記事

Purchased clothing results

関連する買取実績