なぜMADISONBLUEの服は高いのか?|マディソンブルー

こんにちは。ブランド古着のKLDです。

洗練された大人の女性に似合う、クオリティの高いアイテムを多く展開するブランド、MADISONBLUE(マディソンブルー)。

とても素敵なブランドだけあって、お値段もなかなか高いですよね。

今回は、

  • MADISONBLUEってどんなブランド?
  • なぜMADISONBLUEの服は高いのか?
  • 中古市場での評価

という形で、お話していきたいと思います。

「MADISONBLUEの服が欲しいけど高いから迷ってる…」という方はもちろん、中古市場での評価についてもお話しますので、売却をお考えの方にもお読みいただきたい記事になっています。

ぜひご覧ください。

MADISONBLUEとは?

引用:nestbowl.com

「カジュアル、スタンダード、ベーシック、タイムレス…
普遍的でありながら、今を生きるための服。
そして何よりも、着る人の個性が際立つように
上質で心地よく、ディテールを極めたリアルクローズ。
洋服を愛するすべての人へ」

MADISONBLUE公式サイトより引用:madisonblue.net

「MADISONBLUE(マディソンブルー)」は、2014SSより中山まりこさんが立ち上げた、日本のブランドです。

“質の良いものをカジュアルに”がコンセプト。
ブランド名は、デザイナーが影響を受けたニューヨーク・マンハッタンの“MADISON Ave.”と、大好きな海の“BLUE”から付けられました。

アイテム全ては、デザイナー自身の感じたことや経験から裏打ちされた、ファッション観とマインドから生まれたもの。
デザイナーである中山さんは、1980年代より長年にわたってスタイリストとして第一線で活躍してきたことから、そのキャリアが活かされています。

提案するファッションスタイルは、カジュアルにもモードにもフィットする上質さと、そのバランス感を大切に、人が着ることで完成する普遍的な「ハイカジュアル」です。

“服自体がもつものではなく、服を着る人自身が、すでに持つ女性らしさを際立たせるためのブランドでありたい”という考えのもと服を作り、その理念に共感する感度の高い層から、絶大な支持を集めています。

立ち上げ当初シャツ6型だったアイテムは、現在ジャケットやボトムス、アクセサリーまで幅広く、またメンズアイテムも展開。
ハイカジュアルという、新しい大人のカジュアルスタイルを提案するブランドです。

なぜMADISONBLUEのアイテムは高いのか?


引用:madisonblue.net


引用:shop-madisonblue.net

マディソンブルーは、品のある魅力的なアイテムを展開していますが、価格帯としては、決して安いとは言えないブランドです。

爆発的な人気を起こしたTシャツ「HALLO」は2万円台、ブランドの象徴的なシャツアイテム「MADAME」は3万円台、またコートに至っては14万円台と価格帯は結構お高めな設定になっています。
また立ち上げ当初から、セールはしないという徹底ぶりです。

「なぜマディソンブルーは高いのか?」その背景を紐解くべく、ブランドについて詳しくご紹介します!

デザイナーの想い


デザイナー・中山まりこさん 引用:elle.com

マディソンブルーの高い価格帯は、ブランド立ち上げの根源と紐付きがあります。

同ブランドは、もともとスタイリストとして長年の経験を積んできた中山さんが、49歳になってから立ち上げました。

24歳で初めて訪れたニューヨークで衝撃を受けた、“カジュアルなのに品のある等身大の大人の女性たち”の姿。
それが原点となり「大人向けのリアルなファッションを提案したい」という、デザイナーの等身大の想いから作られています。

スタイリストとして活躍し続けてきた中山さんが、デザイナーへのキャリアチェンジを考えたのは、ちょうど40歳を過ぎたころ。
年齢とともに変わりゆく自分の姿と向き合った時に、理想のカジュアルスタイルで有り続けることを難しく感じたのだそうです。

中山さんが年齢のステージを上がるとともに感じた、ファッションにおいての“好き”と“年齢”のフィット感のズレ。

それを解消すべく、成熟した大人だけが楽しめる新しいカジュアルスタイルを作りたいと、世の大人のカジュアルスタイルに一石を投じる想いで、自らブランドを立ち上げました。

マディソンブルーはアイテムは、“〜〜という高価な素材を使っている”というような価格に直結するような要素だけではなく、「大人のカジュアルスタイルに必要な要素」にこだわり、それらの追求した結果、お高めな価格帯での販売がされていることが考えられます。


引用:madisonblue.net

ハイカジュアルというスタイル


引用:madisonblue.net

先述したように、デザイナーの想いからなる大人の為に生まれたブランド、マディソンブルー。

提案する、大人のカジュアルスタイル「ハイカジュアル」は、大人だからこそ似合うモノを追求している、上質なカジュアルです。

ここからは、マディソンブルーの価格帯との深い紐付きとなる、追求されたハイカジュアルの5つの要素についてご紹介していきたいと思います!

クオリティの追求

まず1つ目は、追求された生地のクオリティです。
生地はデザイナーにより、厳選した物を使用しています。

生地を見てからどんなものを作るのか考案することもあるそうで、その生地の半分ほどは、イタリアの生地を採用しています。

イタリア生地は、何十年も昔の織機でゆっくりと時間をかけて織られる物であることから、“雰囲気のある生地”が作れるとのこと。
まるで60年代のような、大人の肌にしっくりくるニュアンスのあるのが特徴です。

また半分は、信頼する工場に依頼している日本の生地を採用しています。
日本の生地の良いところは、シャンブレー生地や軍モノの生地において、とても上質なものを作る技術がある点です。

ブランドデビューとともに誕生したこだわりの“オックスフォードシャツ”は、日本製の綿100%。
質をとことん追求し、米国ダンリバー社のオックスフォード生地を日本ならではの技術で、その風合いを繊細なまでに再現しています。

ダンリバー社といえば、使い込むほどに繊維が膨らみ肌なじみに優れたしなやかな最高品質の生地を作ってい超名門のメーカーです。
事実上倒産していることから、今や幻の生地と言われています。

その他にも、人気のTシャツ「HELLO」は、ヴィンテージライクな上質な天然コットン素材のニットを採用。
“たかがTシャツ、されどTシャツ”と言わんばかりに、さらりと着ても、大人の女性ならではの品のカジュアルが演出できます。


引用:madisonblue.net

マディソンブルーの高いクオリティ追求は、着る人に、ともに時を重ねながら自分だけのものになっていく特別な感覚を与えています。

デザインの追求


ベストセラーシャツ「HAMPTON」の細部までこだわったデザイン 引用:madisonblue.net

続いてのハイカジュアルの要素は、追求されたデザイン。
デザインにおいて重要としているのは、“エレガントさとシンプルさ”です。

特にシルエットのエレガントさにこだわっています。

デザインする際には、ボディに頼ることはなく、アイテムのパターンチェックを行うのは全てデザイナー自身です。
実際に着ながら、エレガントさを求めてシルエットを細かく決めていくのだそう。

例えばステンカラーコートなら、採用したバーバリークロスそのものの特性を活かして、すっきりと見える程よい落ち感のあるシルエットにこだわっています。

続いて大切にしているのは、シンプルであること。
「シンプル≠無難」の考えのもと、充実している内面など経験を重ねた大人の女性だからこそ似合うシンプルなデザインです。

またデザイン全て、着た時の見た目だけでなく、動いた時の美しさを重視して、デザインを細かく考えているそうです。

大人らしさを活かせる、優雅なシルエットとシンプルなデザイン。
その追求し洗練されたデザインが、品を生み、大人のカジュアルを実現しています。

アイテムの追求


引用:sixieme.jp

展開するアイテム選定についても、スタイルを追求した厳選されたラインナップです。

マディソンブルーには、「ESSENTIA」と「SEASON」2本のラインが存在しています。
エッセンシャル(=普遍的)なアイテムを扱うラインと、デザイナーのアイデアから生まれるシーズンコレクションのラインに分けられています。

中でも、ハイカジュアルスタイルを追求したアイテムが厳選されているのが、定番アイテムを扱う「ESSENTIAL」ライン。

ブランド立ち上げ当初は、オックスフォードシャツの長袖と半袖を2型とワークシャツ2型の、6型から始まったアイテムですが、徐々に増やし、現在では28型で展開しています。(2022年時点)


MADISONBLUEの代名詞的なシャツ「HAMPTON」 引用:madisonblue.net

シャツやデニム、ブレザーに関しては、今まで何期にも渡り継続している、鉄板アイテムです。
素材や色のバリエーションを変えたりしながら、今もなお更新し続けています。

同じ型でも素材の変えれば表情も変化し、エレガントさにも変化が現れます。
そうやって、大人の女性が定番として長く使えるアイテムを、着る人と共にリニューアルをしながら成長を続けているそうです。

また今年らしさを発信していないブランド理念のとおり、スタート当初からセールは一切しないことを貫いています。

トレンドに流されない、まさにエッセンシャルなアイテムたち。
大人のファッションスタイルを提案すべく、普遍的でありながらも追求されたアイテムのラインナップです。

カラーの追求


引用:mi-mollet.com

ハイカジュアルスタイルを体現するための厳選されたアイテムは、展開する色についても追求されています。

マディソンブルーの展開するカラーの定義は、“大人に似合う色”。
若い年代で似合っていたカラーとは異なる、年を重ねた大人だからこその肌質や色から考えた、大人だからこそ似合い、活きるカラーにこだわって選定しています。

例えば、ベーシックカラーで展開をしている定番アイテムのジャケット。
しかしそこに“黒”は選ばれていません。

デザイナー自身が感じ、気付いた、“年齢と色の相性”が深く関連しています。


カーキカラーのジャケットESSENTIAL「BERKLEE」 引用:madisonblue.net

年を重ねると共に、時に強すぎて感じてしまう黒の主張に気付いたことから、ネイビーやカーキといった、大人らしさが活きる色を提案するに至ったそうで、実際にカーキのジャケットとスカートのセットアップは50代からもとても好評だったと言います。

また、“白”については、白の魅力を満喫できるコットン素材の白アイテムを提案。
シフォンやレースといった化学繊維の甘い要素は一切取り入れず、大人の潔さを魅せられるカジュアルな白で、女性らしさが表現できるよう計算されています。

さらに、冬に活躍するメルトン地使いが贅沢なトレンチコートは、素材を活かした美しい“赤”を提案。


引用:eclat.hpplus.jp

若いころとはファッションの基準が変わってくる世代だからこそ、おしゃれさはもちろん、肌映えや高級感など、こだわりがつまった大人らしさを楽しめるカラー選びを、デザインや素材の相性と合わせて厳選しています。

コーディネートの追求


引用:shop-madisonblue.net

大人の魅力を活かすべく、ハイカジュアルなスタイルを提案するマディソンブルーは、そのコーディネートバランスついてもこだわりを見せます。

スタイリスト出身のデザイナーのブランドだからこそこだわれる、スタイルを作り上げる上での、トータル的なバランスの追求です。

カジュアルの基本の組み合わせとして、もしデニムシャツとデニムパンツを着るなら、そこにあえてフォーマルジャケットを合せる着こなしをおすすめしたり、日常的にカジュアルに使えるパールを提案したり。


ブランド初のパールジュエリー「Gri Gri(グリグリ)」 引用:amarclife.com

スタイリストとして活躍をし続けてきたデザイナーが、実際に見たもの、作ってきたスタイルがあるからこそ、明確に裏打ちされた、説得力さえ感じる着こなしの提案ができるのです。

またそれをよりスピーディにユーザーに届けることができるよう、表参道にある国内唯一の店舗はオフィスも併設。

デザイナーとスタッフ、ユーザーとの物理的な距離がないことで、服を着る人の“今”の気分をダイレクトに聞く事、またブランドの提案として伝えることもでき、そのタイムレスな提案力と近い距離感も、老若男女から支持を集める理由の一つと言えます。

高価でも人気が続く理由


引用:madisonblue.net

「高価か、否か」ではなく、大人の「らしさ」を活かせる、ハイグレードなカジュアルを提案する、マディソンブルー。

大人の今に寄り添うデザイナーの想いと、ファッション観に賛同する信者的なファンも存在するほど、20代から60代まで幅広い大人世代のユーザーに愛用されています。

年齢と共に価値観が変わるマインドやファッション観を、あらゆる面から追求するマディソンブルーだからこそ、新鮮なのに変わらないアイテムとして、魅力が高く評価されているのだと考えられます。

それが、価格に左右されることなく人気が継続している大きな理由の一つでしょう。

MADISONBLUEの中古市場での評価

ここまで、MADISONBLUEがそれなりの高価格で販売されている理由をお話してきました。

定価が高いだけあって、やはり中古市場でもMADISONBLUEは高く評価されることの多いブランドです。

通常、レディースブランドの中古相場は流行に影響されやすく、また、男性と比べると中古品に抵抗感のある女性が多いことから、レディースブランドは中古市場で苦戦しがちです。

しかし、MADISONBLUEでは普遍的なアイテムを作り続けるブランド戦略が中古市場でも良い影響を与えており、定番アイテムとして展開しているハンプトンシャツなどをはじめとして平均して高い評価を得ています。

また、セールをおこなわないという戦略も中古相場に強い影響を与えているかと思います。

デザインが洗練されていることと、ブランディングが功を奏して、MADISONBLUEは中古市場では高く評価されるレディースブランドであるといえるでしょう。

しかし、MADISONBLUEといえども、多少は年式による評価額の低下の影響は受けざるを得ない部分もありますので、もし売却をお考えのアイテムがありましたら、早めにフリマアプリ、買取サービスのご利用を考えた方がいいかもしれません。

KLDでも、もちろん強気でお値付けが可能ですので、気になるお品物がありましたらお気軽にお声かけください。

関連記事

こちらの記事もぜひご覧ください!

ベイクルーズ系ブランド、対象年齢層は何歳?【IENA、JOURNAL STANDARD、NOBLE…】

こんにちは。ブランド古着のKLDです。 IENA(イエナ)、Deuxiem...

ベイクルーズ系ブランド、対象年齢層は何歳?【IENA、JOURNAL STANDARD、NOBLE…】

なぜドゥーズィエムクラスは高いのか?|Deuxieme Classe

こんにちは!ブランド古着買取専門店KLDです。 ほどよいトレンド感で、上質...

なぜドゥーズィエムクラスは高いのか?|Deuxieme Classe

イエナ系列、4つのブランドラインの違いを徹底解剖【IENA?SLOBE?】

こんにちは!ブランド古着買取専門店KLDです。 トレンドを適度に取り入れな...

イエナ系列、4つのブランドラインの違いを徹底解剖【IENA?SLOBE?】

J&M Davidsonを高く売るコツは?定番バッグと中古相場を古着屋が徹底解説!

こんにちは。ブランド古着買取専門店KLDです。 上品な大人の遊び心をデザイ...

J&M Davidsonを高く売るコツは?定番バッグと中古相場を古着屋が徹底解説!

KLDの販売ページはこちら

以下のモールでKLDの商品を販売しています。

マディソンブルーのアイテムも多く出品していますのでぜひご覧ください!(販売内容はどのモールも同じです。)

KLDヤフーショッピング店

KLD楽天店

KLDヤフーオークション店

ここまで読んでくださった方へ

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

上品な大人のためのブランド、MADISONBLUE。

美しく年齢を重ねてきた大人の着るための服であること、色褪せない魅力を持つアイテムであること…など、定価が高い理由が少しでもわかる記事になっていれば幸いです。

KLDでは、MADISONBLUEのお取り扱いを強化しております。

LINE査定も出来ますので、もし気になるアイテムがございましたらお気軽にお声かけ下さい!

無料査定についての詳細はこちらからご覧ください!

LINEで簡単に無料査定をする

MADISONBLUEのこれまでのお買取履歴はこちら

ありがとうございました!

Recommend関連する記事

Purchased clothing results

関連する買取実績