45R系列ブランドの違いを徹底解説!色々あるけど…どう違う?【45rpm、Umii908、Badou-R…】

みなさんこんにちは。
ブランド古着のKLDです。

今回は、「45rpm系列のブランドってどんなものがあるの?」という声にお答えして、45rpm系列のブランドラインと、各ブランドを運営している45rpm studioってどんな会社?について解説していきたいと思います。

今回は、

  • 45rpm studioってどんな会社?
  • 45rpm系列のブランドたち
  • 中古市場での評価

について、お話していきたいと思います!

鮮やかなインディゴ染めやリラックスムード漂うアイテムなどに、特にこだわりのある45rpmの素敵なブランドたちばかりですので、ぜひご覧ください!

45rpm studioとは?

45rpm studioは、45RやUmii908、R by 45rpm…などを擁する株式会社です。

設立は1978年。

45rpmの発足当初は「古きよきアメリカの服」というテーマで、アメカジ風味の強めな展開で運営していました。
(ターゲット年齢も今よりやや若年層向けだったといえます。)

会社の歴史も長くなり、時代に合わせてさまざまなブランドラインが展開され、現在はアメカジというよりはナチュラル感が強く、藍染めやインド綿などの生地、染色やゆったりとしたシルエット、コンセプチュアルな商品展開が印象的なブランド展開となっています。

現在、会社設立当初よりもブランドのターゲット層は広くなり、現在ではより幅広い年齢層に愛されるブランドを擁する企業となっています。

また、45R系列のブランド展開とは別に、イタリアのレザーブランドである、アンリー・クイール(HENRY CUIR)の独占輸入販売権を持っています。(2018年、同ブランドは日本からは撤退)

45rpm系列の各ブランドライン

ここからは、そんな45rpm studioが擁する各ブランドラインをご紹介していきます。

長い会社の歴史の中で、さまざまなブランドが生まれ、現在は終了しているブランドなどもありますが、ほぼ全てのブランドを網羅してご紹介していきます!

45rpm

1977年、45rpm studioが一番初めに立ち上げたブランド。

「古きよきアメリカの服」をコンセプトに、アメカジをベースに、どこか可愛らしくポップな印象をプラスしたアイテムを展開。

80年代、チェッカーズのメンバーの衣装をプロデュースしたり、メンバーがプライベートで愛用していた…など、当時の時流もあり、10代〜20代くらいのユーザーに非常に高い人気を誇っていました。

デザイナーは井上(太田)保美さん。
井上さんは、ブランド立ち上げ当時から現在に至るまで、45rpm(45R)のデザインを担当しています。


デザイナー、井上保美さん 引用 kurashi-to-oshare.jp

デニムの印象の強いブランドですが、意外にも初めて5ポケットデニムを発売したのは1991年。

当時、デニムパンツは大量生産品というイメージが強く、45rpmのような規模のブランドが1つ1つにこだわって丁寧にデニムパンツを作るということはとても珍しかったそうです。

また、インディゴ染めが主流のデニムの世界で「藍染め」をデニムパンツに使用したのも45rpmが初めと言われています。(藍染が天然染料を使うのに対し、藍によく似た色合いの化学染料を使って染められるのがインディゴ染めです。)

2000年に海外第1号店をニューヨークに構えた際に藍染のデニムパンツを発表。
「プレミアムジーンズ」として非常に高い評価を受けたとのことです。


藍染デニム「再び6.5藍の空比古比女(濃)」 引用 45ronlinestore.jp

それ以降、藍染の深い色合いは、45rpm(45R)のテーマカラーとなったのだそうです。

その後、他のブランドラインなどと統合されたのち、現在は45Rというブランド名で展開しています。

45R


45R公式Instagramより引用 45r_official

現在のメインライン。

元々は前述の45rpmが出発点となり、さまざまなブランドラインが統合、1本化していくタイミングで45Rというシンプルなブランド名に立ち戻ってきたそうです。

『R』の部分には、ブランドとしてものづくりをする上で大切にしているルーツ(根っこ)という意味も込められているそう。

ブランド初期の頃からの藍染めのイメージはそのままに、デザイン的にはアメカジ路線だった雰囲気よりも「和」の印象が強くなってます。

2000年に海外初進出となったニューヨーク店を皮切りに、パリや中国、香港などにも出店。
ブランドとして海外展開はおこなっていましたが、2017年、クールジャパン機構からファッションブランドで初めて出資を受けたというニュースもとても話題になり、名実ともに海外に向けて日本の丁寧な服作りを広めていくブランドとして認められたといえます。

デザインの特徴としては、非常に生地や縫製にこだわった丁寧なものづくりと、ゆったりしたシルエットなどが基本。

「比古比女(ひこひめ)」、「おこめデニム」、「歳時記シリーズ」…など、非常にコンセプチュアルでネームングにもこだわった印象的なシリーズ展開も特徴です。

「ギマニット」などのオリジナル生地の展開もブランドの売りで、「心地よさ」をブランドとしての大きなテーマとしている45Rらしい生地がたくさんあります。


コットンの糸をこんにゃく糊でコーティングし、麻のような感触を出した「擬麻」ニット 引用 wear.jp

こだわった生地、縫製はとても着心地がよく、デザイン、コンセプトにもしっかりとこだわりがあり、一度45Rに魅了されてしまった人はなかなか抜け出せない、唯一無二の魅力のあるブランドといえるのではないでしょうか。

45rpm BOYS

1978年、45rpmのメンズラインとして登場したライン。

現在の45Rはユニセックス展開で男女共に1つのラインに統合されていますが、当時の45rpmはレディース展開で、こちらのラインで明確にメンズラインを分けていたようです。

1986年に「NORTH MARINE DRIVE」というブランドに発展し、こちらのブランドは終了。

NORTH MARINE DRIVE

前述の「45rpm BOYS」が発展して登場したメンズラインのブランド。

アメカジ的な雰囲気を残しつつも、現在の45Rに近い、丸い優しさのある「和」の雰囲気も感じさせる展開のブランドです。

2000年、「45rpm」と「NORTH MARIN DRIVE」が統合され、「45rpm&」が登場し、ブランド自体は終了しています。

45rpm&

前述の「45rpm」と「NORTH MARIN DRIVE」が統合され、2000年に生まれたブランド。

レディース、メンズラインが統合され、実質的なメインラインになったのがこのラインといえます。

現在はブランドとしては終了しています。

R by 45rpm

上述の「45rpm&」の誕生と共に生まれた、藍とインディゴを中心としたライン。

コンセプトの通り、藍染め、インディゴ染めにこだわったラインナップとなっており、デニムパンツはもちろん、カットソー、スウェット、ジャケット、ワンピース、スカート…などメンズレディースの様々なアイテムが藍、インディゴの色に染められています。

現在はこちらもコンセプトごと45Rに統合され、ブランドとしては終了しています。

Badou-R

2001年に生まれた新ブランド。

「バドゥ・アール=馬道・在る」という意味のブランド名だそう。
江戸時代は街道筋で、荷物を運ぶ馬が休む場所があったということから付けられた名前だそうです。

1999年に竣工した店舗の名称だったそうですが、現在はブランド名として展開しています。

現在、本店は東京、南青山の閑静な住宅街の中にあり、まるで旧家のような重厚な佇まいの日本建築。
45R系列の中でも特に雰囲気のある店舗なのではないでしょうか。


まるで料亭のような雰囲気のBadou-R本店 引用 imachika.com

Badou-Rの注目アイテムといえば、素材、型、付属品を選べるセミオーダーデニム。
会社としてものづくりに真摯に向き合ってきたからこそ実現できた、ファン垂涎のビスポークサービスとなっています。

ビスポークサービス以外にもBadou-Rのオリジナルアイテムなども扱っており、一つのブランドラインとして成り立っています。

こちらのブランドは現在も継続中です。

Umii908

2005年に誕生したブランド。

現在は、45Rとして統合され、ブランド自体は終了しています。

しかし、45Rのオンラインページなどを見ると「45R」の中に「908」というカテゴリのアイテムが展開されているので、こちらのブランドコンセプトを受け継ぎつつ展開しているのかもしれません。

45′ AI INDIGO

2008年に登場した新ブランド。

オーガニックコットンを使用したアイテム展開が特徴のラインです。

現在は、こちらも45Rと統合され、ブランド自体は終了しています。

しかし、45Rのオンラインページなどを見ると「45R」の中に「AI・INDIGO」というカテゴリのアイテムが展開されているので、こちらのブランドコンセプトを受け継ぎつつ展開しているのかもしれません。

サイジキR

「歳時記」をテーマにした45Rの店舗で、厳密にいうとブランドではありませんが、オリジナルの「歳時記シリーズ」を展開しています。

歳時記とは、四季の事物や年中行事などをまとめた書物のこと。

その名の通り、サイジキRでは二十四節気にならい、年間24回、ショップの内装等を変えています。
それと同時に、季節ごとの植物や自然をテーマにオリジナルプリントなどを用いたスペシャルなアイテムも展開しており、非常に人気があります。


「歳時記Tシャツ 上巳」 引用 wear.jp


「歳時記度甘平プリントワンピース」 引用 wear.jp

45R系列の中古市場での評価

ここまでご紹介してきたように、45R系列のブランドは、歴史と共にさまざまに展開してきました。

そんな45R系列のブランドですが、中古市場でもとても高く評価されています。

ずっと長く使っていける、流行に流されないというブランドコンセプトもあり、発売年にあまり影響を受けずにブランド全体でやや古いものでも高い金額で取引される傾向があります。

やはり年式の新しいものの方が評価されやすい傾向はあるのですが、多少古いものでも高く評価されるというのはブランドとしての芯の強さゆえといえるのではないでしょうか。

また、一旦終了してしまったブランドの中古市場での人気が盛り返すという珍しい現象も見られ、現在は終了してしまっている「Umii908」などは、リアルタイムでブランドが展開していた時よりも、中古市場の評価額が少し上がっている印象があります。

このように、様々なブランドラインが様々な形で長く愛されている、日本国内を見渡しても稀有なブランドのひとつが45R系列といえるのではないでしょうか。

KLDの販売ページはこちら

以下のモールでKLDの商品を販売しています。
ぜひご覧ください!(販売内容はどのモールも同じです。)

KLDヤフーショッピング店

KLD楽天店

KLDヤフーオークション店

KLDでは、45R系列ブランドをお買取強化しております。

ここまで読んで下さりありがとうございました。

KLDでは、45R系列ブランドのお買取りを強化しております。

ずっと長く使えるクオリティの高さが魅力の45Rのお洋服ですが、理由があって手放さなければならないタイミングなどはあるかと思います。

その際に、KLDのことを思い出していただければとても嬉しいです。

45Rのお買取りについてはこちらからもどうぞ。

どのシーズン、アイテムでも出来る限り強気のお値付けでお買取りしております。

また、汚れ、ダメージのあるものでも当店独自のリペア、クリーニングを施して販売するため、もちろんお買取りは可能です。

気になるお品物がある場合は、まずLINE査定などで査定額を知ることも可能です。お気軽にご相談ください。

無料査定についての詳細はこちらからご覧ください!

LINEで簡単に無料査定をする

ありがとうございました!

Recommend関連する記事

Purchased clothing results

関連する買取実績