なぜ45Rの服は高いのか?|45rpm

こんにちは。ブランド古着のKLDです。

独自の染色やゆったりとしたパターンにこだわり、唯一無二の世界観を表現し続けるブランド、45R。

とても素敵なアイテムを展開していますが、当然お値段もそれなりにお高くなかなか手を出しにくい!とお思いの方も多いのではないでしょうか。

今回は、「なんでそんなに45Rって高いの?」という疑問に答えるべく、45Rのこだわりの秘密を解説していきたいと思います。

  • どうして45Rってこんなに高いの?
  • 中古で売る時も高く売れるの?

という方はぜひご覧ください。

読めば必ず45Rのお値段の高さに納得できる内容となっています!

こちらの動画でも「なぜ45Rの服は高いのか?」について、ご覧いただけます。

どうして45Rのアイテムは高いの?


45R公式Instagramより引用 45r_official

とても素敵な服を展開しているけど、なぜだか結構お高いイメージのある45R。

それってなぜなの?を解決すべく、その理由を解説していきたいと思います。

こだわり尽くした自社製造


引用 45r.jp

まず45Rの特徴として、非常にこだわったブランドづくりが挙げられます。

1977年の創業からしばらくは、「45rpm」として、「古き良きアメリカの服」をコンセプトに、アメカジを可愛らしく表現したアイテム展開などで人気を博していました。

その頃からアイテムへのこだわりはとても強く、特にデニム生地への情熱は他に類を見ないほどです。

1991年にブランドとして初めての5ポケットデニムパンツを発売。

「大量生産品」としてのカジュアルなアイテムではなく、こだわって作り上げられた職人気質のデニムパンツは日本のみならず、海外からも注目を集めました。

45rpmが展開したデニムの中で一番特徴的だったものが、インディゴではなく「藍染」を用いて生地を染めるというオリジナリティあふれるデニムでした。


藍染デニムは現在もレギュラーで展開中。 引用 45ronlinestore.jp

そのようなブランドとしてのこだわりはもちろん「45R」になっても変わらず、むしろもっと様々な種類の素材、シルエットなどにこだわり、その幅を広げています。

そんな職人気質のこだわりを維持するために、当然のように45Rでは製品の企画、製造、販売までを全て自社でおこなっています。

通常、アパレルブランドでは、デザインを自社でおこない、生地メーカーが作った既製品の生地を使って、縫製工場で製作してもらうというスタイルが一般的です。(最近ではデザインすら外注するブランドなどもあるそうです。)

45Rは、そういった一般的なアパレルブランドとは一線を画した存在といえます。

「服のデザイン」というよりは「ものづくり」という感覚で、生地からオリジナルのものを製作し、パターン、縫製までも手を抜かない徹底した服作りをおこなうことで、妥協のない工芸品のようなアイテムの数々が出来上がっているのです。

服作りの多くを自社でまかなうための設備、人件費などが、アイテムの金額に多少なりとも影響してしまう…という部分は45Rのアイテムが高い所以としてひとつあるといえるかもしれません。

上質な素材


引用 dowellmag.com

前述のように、45Rではアイテムの製作の全てを自社でおこなっています。

「生地作り」という工程ももちろん含まれており、45Rでは非常にこだわった上質なオリジナル生地を製作しています。

例えば、生地作りといっても45Rの場合、なんと「糸」から作るところから始まります。

100年使われてきたヴィンテージの服の生地を顕微鏡で見て研究し、糸から製作。
完全にオリジナルな生地を作ることでブランドの想いを余す所なく表現したアイテムが出来上がるのです。

他にもコットンの糸1本1本にこんにゃく糊のコーティングを施し、リネンニットのようなシャリ感を再現した、「ギマ(擬麻)ニット」や、手紬ぎ手織りにこだわった、インド製の「カディコットン」など、季節ごとに心地のいい肌触りを実現するために、かなり力を入れて開発をおこなっています。


「ギマニット」 引用 wear.jp

また、生地はもちろんのこと、その生地に施すプリントにも非常に強いこだわりがあるのが45Rの特徴です。
プリントももちろんほぼ全てが45Rのオリジナルで、季節の花などをあしらったものが多く見られます。

45Rが得意とするインディゴや藍染の生地によく見られるのが、「抜染」と呼ばれる手法です。

深く染まった生地から色を抜いていくことで表現していく手法で、藍色の生地に白っぽく浮かび上がる模様はとても味があります。


「染抜」で花柄を表現したワンピース。 引用 45ronlinestore.jp

その他にも手書きの模様の版を作って、版画のように一つ一つプリントを手作業で重ねていくプリント手法でオリジナルテキスタイルを作ったりなど、とにかく手がかかったアイテムが多く見られます。

生地は深い研究から、プリントは伝統工芸的な職人気質から…非常に手のかかる製作工程は、45Rの金額の高さに影響している部分かもしれませんね。

至れり尽くせりのアフターフォロー


引用 45r.jp

45Rというブランドのもうひとつの大きなこだわりとして、「長く着込まれる服でありたい」というスタンスがあります。

そもそも「45R」というブランド名は、「45 Revolutions Per Minute」、レコード盤の回転数に由来するブランド名だそうで、「擦り切れるまで聴かれるレコードのように、長く着込まれる服でありたい」という願いがこもっています。

そのスタンスに背くことなく、生地から縫製、デザインにもこだわり尽くして自社製造を徹底していることは前述の通りですが、45Rのこだわりはそれだけにとどまりません。

「長く着続ける」という部分に寄与するため、45Rでは購入したアイテムのアフターフォローも徹底しておこなっています。

「4、5年保証デニム」

まずはデニムの保証サービス。

「4、5年保証デニム」という名称で、対象のデニムパンツに保証が付いており、保証期間内であれば丈詰め、穴あきの補修、リベット、ボタンの破損の補修などをサポート。
自社製品に自信があるからこそ出来るサービスといえますよね。

4、5年保証デニムについて(公式ページ)

「45Rランドリー」

「45Rランドリー」という自社クリーニングサービスは、毛玉取り500円〜、シャツのクリーニング1,000円〜…、と、アパレルブランドの自社サービスにしてはお手頃な印象。
この価格で自社の服のことを知り尽くしたプロにクリーニングしてもらえるとなれば、決して高い金額ではないのではないでしょうか。

45Rランドリー公式ページ

「満足工房」

購入した服のリメイクサービスとして、「満足工房」という名前のサービスでは、ワンピースを解体してブラウスとスカートに、白いシャツをネイビーに染め替え…などあらゆるリメイクをおこなっています。

穴あき補修や丈詰めなどのスタンダードなリペア、リメイクなどを依頼することも出来ます。

満足工房公式ページ

「再びJEANS」

その他にも、とくに面白いサービスとして、「再びJEANS」というデニムパンツのリメイクサービスがあります。
45Rで購入したデニムパンツでしっかりと着用したものが対象となっており、

  • 染め直し
  • 色を薄くする
  • 黄ばみや毛羽の除去
  • ダメージ加工

などのリメイクを施すことができます。

店舗に持参し、職人と話し合って加工を決めていくという手厚いサービスで、色落ちが気に入らず履いていないデニムや、ダメージ加工で気分を変えたいデニムなどを生まれ変わらせることが出来ます。

料金は、黄ばみ除去だけなら¥4,950(税込)〜、染め直しでも¥9,900(税込)〜ということで、手がこんでいる割にはお手頃な印象。

染め直しでベーシックに綺麗な状態にすることもできるし、色を落としたりダメージ加工をしたりなど、思い切り気分を変えて改造してしまうような加工も思いのまま。
45Rといえば、の藍染を選ぶことも可能です。


左が加工前、右を加工後として提示している一例。 引用 45r.jp

自社製品を長く愛用してもらうためのサービスとして、ブランドらしさを感じるかなり面白い試みといえます。

再びJEANS公式ページ

「良いものを長く着続ける」という価値観を掲げている45R。

「ちょっと高いな…」と思う服であっても、大切に長く着続けられると思えば、トータルで考えて安いお買い物になる可能性もあるといえるのではないでしょうか。

中古市場でも高く評価される45R

このように、数々の強すぎるこだわりのもとにものづくりをおこなっている45R。

長くものを大切にするというブランドの姿勢は中古市場にも反映されており、中古市場での評価は上々です。

元々定価が高いということもあって中古での購買を狙うユーザー層の多さや、物自体の質がいいので2人目のオーナーに渡っても充分に使っていけるクオリティなどが評価され、中古市場では高値で取引されている様子が見受けられます。

デザイン的にも流行に左右されにくく、発売からある程度年数の経った商品でも古びることなく、中古市場で受け入れられやすいという部分も大きく影響しています。

以上のことから、たとえアイテムを手放すことになったとしても還元額が大きいブランドとして、45Rには価値があるといえます。

関連記事

こちらの記事もぜひご覧ください!

45R系列ブランドの違いを徹底解説!色々あるけど…どう違う?【45rpm、Umii908、Badou-R…】

みなさんこんにちは。 ブランド古着のKLDです。 今回は、「45rpm系...

45R系列ブランドの違いを徹底解説!色々あるけど…どう違う?【45rpm、Umii908、Badou-R…】

古着屋から見たミナペルホネン、テキスタイルの世界|mina perhonen

こんにちは。ブランド古着のKLDです。 95年のブランド立ち上げから変わら...

古着屋から見たミナペルホネン、テキスタイルの世界|mina perhonen

nest Robeってどんなブランド?3つのこだわりと中古相場について|ネストローブ

こんにちは。ブランド古着買取専門店KLDです。 リネン、オーガニックコット...

nest Robeってどんなブランド?3つのこだわりと中古相場について|ネストローブ

DANIELA GREGISの魅力と中古相場について | ダニエラグレジス

画像引用元:fashionsnap.com こんにちは!ブランド古着買取専門店KL...

DANIELA GREGISの魅力と中古相場について | ダニエラグレジス

KLDの販売ページはこちら

以下のモールでKLDの商品を販売しています。
ぜひご覧ください!(販売内容はどのモールも同じです。)

KLDヤフーショッピング店

KLD楽天店

KLDヤフーオークション店

KLDでは、45R系列ブランドをお買取強化しております。

ここまで読んで下さりありがとうございました。

KLDでは、45R系列ブランドのお買取りを強化しております。

ずっと長く使えるクオリティの高さが魅力の45Rのお洋服ですが、理由があって手放さなければならないタイミングなどはあるかと思います。

その際に、KLDのことを思い出していただければとても嬉しいです。

45Rの過去お買取り実績はこちら

どのシーズン、アイテムでも出来る限り強気のお値付けでお買取りしております。

また、汚れ、ダメージのあるものでも当店独自のリペア、クリーニングを施して販売するため、もちろんお買取りは可能です。

気になるお品物がある場合は、まずLINE査定などで査定額を知ることも可能です。お気軽にご相談ください。

無料査定についての詳細はこちらからご覧ください!

LINEで簡単に無料査定をする

ありがとうございました!

Recommend関連する記事

Purchased clothing results

関連する買取実績