Barbour / バブアー

買取強化ブランド

Barbour / バブアー

Barbour / バブアーの基本情報

Barbourとは

いわゆるブリティッシュトラッド(ブリトラ)の代名詞的ブランドの一つであるBarbourはイギリスで1894年にジョン・バブアー氏によって創業されたブランドです。

今のようにナイロン素材や、ゴアテックスなどの繊維も技術もなかった時代、ジョン・バブワーは雨天や嵐などの天候の中でも水夫や漁師たちが働けるように生地にワックスコーティングを施した、”ワックスドクロス”を開発しました。

その後”ワックスドクロス”を用いたワーカー用ジャケットは、水夫や漁師だけに限らず、一次大戦、二時大戦の英国軍ジャケットとしても採用され、創業からそれから100年以上経た今でもそのコンセプトは変わっておらず、業種を超え国境を超えて世界中で愛用されています。

1936年、オイルドコットン製のライダース ジャケット、“インターナショナル ジャケット”を発表。

1950~70年代に開催された6デイズ トライアルサーキットに出場したほとんどのレーサーや、64年に出場した俳優のスティーブ・マックィーンも着用し、ライダース ジャケットの代名詞となりました。

こうして真摯なものづくりとその品質が認められ、1974年にエディンバラ公より、1982年に女王陛下より、1987年にはウェールズ皇太子殿下より、イギリス王室御用達(ロイヤル・ワラント)の栄誉を賜りました。
エリザベス皇太后の逝去により、現在のロイヤル・ワラント最高峰は3つ、すべてを保持していることは希少な事実です。

70年代に入ると、ハンティング、フィッシング、乗馬といった英国のアクティビティと密接にリンクすることでカントリー・ジェントルマンの装いを彩り、英国を代表するアウトドア・ライフスタイルブランドとしての確固たる地位を築きました。

現在ではアウトドアユースだけでなく、ファッションとして自分のスタイルにこだわりのある人々に絶大な人気を誇るブランドとなっています。

デザイナー

創始者はジョン・バブアー(John Barbour)。
スコットランドのキャロウェイ出身。

イングランド北東部に移住し、そこからは布地の行商として24年間働いていたそうです。

その後、「J Barbour&Sons」という会社をスタートさせます。
これが現在のBarbourの原型になった会社です。

定番アイテム

Barbourには、長い歴史の中で生まれた数々の定番アイテムが存在します。
一番の看板アイテムである、ワックスドクロスのジャケットだけであっても複数パターンのモデルが存在し、それぞれとても人気のあるアイテムとなっています。

関連記事の項から、定番アイテムを詳しくご紹介した記事もご覧いただけますのでぜひご参照ください。

二次流通市場での評価

世界中で愛されるバブアーですから、当然中古市場での評価も高いものとなっています。

まず歴史の長いブランドですので、貴重なヴィンテージのアイテムが中古市場では存在感を放っています。こういったものはかなりの高値で取引される事が多く、オークションなどでの購入を狙うコレクターはとても多いです。

昔からの定番モデルはシルエットの変更などマイナーチェンジを繰り返しながらリリースされており、ヴィンテージのものが評価されるのと同時に、反対に新しいモデルのものも高い評価を受けているといった傾向もあります。

例えば、定番ジャケットの「ビデイル(BEDALE)」などは、近年では「SL」と呼ばれるスリムフィットのモデルが人気となっています。

従来のだぼっとした感じを廃し、スマートに着られるということでビジネスシーンなどでも使用しやすく、一般的にはこちらの新しいモデルが評価されるという傾向があります。

定番アイテムの評価はやはり強く、新旧どちらも二次流通市場では高い評価を受けられるといえるでしょう。

関連記事

バブアーを高価買取してもらうには?定番ジャケット4選や中古相場を古着屋が徹底解説!

公式サイト

https://www.japan.barbour.com/

Barbour / バブアーの買取実績

    Barbour / バブアー の買取は随時行っております。
    当店で買取を行ったお品物は下記EC店舗で随時販売を行っておりますのでぜひお使い下さい。