​NIGEL CABOURN / ナイジェルケーボン

買取強化ブランド

​NIGEL CABOURN / ナイジェルケーボン

​NIGEL CABOURN / ナイジェルケーボンの基本情報

Nigel Cabournとは

「熱烈なヴィンテージオタクが作ったブランド」

Nigel Cabournというブランドを一言で表すと、こう表現して差し支えないかと思います。

1971年に「CRICKET(クリケット)」として立ち上げられた前身ブランドが、1980年より「Nigel Cabourn」というブランド名に変更されました。

デザイナーのナイジェル・ケーボン氏は熱烈なミリタリー、ヴィンテージマニアで、その熱意はNigel Cabournのデザインにも反映されています。

ミリタリーウェアやアウトドアウェア特有の、厳しい環境の中で耐えうるための様々な知恵をデザインに落とし込んだ、流行に左右されない強度のあるアイテムの数々がナイジェルケーボンの特徴です。

その説得力のあるデザインはブランドの大きなアイデンティティのひとつとなっています。

また、その強度のあるデザインを活かすためにナイジェル氏は使用する素材にも強いこだわりを持っています。

ヴィンテージ、アウトドアの機能性を裏打ちするひとつの要素である「生地の良さ」を再現するため、ヴィンテージウェアに使用されている生地の作りを研究、それを元にして現在の技術を合わせ、更に質のいいオリジナルの生地を作っています。

マニアならではの視点と美学によって作られたNigel Cabournのアイテムの数々は、数多くのファンを魅了し続けています。

デザイナー

デザイナーはナイジェル・ケーボン。
1949年、イギリス生まれの男性です。

イギリスの北部の最大都市ニューカッスルにある、ノーザンブリア大学のデザイン科で服作りを学んだ後、1971年に前身ブランドとなる「CRICKET(クリケット)」を立ち上げました。

その後、ブランド名を「Nigel Cabourn」という自身の名にし、現在まで第一線でデザインを行っています。

非常なヴィンテージ・マニアとして知られており、彼自身のコレクションははなんと4,000点以上にも及び、デザイナーとしての一面と、コレクターとしての一面も有名な人物です。

定番アイテム

Nigel Cabournには、ヴィンテージやミリタリーアイテムをルーツとした定番アイテムが多数あります。

不動の定番といえば「マロリージャケット(MALLORY JACKET)」。登山家のジョージ・マロリー氏の着ていたジャケットをモチーフにしたアイテムです。

また、「カメラマンジャケット(Cameraman Jacket)」や「ホスピタルジャケット(HOSPITAL JACKET)」など、デザインにしっかりとしたルーツのあるアイテムの数々を、シーズンによって生地やカラーを変えて展開しています。

定番アイテムについては、関連記事のリンクから紹介記事もご覧いただけますのでぜひご参照ください。

二次流通市場の評価

定番アイテムが明確に存在したり、ヴィンテージという過去のものをモチーフとした物づくりから、Nigel Cabournのアイテムは年式が古いものの価値が落ちにくいといえます。

発売から年数が経っても極端に価値が落ちるということがないので、安定した金額で取引される事が多い印象です。

コアなファンが多数おり、ブランド自体にも人気があるので中古市場も活気があります。

したがって中古品を市場に出した際にも売れやすく、二次流通市場の評価は総じて高いブランドといえます。

関連記事

【ナイジェルケーボン 高価買取】Nigel Cabournはいくらで売れる?定番人気アイテム4選と中古相場を古着屋が徹底解説!

公式サイト

https://cabourn.jp/

​NIGEL CABOURN / ナイジェルケーボンで高価買取を実現するポイント

Nigel Cabournのアイテムは安定して強気のお値付けが出来るものが多いです。

発売からの年数の経過もさほど気にすることはなく、新しいシーズンのものと遜色ないお値付けが可能です。

生地にこだわりのあるブランドですので、使用している生地などで多少評価額が上下することがあります。

よって、LINE査定などをご利用の際は洋服の内側などに付されている品質表示タグの写真をお送り頂けるとより正確な査定が可能となります。

​NIGEL CABOURN / ナイジェルケーボンの買取実績

    ​NIGEL CABOURN / ナイジェルケーボン の買取は随時行っております。
    当店で買取を行ったお品物は下記EC店舗で随時販売を行っておりますのでぜひお使い下さい。