LARDINI / ラルディーニ

LARDINI / ラルディーニの基本情報

LARDINIとは?

「イタリアの人気ファクトリーブランドとは?」と問われたら「ラルディーニ(LARDINI)」がまっさきに思い浮かぶ方は少なくないのでは、と言われるほどのイタリアを代表するブランド。

BOGLIOLI(ボリオリ)、TAGLIATORE(タリアトーレ)などイタリアに人気ブランドは数あれど、とりわけテーラード業界に身をおく業界人からの評価が高いことでも知られるのがLARDINIです。

1978年、ルイジ・ラルディーニ(Luigi Lardini)氏がイタリアのアドリア海に面するアンコーナという港町にて創業したブランド。

最初は仕立て工房として家族経営による事業を活動していたが、OEMとして30年近く世界の名だたるメゾンブランドを担当して得た高い縫製技術を生かし、1993年に自社名でオリジナルブランドを展開しています。

ジャケットのラペルについた花形のブートニエールが特徴的で、日本でも高い人気を誇っています。

現在では、毎日400人体勢で手作業の生産を行う、イタリアで屈指の一大ファクトリーブランドに成長しています。

デザイナー

創始者であり、現在までクリエイティブディレクターを務めているのは、ルイジ・ラルディーニ(Luigi Lardini)。

1970年代には、スタイルとエレガンスへの情熱だけをたずさえ、弱冠18歳にしてメンズウェアのコレクションの製作を開始したそうです。

ルイジ氏のセンスは昔から評価が高く、選択眼を直感的に確信した兄のアンドレア・ラルディーニ(Andrea Lardini)氏と姉のロレーナ・ラルディーニ(Lorena Lardini)氏が事業の立ち上げに協力しています。

事業設立後、ファッション業界人から国際的な業界人まで、幅広い層からまたたく間に注目を集めました。

ラルディーニの仕立てサービスを利用する顧客の数は数年のうちに大幅に増加し、ビジネスの発展と共に、それぞれが仕事の役割を担うようになります。

創立者のルイジ氏はスタイリング、兄のアンドレアはコンピューターエンジニアリングの学位を生かして技術面を、姉のロレーナは経営と財務を管理しました。
数年後には、末妹のアンナリタ氏も品質管理として会社のビジネスに参加しています。

定番アイテム

LARDINIといえばアンコンジャケットが代表的なアイテムといえます。

アンコンジャケットとは、芯地や副資材を省いた一枚仕立てのジャケットのこと。
古くはアットリーニ、ボリオリ、カンタレリが切り開いて来たテーラードジャケットのスタイルです。

ジャケットのラペルに、花をかたどったブートニエールが付されており、LARDINIの象徴といえるアイコニックな存在です。

ジャケットは様々な形を展開しており、それぞれに番号のモデル名が付されています。

最もオーソドックスと言われているのが、段返りシングルの3つボタンでパッチポケットが配された“526”。
パッドや芯地を極力省いた柔らかな仕立てながらも構築的なデザインで、着る人の体型に自然とフィットするのが特徴です。

ちなみに“560”、“822”、“823”など、モデル番号の違いはあれど同デザインで高い人気を集めています。

体形や好みによって選ぶことの出来るラインナップが嬉しいところです。

二次流通市場での評価

LARDINIの商品は、素材、縫製などに非常にこだわって作られたものばかりで、基本的に安いとは言い難い価格設定となっています。

また、裾上げなどを要するパンツなどよりは中古商品に抵抗がないユーザーが多いことで、中古市場も盛り上がっているといえるでしょう。

基本的にはやはりジャケット類の取引が多く、総じて二次流通市場では高い評価を得ていますが、ブルゾンなどのカジュアルアイテムも高い価格で取引されています。

したがってLARDINIの商品は、状態にもよりますが総じて二次流通市場で高い評価を得ているといえるでしょう。

公式サイト

https://www.lardini.com/hk_en/

LARDINI / ラルディーニで高価買取を実現するポイント

お品物の状態には左右されますが、基本的に強気のお値付けが可能なブランドです。

お品物の内側に付された品質表示タグなどから査定に必要な情報を得ていますので、品質表示タグがある場合はその部分の写真をお送りいただければより正確な査定が可能となります。

LARDINI / ラルディーニの買取実績

    LARDINI / ラルディーニ の買取は随時行っております。
    当店で買取を行ったお品物は下記EC店舗で随時販売を行っておりますのでぜひお使い下さい。