FUMIKA UCHIDA / フミカウチダ

買取強化ブランド

FUMIKA UCHIDA / フミカウチダ

FUMIKA UCHIDA / フミカウチダの基本情報

FUMIKA UCHIDAとは?

2014年に内田文郁が立ち上げたブランド、フミカウチダは、「アイデンティティーのある女性のための服」をコンセプトにしたブランドです。

ヴィンテージファッションが好きな女性達のように、流行に流されず、自分の核を持った女性に向けた「ひとクセある」デザインが特徴です。

内田文郁はヴィンテージのバイヤー経験が豊富なこともあり、彼女自身もヴィンテージファッションが好きで、デザインの根底にヴィンテージファッションの持つ、強さや説得力のようなものを感じることが出来ます。

そして、このフミカウチダの魅力は、個性的ながらも不思議とコーディネートに取り入れやすいアイテムの多いことにあります。

FUMIKA_UCHIDAの服作りは、コーディネートや着こなしを考えることから始まるそうです。

「この着こなしを完成させるためにはこういったアイテムも必要なのではないか」という発想からアイテムのイメージを膨らませているそうです。

内田文郁はもともと服飾の勉強を学校でしていたわけではなかったのですが、1点ものの古着を扱うヴィンテージショップの中で、自身で作ったオリジナルの商品が売れたことが、服作りの道に進むきっかけになりました。

2014年に正式に「FUMIKA_UCHIDA」というブランドとして立ち上げたあとの最初のコレクションでは、知り合いとして繋がりがあるお店にのみ「一生懸命に作ったので見てください」と連絡を送り、15店舗で取り扱いがスタート。

その後は、SNSなどでも瞬く間に話題となり、ブランドとしての地位を確率していくこととなりました。

FUMIKA_UCHIDAのデザインは、そういった彼女自身の服作りのスタイルから生まれているとも言えます。

デザイナー

デザイナーは内田文郁。
1979年、宮城県出身。

ヴィンテージショップ「Santa Monica」のバイヤーを経て、夫と共に中目黒に「JANTIQUES」というヴィンテージショップをオープン。

その後、2010年からはJUNグループのセレクトショップ、白金台のBIOTOPのヴィンテージ商品のバイイングを担当し、2014年にFUMIKA_UCHIDAを立ち上げました。

長年ヴィンテージショップでのバイヤー経験などがあることから、デザインにもヴィンテージへのリスペクトが強く感じられます。

定番アイテム

FUMIKA_UCHIDAには、定番アイテムと呼ばれるものが存在します。

伸縮性のあるコットンニット素材で作ったボディスーツやカットソー、ブランド立ち上げのきっかけとなったデニムパンツなどはその一例です。

特にボディスーツなどはFUMIKA_UCHIDAを象徴するアイテムといってもよく、色などを変えてリリースし続け、根強い人気があります。

定番アイテムについては関連記事の項から、詳しく解説した記事などもご覧いただけますのでぜひご参照ください。

二次流通評価

上述のように、フミカウチダのアイテムはヴィンテージ的な発想に根底を支えられており、流行に左右されにくいという一面があります。

メンズブランドと比較して、流行に敏感な消費者の多いレディースブランドの中では「流行に左右されにくい」というのはひとつの貴重な側面となります。

フミカウチダのアイテムは、最新の流行を追いかけるだけではない、独自の価値観を持つ女性に愛されるに耐えうるこだわりの強いアイテムが多く、中古市場での価値が落ちにくいのが特徴です。

フミカウチダの定番アイテムに、リブタンクトップやボディスーツがあります。

通常、肌に近い部分で身に着けるものは中古市場では評価されにくいというのが定石なのですが、フミカウチダに至っては、こういったアイテムですら中古市場で高い評価を得る事に成功しています。

定価が高めに設定されていることで、「中古でも良いから欲しい!」という二次流通での購入を狙うユーザーも多くいるブランドといえます。

関連記事

【フミカウチダ 高価買取】FUMIKA_UCHIDAはいくらで売れる?人気アイテム3選と中古相場を古着屋が徹底解説!

公式サイト

http://fumika-uchida.com/

FUMIKA UCHIDA / フミカウチダの買取実績

    FUMIKA UCHIDA / フミカウチダ の買取は随時行っております。
    当店で買取を行ったお品物は下記EC店舗で随時販売を行っておりますのでぜひお使い下さい。