ACRONYM / アクロニウム

ACRONYMとは?

ACRONYMは、ベルリン在住のカナダ人エロルソン・ヒューと元パートナーのミカエラ・ザッヘンバッハーによって1999年に誕生したブランドです。

「コンパクトで使いやすいもの」をコンセプトに掲げており、ストリートやアウトドアをルーツに持つ高機能、高性能のファンクションを持ちつつも、モード系などのブランドがひしめくハイファッションカテゴリーでも存在感を放っています。

1シーズンのコレクションで発表される作品は最大でも15を越えることがなく、1つのジャケットに3年を費やすこともあるというほどであり、綿密なリサーチによって本人たちが納得いくまで徹底的にこだわり抜いた制作スタイルが特徴。

またNikeとのコラボレーションによって誕生した、Presto Air acronymやLunar Force acronymなどのモデルはフットウェア業界にもアヴァンギャルドな旋風を巻き起こし、2008年から就任しているイタリアの名門カジュアルブランドStone Islandの新ラインStone Island Shadowも同ブランドの伝統を取り入れた上で、ACRONYMらしさが加えられてアップデートされている注目のブランドの一つとなっています。

デザイナー

エロルソン・ヒュー(ERROLSON HUGH)

1971年、カナダ、マニトバ州南部にある都市ウィニペグ出身。

ACRONYMのデザイナーを務めるほかに、「STONE ISLAND SHADOW PROJECT」「NIKE ACG」のデザイナーを務め、「ゴアテックス」社のアドバイザーも務める。
また、初期の「HERNO Laminar」のデザインも手掛けていました。

10歳の時に空手を始め、空手着の着方・畳み方・持ち運び方を学び、空手着特有の足の開き方などを発見し、以来、必ずパンツは試着して体を動かしてから購入していたとのこと。

空手の経験は現在のデザインにも大いに影響を及ぼしており、「旋風脚を蹴れるパンツ」なんていうコンセプトのアイテムも存在しています。

ACRONYMでは、自らモデルを務めるなどアイコン的な存在ともいえます。

Twitter:https://twitter.com/erlsn
Instagram:https://www.instagram.com/erlsn.acr/

ミカエラ・ザッヘンバッハー(Michaela Sachenbacher)

エロルソン・ヒューと共に、デザイナーデュオとして活躍。
ACRONYMの共同設立者であり、デザインは2人でおこなっています。

エロルソン氏が表に出ることの多い印象があるACRONYMですが、「彼女が共同経営者でなかったら、Acronymは絶対今とは違うものになるだろう」とエロルソン氏も言うほど、ACRONYMには無くてはならないデザイナーです。

定番アイテム

ACRONYMには定番と呼ばれるアイテムが多数あり、そのどれもがデザイナー2人のこだわりの詰まったものとなっています。

定番アイテムについては、関連記事の項から詳しく解説した記事もご覧いただけますのでぜひご参照ください。

二次流通市場の評価

ACRONYMは唯一無二の存在感で中古市場でも非常に注目を集めるブランドです。

何しろ定価が安いとはいいがたく、安いジャケットでも¥100,000以上、高いラインのジャケットを日本で買おうと思えば¥300,000以上することもあります。

そのため、「新品では手が届かないけど中古でなら欲しい」と思う2次流通の購買を狙うユーザーが多く存在し、状態が悪くなければさほど中古での大きな値崩れもしない印象で、手放す時にも再販に有利なアイテムが多く見受けられます。

よって、中古市場で取引する場合にも状態に気を付けてさえいれば高価買取が可能な、非常に高く評価されているブランドといえるでしょう。

関連記事

ACRONYMはいくらで売れる?定番人気アイテム4選や中古相場を古着屋が徹底解説!

公式サイト

https://acrnm.com/

総じて人気が高く、高価買取が可能なアイテムが多いブランドです。

ゴアテックスのジャケットなどはシームテープの劣化などで評価額が落ちることがありますので、状態にはやや注意が必要です。

お品物の内側に付されている品質表示タグから査定に必要な情報を見ていますので、LINE査定などをご利用の際は品質表示タグの写真をお送りいただけますと、より正確な査定が可能となります。

ACRONYM / アクロニウムの買取実績

    ACRONYM / アクロニウム の買取は随時行っております。
    当店で買取を行ったお品物は下記EC店舗で随時販売を行っておりますのでぜひお使い下さい。