MOSCOTの定番・名作メガネたち10選|モスコット

こんにちは。ブランド古着のKLDです。

1915年創業という長い歴史を持ち、現在も常にアップデートされた素敵なメガネを作り続けるブランド、MOSCOT(モスコット)。

今回は、

  • MOSCOTってどんなブランド?
  • 代表的モデル「lemtosh」について
  • その他のMOSCOTの定番・名作モデルたち
  • 中古市場での評価

という形で、お話していきたいと思います。

これからMOSCOTのメガネが欲しい!と思っている方はもちろん、中古相場についても解説していきますので、売却をお考えの方にもぜひお読みいただきたい記事になっています。

MOSCOT(モスコット)とは?

どんなブランド?


MOSCOT公式Instagramより引用 moscotnyc

MOSCOTは、1915年に創業した、ニューヨークのアイウェアブランドです。

創業者のハイマン・モスコットが、押し車での行商からスタートさせました。

その後、2代目ソル・モスコットが路面店をオープン。
3代目ジョエル・モスコットの人柄が顧客を集め、MOSCOTは有名になっていきました。

4代目ハーベイ・モスコットやケニー・モスコットらによって、MOSCOTのフラッグシップショップとなる2店舗目がオープン。

そこから、世界中にファンを持つグローバルなライフスタイルブランドへと進化していきました。

「MOSCOT ORIGINALS」と名付けられたコレクションは、1950~60年代のアメリカンヴィンテージのデザインを軸に、クラシックの定番モデルを多数展開。

1940~60年代に発表されたそれらのモデルは、現在でも熱狂的なファンが探し求める伝説的なモデルとなっています。

MOSCOT最新の動向

そんな、ニューヨークの古き良き時代から受け継がれてきたMOSCOT。

近年では、ミラノで開催された、世界最大級のメンズプレタポルテ「PITTI UOMO」のトム・ブラウンのショーでも大きく取り上げられました。

感度の高いファッションピープルや、ミュージシャンなどのクリエイター達からも、熱い視線が注がれています。

歴史あるブランドですが、MOSCOTが日本での正規取り扱いとなったのは、意外にも最近の2008年。

ニック・ウースターやレディ・ガガなどが愛用したことや、「DOVER STREET MARKET NEW YORK」での出店にともない、銀座にある「DOVER STREET MARKET GINZA」でポップアップショップがオープンしました。

川口春奈さん、田村淳さん、重盛さと美さんなど、日本の芸能界でもじわじわとファンが増加中。

2013年からは、新たなライン「MOSCOT SPILIT」のデリバリーが日本でもスタートし、今後の動向に期待が集まっています。

MOSCOTで圧倒的人気「lemtosh」の特徴とは?

MOSCOTで圧倒的人気を誇る「lemtosh(レムトッシュ)」。


引用 moscot.com

ここからは、MOSCOTを代表するこのモデルの特徴を3つお伝えしていこうと思います。

特徴1:さまざまなスタイルに馴染む万能デザイン


引用 moscot.com

まず、1つめは「さまざまなスタイルに馴染む万能デザイン」。

きちんとしたスーツから、カジュアルな普段着まで、どんな服装にも合うことがlemtosh最大の特徴です。

その理由は、フレームの形にあります。

lemtoshのフレームは、ボストンとウェリントンの中間にあたる形をしています。
海外ではウェリントンという認識のようですが、日本では通称「ボスリントン」と呼ばれることも。

丸型で柔らかな印象のボストンと、スクエアシェイプでシャープな佇まいのウェリントン。

両方の利点を併せ持つlemtoshは、それゆえにどんな顔型、どんなスタイルにも似合うフォルムになっています。

これさえあればキマる、という安心感から、絶大な人気を誇るフレームになったと言えるでしょう。

特徴2:セミオーダー感覚で選べる、豊富なサイズ展開


引用 pokerface-web.com

lemtoshの特徴2つめは、「セミオーダー感覚で選べる、豊富なサイズ展開」です。

現在、44(S)、46(M)、49(L)、52(XL)という4種類のサイズ展開がされているlemtosh。

もともとは44から49の3サイズ展開でしたが、2017年に52が追加されました。
サイズの数字は、レンズの横幅をミリ単位で表していて、鼻幅は全サイズ共通で24ミリ。

メガネのサイジングでは、目がレンズの内側に寄っているとカジュアル、中央だとフォーマルな印象を与えるそうです。

サイズに迷った場合は、使用するシーンを想定し、その雰囲気に合わせて選ぶのがおすすめ。
日本人の平均的なサイズから考えると、Mサイズが一番合いやすいと言われています。

人の顔の形はさまざま。
しかし、手間のかかるオーダーよりも手軽に購入できる豊富なサイズ展開があれば、ネットでも安心して購入できそうですね。

特徴3:そのときの気分に合わせられる、カラーバリエーション


引用 moscot.com

lemtoshの特徴3つめは、「そのときの気分に合わせられる、カラーバリエーション」です。

通販サイトを見ると、カラフルなめがねがたくさん。
しかし、そのほとんどがlemtoshということに驚かされます。

一番人気なのは、おなじみのブラック。
ですがそのほかにも、定番のべっ甲柄から、スポーティーなブルーやレッド、渋めなタバコカラーまで。

近年流行中のクリアフレームも、もちろん展開されています。

商品名を見るまでlemtoshだと気づかないその違いに、購入までかなり悩まされる人も多いのではないでしょうか。

定番の黒をすでに持っている方は、ぜひコーデのアクセントになるカラーをチョイスしてみてください。

ここまで、MOSOTで大人気、「lemtosh」の特徴を3つに絞ってお伝えしました。
次からは、さまざまな形のめがねをご紹介していきます。

lemtoshが気になっている方も、はたまた「lemtoshは似合わないかも……」と感じた方も、運命の1本に出会えるかもしれませんので、このまま読み進めて頂けると幸いです。

MOSCOTの定番メガネたち

MILTZEN(ミルゼン)


引用 moscot.com

1940年代に発表され、人気を博した「MILTZEN(ミルゼン)」。

モスコット家の叔父の名前が付けられたと言われ、アンディ・ウォーホルやジョン・レノンに着用されて有名になったモデルです。

隣接する2つのドットリベットと、着用時にも快適なキーホールブリッジを採用しています。
ラウンドに近い丸みのあるレンズシェイプが特徴的で、ボストンフレームが似合う方におすすめ。

男女問わずかけられる名作となっています。

YUKEL(ユケル)


引用 moscot.com

1960年代に発表された、人気モデルの「YUKEL(ユケル)」。

まさにYUKELが発売された1960年代を彷彿とさせる、クラシカルなブロータイプです。
シャープさの中に若干丸みを帯びたシルエットは、ビジネスシーンはもちろんデイリーユースも可能。

どうしても男っぽい印象を与えてしまうサーモントタイプですが、YUKELだときつくなりすぎず、女性にもおすすめです。

VILDA


引用 moscot.com

ウェリントン型とボストン型を融合させたような、「VILDA(ヴィルダ)」。

MOSCOTユーザーからとても人気が高い、クラシカルな逸品です。
アメリカ大統領のフランクリン・D・ルーズベルトも愛用していたモデル。

極太のテンプルが、きりっとした印象の顔立ちにしてくれます。
男性に好まれるデザインではありますが、クリアカラーのフレームをチョイスすれば、女性にも馴染みやすい柔らかい印象に。

ZEV(ゼブ)


引用 moscot.com

ボストンフレームの「ZEV(ゼブ)」。

イギリスで1948年から始まった、医療費原則無料の国営医療保険制度。
その中に、メガネを市民に配給する制度がありました。

1960年代に支給した「Poor Boy」というメガネにインスパイアを受けて製作されたモデルが「ZEV」。
クラシックなP-3シェイプと、ウィンザーリム風のアイワイヤーが特徴です。

男女問わず使えて、知的な優しさを醸しだしてくれます。

AIDIM(アイディム)


引用 moscot.com

優しげな印象を感じさせる、サーモントフレームの「AIDIM(アイディム)」。

名前の由来は、創業者の娘婿のニックネームからきているそう。

シャープなサーモントを、丸みのあるラウンドシェイプで調和してくれます。

上でご紹介したYUKELに比べ、さらに丸みが強くなっているので、柔らかい雰囲気に。
YUKELだとまだ少しきつい印象になる方には、ぜひ試してほしいモデルです。

GELT(ゲルト)


引用 moscot.com

トムトッシュ系ウェリントンモデル「GELT(ゲルト)」。

定番のウェリントンフレームよりもやや丸みのある、美しいラインのスクエアタイプ。
ダイヤモンド型のリベットがアクセントになっていて、クラシカルな雰囲気にしてくれます。

フレームが太すぎず、幅広い服装に合わせることができます。

女性の方では、きれいめなワンピースに合わせるなどコーディネートのハズしアイテムとして活用するのもおすすめ。

NEBB(ネブ)


引用 moscot.com

スクエア寄りのウェリントンモデル、「NEBB(ネブ)」。

エッジの効いたシャープなフレームに、丸みのあるスクエア型のレンズを合わせ、程よいバランス。

やや幅広で存在感のあるフレームですが、フロントセルの厚みを控え目にしているため、そこまで重みを感じさせません。

フロントとテンプルの2ピンカシメがアクセントになる1本、どんなシーンでも使えるメガネとして持っておくと安心です。

GRUNYA(グルンヤ)


引用 moscot.com

圧倒的な存在感の「GRUNYA(グルンヤ)」。

上で紹介した、LEMTOSH、MILTZEN、NEBBを足して3で割ったようなモデル。
コーディネートのアクセントというより、バッグやシューズのように「小物」として取り入れたい1本です。

ラウンドシェイプのレンズに、ボリュームワンポイントとして人気の高い、3つのドットリベットが配置されています。

太いテンプルと野暮ったくて丸いフロントリムが、かける人の個性を引き立たせるデザイン。

KEPPE(キッペ)


引用 moscot.com

これからの定番にもなりそうなデザイン、「KEPPE(キッペ)」。

柔らかなシェイプながら肉厚であり、コロンとしたレンズはメガネにサングラスに活躍しそうな印象。
女性がかけると、ボーイッシュな雰囲気になれます。

先程紹介したGRUNYAが、少し個性的すぎると感じた方におすすめです。

自身のアイコンとなり得るインパクトがありながらも、主張しすぎない、シンプルなコーディネートに合わせたい1本。

以上、MOSCOT定番めがねをご紹介しました。

MOSCOTの中古市場での評価

ここまでMOSCOTの定番・名作アイテムを合計10モデルご紹介してきましたが、これらの中古市場での評価についてもお話したいと思います。

MOSCOTの中古市場での評価としては、全体として高い評価で取引されているといえます。

その中でもやはり代表的なモデルであるlemtoshは別格で、時代に流されず一定の高い評価を得ているといった印象です。

lemtoshは代表モデルだけあってファッションブランド等とのコラボレーションや別注モデルも多く、スペシャルな仕様のそう言ったモデルはとくに高く評価されることが多いようです。

メガネを中古で売却する際は、小傷などのチェックを行い、付属品の有無と共にしっかりと記載して販売することがトラブル防止につながるかと思います。

汚れや使用感の目立ちやすい服よりも中古での販売がしやすい分野のアイテムではありますので、KLDでももちろん強気にお値付けが可能です。

lemtosh以外のモデルについても総じて強気のお値付けが可能ですのでぜひご相談ください。

関連記事

こちらの記事もぜひご覧ください!

魅力的な世界の眼鏡たち|アイウェア記事まとめ

みなさんこんにちは!ブランド古着のKLDです。 この記事は、KLDでこれま...

魅力的な世界の眼鏡たち|アイウェア記事まとめ

【名作・定番】JULIUS TART OPTICALの眼鏡たち|ジュリアス タート オプティカル【おすすめ10選】

こんにちは。ブランド古着買取専門店KLDです。 アメリカンヴィンテージのデ...

【名作・定番】JULIUS TART OPTICALの眼鏡たち|ジュリアス タート オプティカル【おすすめ10選】

【名作・定番】Lunor |温故知新から生まれるこだわりの眼鏡たち|ルノア【おすすめ10選】

こんにちは!ブランド古着買取専門店KLDです。 ドイツのアイウェアブランド...

【名作・定番】Lunor |温故知新から生まれるこだわりの眼鏡たち|ルノア【おすすめ10選】

Lesca Lunetierの定番・名作メガネたち9選|レスカ ルネティエ

こんにちは。ブランド古着買取専門店KLDです。 フランスで長い歴史を持ち、...

Lesca Lunetierの定番・名作メガネたち9選|レスカ ルネティエ

KLDの販売ページはこちら

以下のモールでKLDの商品を販売しています。
ぜひご覧ください!(販売内容はどのモールも同じです。)

KLDヤフーショッピング店

KLD楽天店

KLDヤフーオークション店

ここまで読んでくださった方へ

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

長い歴史を持ち、今もなお世界中の人から愛されるメガネブランド、MOSCOT。

KLDでは、MOSCOTのお取り扱いを強化しております。

LINE査定も出来ますので、もし気になるアイテムがございましたらお気軽にお声かけ下さい!

無料査定についての詳細はこちらからご覧ください!

LINEで簡単に無料査定をする

ありがとうございました!

Recommend関連する記事

Purchased clothing results

関連する買取実績