【名作・定番】MYKITA|テクノロジーと美への追求から生まれる眼鏡たち|マイキータ【おすすめ10選】

こんにちは!ブランド古着買取専門店KLDです。

ドイツのアイウェアブランドとして、たゆまぬ努力から生まれるイノベーションと高い技術力で唯一無二のアイウェアを作り続けているMYKITA(マイキータ)。

さまざまなモデルを展開していますが、ステンレスを薄く伸ばし、カットしてネジを使わずに仕上げた「ステンレスシート」のアイウェアたちはMYKITAのイメージとして強く印象づけられている方も多いのではないでしょうか。

「色々なモデルがあるけどどれを選べばいいのかわからない…」
「せっかくなら長く使える定番を知りたい!」という方に向けて、今回はMYKITAの定番、名作モデルをご紹介したいと思います!

ブランド古着店として様々な眼鏡を見てきた私たちが、

  • MYKITAはどんなブランドで、どんな魅力があるのか
  • MYKITAの定番モデルにはどんなものがあるのか
  • MYKITAの中古市場での評価

を解説していきます。

また、私たちKLDでも、MYKITAはかなり買取強化をしているブランドですので、その理由なども併せてお伝えしていきます。

MYKITAとは


引用 MYKITA

メガネの常識を覆し、世界的に衝撃を与えたメガネブランドMYKITA(マイキータ)。まずはどんなブランドなのかご紹介したいと思います。

MYKITAは2003年にMoritz Krueger(モーリッツ・クルーガー)、Harald Gottschling(ハラルド・ゴットシュリング)、Daniel Haffmans(ダニエル・ハフマンズ)、Philipp Haffmans(フィリップ・ハフマンズ)の4人のクリエイティブ集団によって創業されたメガネブランドです。

「美とテクノロジーの融合」をテーマに掲げ、特許となっている画期的なアイディアや個性的なデザインは、世界中のアイウェアファンに愛されています。

MYKITAの一番の特徴とも言えるのが、ネジを一本も使わないメガネという事です。

はめ込み式のジョイントと、薄くて軽量なフレームでメガネの常識を覆します。

様々なコレクションラインナップが登場しますが、そのどれもが革新的技術やデザイン、超軽量の着け心地を備えています。

瞬く間に世界的なメガネブランドに進化したMYKITA。

多くのセレブや著名人が愛用しているメガネブランドの一つです。

今回は人気のおすすめの定番型を10選としてご紹介したいと思います。

MYKITAの定番、名作アイテム10選

TRUMAN


引用 MYKITA

MYKITAサングラスの定番と言えばTRUMANです。

製法はMYKITAだけの特許、ネジを使用せず全て手作業で組み上げられています。

重さも0.5mm厚のステンレスフレームで非常に軽量なモデルで、デザインもクセのないウェリントンタイプ。

まさにMYKITA流の王道のサングラスといえそうです。

レンズはタレックス社製の偏光レンズを使用してしっかりと高機能に。

丸みのあるレンズの形やちょうど良いサイズ感で、男女共に好評です。

個性的なデザインも多いMYKITAですが、こちらのTRUMANはかなりシンプルな作り。

クラシック過ぎず、スポーティー過ぎず、洗練されたデザインと高機能が魅力のモデルとなっています。

MMCRAFT010


引用 ポンメガネweb

パリのファッションブランドMaison Margiela(メゾンマルジェラ)とのコラボレーションモデル。

両ブランドのコラボレーションのモデルはいくかあり、その全てが人気です。

このMMCRAFT010は新鮮なほどにシンプルなデザインになっています。

しかしながら、細部にこだわりが伺えるメガネになっています。

まずはレンズですが、ただ丸いと言うわけではありません。

多角形の角を多くすればするほど丸に近づく様なデザイン。
絶妙にシャープな印象を与えます。

さらにメガネのブリッジやテンプル部分にはMaison Margielaの頭文字「M」をモチーフにした装飾が印象的です。

レンズの色も薄いカラーが選ばれており、今までなかったMYKITAサングラスとなっています。

シンプルでクラシックな印象ですが、実は新しいテイストがファンを魅了したメガネです。

DELAMO


引用 MYKITA

ヴィンテージのアイウェアをMYKITAの解釈で現代的にデザインしたモデルのDALANO。

現代のクラシックをテーマに掲げた「DECADES シリーズ」はMYKITAのコレクション中でも非常に人気のシリーズです。

こちらのDELANOは、はっきりとしたシルエットが特徴で、少しインパクトのある印象のウェリントンタイプになっています。

ボリュームはあるのですが、スマートにかけられるのでファッションアイテムとしても人気の形です。

また、デザインにクセがなくクラシックにもなり過ぎないので、どんな格好やシーンでも使い勝手の良い嬉しい万能アイテム。

比較的大き目のフレームなので小顔効果も期待でき、厚みのないフレームは日本人の顔にも違和感なく馴染みます。

ビッグサイズで掛けてアクセントに、と女性にも人気のモデルとなっています。

KAZU


引用 navii

廃盤になってしまった大人気モデルKAZUOをアップデートした日本限定のコレクションKAZU。

ブローラインのデザインが少し変更されていますが、全体的に忠実に再現されています。

日本限定コレクションなだけあって、日本人の骨格を元にデザインされ、日本人の顔に非常に良く馴染みます。

フレームはステンレスシートで軽くて丈夫、さらに錆びにくいのも特徴です。

他のモデルと同様に、MYKITAのネジを使わない製法により、緩みの心配がないのも人気のポイントです。

スクエア型で知的な印象のKAZU。

ビジネスシーンやオンスタイルで人気のあるモデルとなっています。

GIGI


引用 MYKITA

アセテートを用いたフレームの「No.2シリーズ」のGIGI。

MYKITAのメガネはステンレスシートのメタルフレームが印象的ですが、アセテートのプラスチックフレームの「No.2シリーズ」も非常に人気のコレクションです。

またブランドとしても創業当初から手がかけている重要ラインナップ。

GIGIはアセテートのラウンドタイプの眼鏡になっています。

MYKITAのデザインは、クラシックさだけではない魅力があります。

GIGIというモデルは、正面から見ると美しくバランスの取れたラウンド型。

しかし典型的なラウンド型のメガネとは異なり、フレームの側面は角張っているんです。

ただクラシックなだけではなく、MYKITAによる現代的なデザインとなっています。

実際に掛けてみると、シンプルなラウンド型以上に引き締まりシャープな印象になる丸メガネです。

PALM


引用 MYKITA

MYKITAのコレクションには、独自素材を用いた軽量高耐久の「MYLON シリーズ」があります。

軽量で耐久性もしっかりと確保された設計を3Dプリンターを使うことで製作を可能にしています。

ネジを使わない製法や、独自の製法を追求するMYKITAならではのシリーズ。

このシリーズには派手なデザインの物が多いですが、PALMはシンプルさが目を引きます。

クラシックで落ち着いたデザインなのにどこか新しい。

通常の作り方では不可能な形になっているからです。

非常にシンプルな作りにも関わらず、与える印象はかなり新鮮になるのが特徴です。

華奢な見栄えなのに耐久力が非常に高い、そして見た目以上の軽さで人気のモデルです。

AKI


引用 MYKITA

ステンレススチールの超軽量フレームの「LITE シリーズ」はMYKITAの代名詞的シリーズです。

MYKITAの通常のコレクションのフレームは0.5mmのステンレスシートが使用されていて、軽量さが有名です。

LITEシリーズはさらに薄い0.3mmのシートで作られています。

超軽量モデルでかけている事を忘れてしまうほど。

その中でもAKIは人気のモデルです。

レンズの形はラウンドとオーバルの中間の様な万能デザインが特徴です。

高級感もあり、機能美を追求したようなメガネです。

KAYO


引用 Good See Co.

MYKITAの数あるモデルの中でも、ミニマルなデザインが特徴のコレクションがLESSRIMシリーズです。

中でも人気なモデルがKAYO。

まるでリムレスのようなデザインですが、実は極限までリムを薄く細くしたデザインになっています。

リムのないメガネの様に自然な雰囲気で掛けながらも、リムに色をが付いているので、さりげなく華やかに見せることができます。

極細のリムだからこそ表現できる印象は、オールハンドメイドで繊細なMYKITAの技術ならではのメガネと言えるのではないでしょうか。

横や上からさりげなく覗かせる色が楽しいメガネです。

LAGON


引用 Luxury Eyesights

MYKITAの超軽量モデル「LITEシリーズ」の中でも、アセテートを使用した「LITEアセテートシリーズ」。

その中でも代表的なのがLAGONです。

ヴィンテージの様なデザインをMYKITAが現代的にアレンジしたサングラスとして、素材やカラーの組み合わせがモダンな印象を感じさせます。

やや大きめなサイズ感になっていることで、ファッションアイテムとしても活躍します。

少し大きめのサイズ感がアクセントになるデザインは、男女共に人気のモデルとなっています。

ALIOS


引用 長井メガネ

MYKITAのコラボレーションライン、「COLLABORATIONS」。

このシリーズで話題になったのがこちら、Bernhard Willhelm(ヴェルンハルトウィルヘルム)とのコラボモデルのALOIS。

こちらの金色をサッカー日本代表のMFの本田圭佑選手が愛用していて話題になったモデルです。

MYKITAは常に革新的な技術や斬新なデザインで「美とテクノロジーの融合」を体現しているだけではなく、数々の一流ブランドとコラボをすることでセンスを進化させています。

こうして、ただ眼鏡やサングラスとしてだけではなく、世界的なファッショニスタから愛用されるファッションアイテムとしての地位を確立しています。

コラボ相手のBernhard Willhelmは1999年にパリコレデビューしたパリのブランドです。

その世界観は独創的で、MYKITAとのコラボモデルALOISはこの2つのブランドが交わったからこそ出来上がったデザインだと思います。

MYKITAの二次流通市場での評価

ここまでMYKITAの魅力的なモデルを多数ご紹介してきました。

とても魅力的なモデルを多数生み出しているMYKITAですが、二次流通市場での評価はどのようなものなのでしょうか?

結論からいうと、MYKITAのアイウェアは中古市場などの二次流通市場でとても高く評価されています。

定番的なモデルはもちろんですが、今回もご紹介したメゾンマルジェラとのコラボモデルなどは特に人気で、中古市場でも非常に高値で取引される傾向があります。

また、これまでお話してきた通り、MYKITAは、ただのアイウェアブランドとしてだけではなく著名な人物が愛好することによってファッション領域での人気が爆発することがしばしば見られるブランドです。

現在は、KING GNUの常田大希さんが着用していたモデルなどが高額で取引されています。

このように、商品のクオリティの高さはもちろん、ファッション的な面でも高く評価され、中古市場にもその評価が反映されているのがMYKITAの特徴といえるでしょう。

関連記事

こちらの記事でもアイウェアに関連するトピックをご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

金子眼鏡と999.9が経営統合。中古市場に影響はある?|フォーナインズ/カネコオプティカル

こんにちは。ブランド古着のKLDです。 先日、金子眼鏡と999.9(フォー...

金子眼鏡と999.9が経営統合。中古市場に影響はある?|フォーナインズ/カネコオプティカル

【名作・定番】999.9のおすすめモデル10選を徹底解説!|フォーナインズ【古着屋が教えます】

こんにちは!ブランド古着買取専門店KLDです。 洗練された大人のための上質...

【名作・定番】999.9のおすすめモデル10選を徹底解説!|フォーナインズ【古着屋が教えます】

【永久保存版】古着屋が教える、Lesca Lunetierの定番・名作モデル9選

こんにちは。ブランド古着買取専門店KLDです。 フランスで長い歴史を持ち、...

【永久保存版】古着屋が教える、Lesca Lunetierの定番・名作モデル9選

【永久保存版】EYEVAN 7285の定番・名作モデル8選【長く使えます】

こんにちは!ブランド古着買取専門店KLDです。 職人の手で作り上げられる綿...

【永久保存版】EYEVAN 7285の定番・名作モデル8選【長く使えます】

【永久保存版】古着屋が教えるオリバーゴールドスミスの名作定番モデル4選|OLIVER GOLDSMITH

こんにちは!ブランド古着買取専門店KLDです。 膨大なデザインアーカイブの中か...

【永久保存版】古着屋が教えるオリバーゴールドスミスの名作定番モデル4選|OLIVER GOLDSMITH

【永久保存版】長く使えるayameの定番モデル8選|アヤメ【古着屋が教えます】

こんにちは。ブランド古着買取専門店KLDです。 ヨーロッパのクラシックなヴ...

【永久保存版】長く使えるayameの定番モデル8選|アヤメ【古着屋が教えます】

【名作・定番】金子眼鏡|鯖江で作られるこだわりの眼鏡たち|カネコオプティカル【おすすめ10選】

こんにちは!ブランド古着買取専門店KLDです。 国産アイウェアブランドとし...

【名作・定番】金子眼鏡|鯖江で作られるこだわりの眼鏡たち|カネコオプティカル【おすすめ10選】

ブランド古着買取専門店KLDでは、MYKITAを高価買取しています

ブランド古着買取専門のKLDではMYKITAのお買取に力を入れています。

マイキータのお買取りについてはこちらからもどうぞ。

KLDではこれらを買取する際、中古市場での評価に関する知識や、的確な状態のチェックに沿って買取の評価を行っています。

それに加え、数々のアイウェアブランドのアイテムを査定してきた査定士が「ファン」の視点でしっかりとお値付けをします。

このように、知識の深い限られたスタッフのみが特定の査定にあたる事は、小さな会社だからこそ可能なことかと思います。

おうちにあるブランド品を少し処分したいと考えている方は、ぜひ当店のお買取りを一度お試しください!

場所も選ばず、しっかり理由を添えた価格提示で、安心と信頼の高価買取を実現しています。

以下のボタンでLINEを追加していただければ、簡単にオンラインで無料査定も致しますので、お気軽にご連絡ください。

LINEを登録して簡単に無料査定をする

また、こちらの記事でもKLDが高価買取ができる理由を説明しています。
KLDがブランド服を高価買取できる理由

Recommend関連する記事

Purchased clothing results

関連する買取実績